日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年02月15日

MySQLへの移行作業記録。

By marfua 2004年02月15日 23:15

Berkeley DBからMySQLへの移行作業記録です。

大塚鯖はリビルドもサクサクの快適サーバだからBerkeley DBでもよかったの。
それでもMySQLにするメリットは以下の二つ。


  1. Comment spam対応でコメントクローズするプラグインがMySQL用。
  2. 画像用blogのサムネイルを表示するためには2件前のエントリまでリビルドが必要なので、MT.pmを書き換えたい。そうすると全部のblogで毎回2件前までリビルドすることに。

ちまみに上記作業は今まで素手でやってました。このままでもいいんだけど、ネタ的(←うをい!)にもアレだし。
鯖管理人がとっくにMySQL設定してくれてるので、せっかくだから逝こーすることに。

・・・・

■作業ワンポイント


■作業

  1. 現行データのセーブ

    現行データをセーブしてデスクトップに作ったフォルダに保存。
    ・blogデータのExport
    ・dbをFTPでダウンロード
    ・書き換える必要のあるmt.cfgとmt-db-pass.cgiを、編集前にセーブデータ用のフォルダにコピー。

  2. ファイルの編集

    mt.cfg書き換え
    21行目
    # DataSource ./db とコメントアウト、または削除。

    以下追加 データベース名などはサーバ管理人に聞く。
    ObjectDriver DBI::mysql
    Database データベース名
    DBUser アカウント名
    DBHost localhost または Host名

    mt-db-pass.cgi書き換え
    MySQL用のパスワードを入力。

  3. ファイルのアップロード

    MTのアップグレードバージョンに同梱されてるmt-db2sql.cgiと、上記書き換えたmt.cfg、mt-db-pass.cgiをアップロード。
    パーミッションを適切に変更。(大塚鯖はmt.cfg、mt-db-pass.cgiを600にしたらつまづいたで。)

  4. DBをMySQLに移行

    mt-db2sql.cgiにアクセス。
    Loading database schema...からテキストがタラタラ〜と表示されて、All went well.で終了。

  5. 旧DB削除

    MySQLにテーブルができてるか確認。MT管理画面にアクセスできるか、blogが表示できるか確認。
    全部OKだったら旧DBをFTPで削除。ついでにmt-db2sql.cgiも削除しましょう。いらないもん。

これにてしゅ〜りょ〜!

・・・・

にしても、イメージ的にはcfg書き換えてぇ〜、スクリプト動かしてぇ〜、タラタラ〜っとテーブルができてぇ〜・・・だったんだけど、なんか数日かかったねー。モジュールが乗ってなかったりパーミッションがちとアレだったり。いつもながらのんびりやってまふ。
あー、面白かった〜!大塚先生、ありがちゅ〜!(*^3^)/〜☆
(とかいって、たまに私に「小僧・・・」とか唸られて、一番わりがあわない位置にいるかも。)



カテゴリー: 2004MT
コメント