日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年04月08日

回転ドアに関する継続的なディスカッション。

By marfua 2004年04月08日 12:31

4月5日エントリー「六本木ヒルズなオフ。」に「永井貴穂@のほほんほん - のほほん妙 4月5日付」からトラバをいただきました。
私のエントリに対するコメントのないTrackBackについては、いちいち反応しているのもきりがないので通常は放置。でもMt.EGEさん「親の不注意なのか?」でも見かけたのでずっと気になっていました。(もしもよかったら、Mt.EGEさんからリンクしている「たけくらべ「保護者に責任などない」・・・六本木ヒルズ事故」もご覧ください。)
今日は時間ができたので、私の意見を少し。

ずっと気になっていたというのは、まあやっぱり、事故は親の責任という結論。
私自身2児の親で、子どもを見ていると、本当に子どもというのは親の鏡であるなぁと反省ばかりが多い日々。うう・・・。

まあそれはそれとして。
6歳児が回転ドアに飛び込んでいくというのは、男の子を育てた親なら容易に理解できる行動だと思う。よちよち歩きを始めたころから、本当に冷やりとさせられる場面というのは結構あったわ。ちゃんと手を繋いでいたのに急に振りほどいて走り出そうとしたり。
私自身、子ども時代は、普段は女の子と遊んでいても、探検とか昆虫採集になると俄然張り切って男子とともに武蔵野の雑木林の奥に入っていったものだった。そして、親には言えないようなかなりドキっとする体験も・・・。
男性はわかると思うけど、子どものころ結構ギリギリのところで生きのびたっていう経験してるよね。

そういうわけで回転ドアの事故も、転んだところにたまたま車が来ちゃったんだよ、という交通事故と同じだと私は思うなぁ。
常に子どもの手をギュッと握っていることはできないし、100Mも手前から6歳の子に向かってあのドアは怖いのよ、なんて言う母親に育てられた男の子の将来の姿はちょっと想像したくない。
だいたいさぁ、みんなが利用するドアでまさか死ぬとは思わないよ。

私、のほほんさんのエントリを読んで、ああ、私も今まで何度となくヒヤリとしてきたけど、もしも事故で子を失っていたら、こうして責められるのだなと思ったわ・・・。
のほほんさんは今のダメ親に対する一般論を語っているのだろうけれど、子を亡くした親を責める心無い仕打ちのように感じられたよ。だって当事者にとっては、一般論では済まないのだから。
もしも一般論を書くなら、もう少し項目を分けて考察しなおしてください。再提出キボンヌ。

ところで六本木ヒルズなオフで会った人に、これ事故直後、と血だまりの写メを見せてもらった。
悪趣味といえば悪趣味だけど、それを単なる事実としてとらえている彼が、ワイドショーのコメンテイターよりはずっと常識人に見えたものでしたとさ。(ワイドショーはここ数年、見られたもんじゃないから見てないけど。年々酷くなるよね。)

ところでせめてエントリーの最後にTBPing撃ち込んだ先のURLリストがあると、ディスカッションに有効だとオモワレ。

追記;
そういえば子どもの友達が幼稚園のとき、社宅の庭の箱ブランコで指を切断したわ。私が小学校のころにも指のない子がいたと思う。
私の親も、昔からよくあったわよと言ってました。
もちろんそれが今まで放置されていたっていうのが間違いだけど、それはただひとつの会社の現在この瞬間だけの問題じゃないよ。



トラックバック カテゴリー: 2004時事
コメント

Trackbackというのは参照した先に打つのであって、文中にリンクのない先にTBなど打つべきで無いと思って居るのですが違うのでしょうか。

投稿者 Sola : 2004年04月09日 00:32

えーと私、以前自分の遊び場のWikiには
「TrackBackとは、Aさんの投稿した記事(エントリ)についてBさんが他のBlogで記事にしたときに、
それをAさんに通知する仕組みです。」
という説明を書きました。
自分も書いたから見てね、という感じ。

リンクを張るか張らないかは、強制不可能だと思う。
ダメって言っても撃つヤツは撃つ。(笑)

これについてはあとであらためてエントリー書きまする〜。

投稿者 marfua : 2004年04月09日 17:43