日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年04月08日

上京物語。

By marfua 2004年04月08日 17:11

国木田独歩『武蔵野』


武蔵野に散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。
どの路でも足の向く方へゆけば必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物(えもの)がある。

3月26日から31日まで過ごした東京についての感想を。
去年は1月のTDLオフでディズニーランドとホテルを往復しただけだったので、東京の街を歩いたのは2年ぶりでした。

私の実家は、今までのエントリーでお察しの通り杉並区。
幼稚園まで空の端っこがオレンジ色に濁っていた京浜工業地帯で育った私は、引っ越した当初、天の川がくっきり見えるのが怖かった。雑木林はまだ多く残っていて、防空壕のあとがあったり。子どもが遊ぶ場所には困らなかったわ。
あー、時代がわかるなぁ。(笑)

でもここ10年ほどかなぁ、行くたびに、武蔵野の曲がりくねった狭い道がだんだんに広く整備されてきて、道は広がったけどギリギリまで建物が建ってる。土地の有効利用というより余裕のなさを感じるし、車も人も、ずっと増えたような気がする。
コンクリートに覆われた部分が多くて、きっとあの下の地面は雨水が染み込まなくてカラカラだろうなとか。地下水の減少は、湧き水や河川流水の減少、地盤沈下。もちろん街路樹も、水分が足りなくて枯れたり。
まあそういう専門的な話は抜きにしても、ちょっと土の露出が少なすぎる。ヒートアイランド現象な夏は絶対行きたくないわ。
自然が多くて何でもそろっている箱庭みたいな札幌に住んで、たまに東京に遊びに行くというパターンが一番お徳かもね。

そういえば学生時代の友人も言ってたけど、ここ数年、とにかく人が増えて、歩きにくくなったそう。
バブルがはじけてから?再開発が始まってからかな?
不況で企業は余裕がなくて、利益最優先だよね。みんな金、金ってギスギスしてる。その中で、勝ち組とか負け組とか優劣付けられてさ。ハハハ・・・。

今回は六本木ヒルズが私の旅の象徴だったりするんだけど、あそこで働くIT関係な20代の諸兄には、本当に厳しい時代だと思ったり。
君たち若者が、日々どんな景色を見て過ごしているのだろう。夜毎、どんな夢を抱いて眠るのだろう。
そこに色とりどりの未来がきっとあるとは、とても言えない私であったことよ。



トラックバック カテゴリー: 2004社会(前期)
コメント

全然関係無いですが、結構前にシャ乱Qの「上京物語」をこちらのFM曲のDJが「上海物語」と読み間違えていました。

投稿者 Sola : 2004年04月12日 00:33

アハハ!なるへそー。
ジョウキョウとシャンハイ、一文字違いでこの違い!!

私もシャ乱Qの上京物語とは関係ない内容だけど、
タイトル思いつかなかったから拝借しちまったの。テヘ。

投稿者 marfua : 2004年04月12日 01:30