日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年07月09日

配偶者の名称。

By marfua 2004年07月09日 12:27

なかたけさんが、私のエントリーHis name is Joy. ジェンダーの話を少し。から考察をすすめています。
(おお、継続的なディスカッションで非常に好ましいわ〜!)

今日まで、そして明日から。 -2nd step- − 他人の配偶者を表す名称

自分の配偶者を言う時は「夫/妻」がしっくりとくるのでわたしもそれを使っています。が、他人の配偶者のことを表す的確な名称って思いつきません。配偶者が女性ならば「奥さん/奥様」、男性ならば「ご主人/旦那(さん)」あたりが一般的だと思うのですが、この呼び方は女性蔑視だと思う人がいるからなぁ。

私は公的な場所と、ジェンダー関係の方には「夫のかた」・「妻のかた」と言ってます。
私的な場所ではやっぱり「ご主人様」「奥様」が無難な感じ。
特に話してる相手が男性の場合は、ことさら女性を敬う言い方をした方がお互いの会話がスムーズかな。私が女性だからね。

私には道職員で男女共同参画事業担当の知人がいて、彼は家庭でも家事を分担しているそう。
でも実は私、北海道は一般的にはジェンダーに対する意識が低いように感じてるの。
・・・なーんて言うと、じゃあワークショップを企画しましょう!とか言われちゃうんだけど。

私はリアルでは「旦那」という単語を見たり聞いたりする機会がないから、web日記でよく使われている「旦那」に余計違和感があるかな。(どうなのかしら、夫のことを「うちのダンナが」という会話は一般的なの?)
私は親しい女性の友人とだと、お子さんがいれば「パパ」。(「お父さん」だと、相手の父親と混同するでしょ。)お子さんがいなければ「彼」。
そしてなかたけさんのことは「なかたけパパ」だったり。(ムーミンパパみたい!)
「うちのパパ(or 彼)は今日は出勤したのよ。あなたのところのパパ(or 彼)は今日はどうしてるの?」とか、そういう会話をしてます。

あ、ちなみに会話の相手には「ご主人」とか「奥さん」とは呼びかけないわ。名字で○○さん。
まあもっと親しければ名前やニックネームだったり、名字呼び捨てっていうのもありまつ〜。



トラックバック カテゴリー: 2004ジェンダー2004社会(後期)
コメント