日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年09月25日

表音文字。

By marfua 2004年09月25日 00:20

息子の夏休みの宿題に、自己紹介を英作文するというのがありました。
2学期になったら英語の時間にそれを暗唱発表することになってて、やっと先日終わったそう。

といっても中1で習った単語はごくわずかなのに、ハーフや帰国子女がどこのクラスにも数人はいるわけで。どちらかというと、親の英語力を試されたというか・・・。(泣)
まあ書いたものは、アメリカ人のジョスリン先生が添削してくれるんだけど。
前回エントリー夏休みの1日。で、 I'm into the Internet. (私はインターネットにハマっています。)とか書いとけとか言ったところは I like to surf the Internet. に直されていた。てか、そのまま書くなよぉ。

そしてできたものがこれ。オチあり。なんて、絶対中1が考えたとは思われない。
(四人家族ですっていうのは、自分をカウントしないのよ。)

My name is XXXXXX.
I was born in Sappro.
I have four peoples in my family.
I often go to the movies with my friends.
I went to see the movies "Spider-Man 2", "Ogon-no Gashebell" and "NARUTO" in this summer vacation.
I like to surf the Internet.
I want to become good at English.
Because I want to understand English movies and English websites.

でも中学生っぽくするのにも大変。
私だったら、

I like to surf English websites. I can't understand English, though. :-P
英語のサイトを見るのが好き。言葉はわからないんだけどね。(* ̄m ̄)プッ

とか書く。しょうもな。

にしても、ジョスリン先生字が汚すぎ。直してくれたところ、息子は全然読めませんでした。 surf なんて、んー? suit ?
まあ日本語や中国語は表意文字だから、きれいに書きましょうって言われる。
でも英語は表音文字だからね。きれいに発音しましょう。会話ができればいいわけで、ネイティブであればあるほど、とんでもない綴り間違いを平気でしてたりするよね。

日本人の英語の先生は、読み書き半分、会話半分で評価してくれるの。書くのが嫌いな息子には、ほんとにありがたいですぅ。
何年英語習っても話せるようにならなかったという人は多いと思う。これからの子どもたちには、ぜひ英会話のできる教育をして欲しいなーと思いつつ。



トラックバック カテゴリー: 2004学校
コメント

だからといって早く教えすぎると中途半端になるので気をつけて頂きたいところである。

ところでイタリア人とかスペイン人なんかは m/n/u/v/wあたりがごっちゃごっちゃなので、たまになんだかわかんないときがありました。
アナログな文通をしていたあの日あのころのお話。

投稿者 Sola : 2004年09月25日 00:33

文通!そゆえば昔は、雑誌に文通欄ってゆーのがあったわー。てか、そんな昔でもないはずなのに・・・。
イタリア人のペンパルって、手紙ちゃんと寄越さなそうなイメージが。(コラ)

ヨーロッパ人は、つづりも発音もテキトーだったりするよね。
フランス人は "h" の発音全然できないでしょ。hotel をオッテル、high-light をアイライト(2つのときは平気でドゥーザイライト)とか言うのを聞いたことがある。
しかも彼らは直す気全然なし!なのが、むしろ見習いたいところでつ。

投稿者 まーふあ : 2004年09月25日 11:54