日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年09月27日

国境なき医師団 難民キャンプ展@札幌。

By marfua 2004年09月27日 01:02

ということで、国境なき医師団の難民キャンプ展@札幌に行ってきました。
国境なき医師団はNPO法人。1999年にノーベル平和賞を受けたことを覚えてる人、多いのでは。
国境をまたぐ難民は国連が保護してくれるんだけど、国内を移動する避難民には国連はほとんどノータッチ。国境なき医師団は、主にそういうところで活動してるの。

今日はすごくいい天気。明日も試験な娘はとても気分じゃないというので、夫と息子と3人で参加しました。
15分おきのツアーの午前10:45の回に20人近くの人がいたから、お昼頃にはもっと盛況だったんじゃないかな。

簡易テント
これは簡易テント。一家7人くらいで使うから、寝るときはギュウギュウづめ。
でもこれは立派な方。木の棒を四隅に立てて、ボロ布を掛けてあるだけというのをテレビでもよく見るよね。

砂漠用テント
こっちのは豪華な砂漠用テント。下までテントの幌があって、砂が入り込みにくいようになってる。
数が少ないから、他の家族と一緒に15人くらいで暮らすそう。
テントの中は通気用の窓があるのに暑かった。砂漠だったら、もっとすごく暑いんだよね。
毛布が掛けてあるのは、昨日の雨で濡れたのを乾かしてるから。

サンダル
手作りサンダル。古タイヤと釘で器用に作ってある。子ども用のすごく小さなものもあった。
重くて履き心地悪い。

ランプ
電球と空き缶をリサイクルしたアルコールランプ。あと、空き缶では自動車のおもちゃとかも作ってあった。
人間って、物のない中でもちゃんと工夫して生きていくんだなぁとすごく感心。

BP-5
着のみ着のままで難民キャンプにたどり着いた人たちには、鍋や燃料が行き渡るまではBP-5という栄養食を配る。1箱1日分。
小麦粉にビタミンが添加されてて、まあ不味くないというか、ほのかに甘い。だから子どもたちはすごく欲しがるそう。
うしろにSUGARという袋があるけど、普段は塩もないことが多い。そしたら味のない煮豆とか食べる。

他にもいろいろ見たよ。
トイレの施設はキャンプでまず最初に作るそう。ハエやねずみが入らないよう、蓋つき。

水道施設は、川や湖、井戸からくみ上げて、ゴミを沈殿させ塩素を加える。ドロ水の塩素入りって、不味そう。
水は1人に1日あたり20リットルを目標にしてるそう。日本だと、水洗トイレ1回で18リットル流れちゃう・・・。

あと、国境なき医師団の真髄、病院とか、栄養失調の子どもの入院施設、コレラ患者用の施設もあった。
はしかの予防接種とかのワクチンは、車の入れない山岳地帯のキャンプには保冷剤と一緒にリュックで背負っていくそう。
栄養失調の子どもの上腕を計るメジャー(命のリング)のレッドゾーンなんて、私の(か細い)親指より細い。信じられない。穴の開いた絵葉書を貰った。

そして地雷の模型もあった。
地雷は制作費500円でできちゃうからね。今のペースで除去していくと、全部取り除くまであと1100年かかる。
ガイドの方の、殺すためではなくて手や足をもぎ取るためのもの、という説明に激しく同意。

ガイド
ガイドをしてくれたSさん。
所要時間40分のはずが、結局1時間以上かかった。それだけ現状を伝えたいという熱意が感じられて、心に残るツアーでした。ありがとうございました。

これからの会期 国境なき医師団 難民キャンプ展

大阪 新梅田シティ 10月1日(金)〜 10月4日(月)
福岡 警固公園 10月7日(木)〜 10月11日(月)
横浜 横浜赤レンガ倉庫 10月16日(土)〜 10月20日(水)

開場時間 (全会場) :10:00〜17:00 (最終日のみ16:00まで)
入場は無料です


日本での難民キャンプ展は今年が初めて。
毎年いろいろな都市で開催してくれるといいなぁ。



トラックバック カテゴリー: 2004openblog投稿作品2004社会(後期)
コメント

案外refugeeと displaced peopleの区別ってされてないですからねぇ…。
僕もそのあたりの議論から書き起こさないとな。

投稿者 Sola : 2004年09月27日 01:08

あー。行けばよかったです・・・・・。せっかく街中に出ていたというのに。国境なき医師団といえば、スーダン・ダルフール地方で活動中ですし、興味・関心はあったのですが・・・・・・

投稿者 Magi : 2004年09月27日 09:37

Solaくん>
国内法に縛られる国内避難民の救済の必要性はもちろんだけど、国連の活動の制約というのを考えさせられたわ。
国というものが絡むと、どんなことも難しくなっていくんだね。

Magiくん>
実は誘おうかと思っていたですよ。絶対来るだろうなと。
次回こういう系の催しがあったら、ピンポイントでお知らせするわ。
とりあえず、国境なき医師団のサイトの、難民キャンプバーチャルツアー本文のリンクから画像を見てちょ。

投稿者 まーふあ : 2004年09月27日 11:19

はじめまして。TBさせていただきました。
BP-5、自分も食べてみたんですが、
ちょっと食べる分には
かなりおいしかったのには驚きました。
でも、あれが来る日も来る日もでは
本当に辛いですよね。

投稿者 nohito : 2004年10月03日 09:32

紛争が終わらないと元の土地に帰れないんだから、何年も難民キャンプにいることになるのよねー。
その間、BP-5か塩素味の煮豆を食べるのかぁ・・・。

でも救われるのは、そうやって何年も過ごすうちに、木で家を作ったり道具を手作りしたりして、立派な村ができ上がったりすること。
人間って、たくましいねぇ。

難民キャンプ展、毎年やると良いね。

投稿者 まーふあ : 2004年10月03日 13:27