日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年10月05日

ハバグッタイ!

By marfua 2004年10月05日 17:19

私の先日のエントリー、表音文字。の続きでもあるわけなんだけど。

「&」の書き順やらさまざまなバージョンやら - そらねっと通信局

僕は、まだ純粋な少年であった中学生時代に、英語文通を相当やっていたことがありますが、そのときも解読に相当苦労したことを覚えています。一番読みやすかったのは、実は韓国の子だったりして(笑)

以前、ロシア(当時はソ連)からの亡命者だかのインタビューをテレビで見てて、英語の発音がものすごく美しかったことに哀しさを感じたことが・・・。
まあそんなもんよね。

昔の思い出といえば、小学校のとき、近所のキリスト教会の日曜学校の先生が、タイプライターに薄い紙とカーボンを何枚も挟んでマザーグースの詩を打ってくれるのを見るのが好きだった。
彼らはもともと手で書くという習慣がないからなぁ。書くとしたらメモのイメージ。あとはサインとか、趣味のカリグラフィー。そういう国民性。

でもタイピングも最近は略すことを覚えちゃって。
この前、(また)旅行に行くという鯖管理人氏へのメールに HAGT! と書きました。発音すればハバグッタイ!を Have a good time! とか書くの、めんどくさいんだもん。
人間、一回楽したら、あとは堕落のみ・・・。反省。

ところで(tkrd : 「てくるで」と書く日記書きがどこかに・・・)書くのめんどくさ〜の最たるものは、フランス語じゃない?
その点中国語は、読むのも話すのも書くのも(←簡体字の場合)楽だよ〜。合理的。
カタカナがないのが悔やまれるけど、それもあと100年とか200年くらいすればできるかもね。

そうそう、私は&マーク、右下から左上へ斜めにあがってクルン、という書き順を習ったよ。
イタリックの方は、eの大文字の筆記体から先に書く。しごく一般的。



トラックバック カテゴリー: 2004社会(後期)
コメント