日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年10月16日

銀杏。

By marfua 2004年10月16日 16:27

銀杏

実家から荷物が届きました。
先日の電話で、毎朝善福寺川公園を散歩して大宮八幡の方まで行くのよ、今年は銀杏が面白いほど採れた、と言うので、じゃあ送ってよ、と言っておいたの。
箱の中には青梅のどらやき(そこらに観光に行ったのね)やら大きなミカンやら、こちらでは珍しい次郎柿まで敷き詰められていた。あとで電話したらきっと、入れ忘れちゃったものがあるのよとか言うだろうな。(笑)

銀杏はビニール袋に入っていてもあのにおいが。息子がくちゃい〜とか言うので(何歳児だ)、早々に炒りました。今は香ばしい香りが漂っているわ。
だって、においがしなくなるまで干し上げると、実が黄色くなるし味もボソボソになるでしょ。銀杏割りのついたキッチンバサミでパチンと割ると、ほ〜ら、まだヒスイ色。これが美味しいノダ〜w。
でももう飽きちゃった。今は息子は部活、娘は学祭、夫はなぜかバドミントンに狩り出されてるので、あとで帰ってきたらやらせよう。
(先日近所から栗を大量に貰ったときも、栗ご飯と甘露煮用に剥くのに半日かかりますたよ・・・。)

ところで北海道にはあんまりイチョウの木がないの。
東京っていえば都木がイチョウなだけに、やっぱり秋にあの能天気に輝く黄色い葉を見ないと何だか寂しい。毎年、円山公園のはじっことか北大の12条門までわざわざ遠回りしたり。秋を堪能するにも移民は努力が必要なのら。
あー、でも9.11以前にODAでアフガニスタンに橋を掛けにいってた知人は、アフガンには赤く紅葉する木がなくて寂しいと言ってたな。
秋の原風景って、人それぞれだわねぇ。



トラックバック カテゴリー: 2004生活(後期)
コメント