日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2004年12月01日

言葉の向こうにあるもの。

By marfua 2004年12月01日 12:10

先日、同じ中学生の子を持つ母親たちと話していたときのこと。
ある人が言いました。
私、『ムカつく』っていう言葉大嫌いなの。このあいだも息子がムカつくって言ったから、お母さんはその言葉嫌いよと言ったわ。

・・・。
私は『ムカつく』なんて言葉、仲間内ならバンバン使うし、子どもと話すときはもちろん使う。だから一応、んー、私はムカつくって使うよぉ、と言ってみたものの、当然却下。
そうだよね、どうせ私とか、その・・・、PCにへばりっついてることの多い・・・、アレゲな廃人だし・・・。子どもと一緒になってムカつく〜!なんて言ってるようじゃ、母親失格かも・・・。
だから嫌いとキッパリと言える彼女を見て、ほえぇ〜、スバらしいお母さんだぁ〜、と思いました。

もう少し話を聞いていたら、彼女のお子さんは、最近家の壁を殴ってから、あとで、どうしてこんなにイライラするんだろうと言ってると悩んでた。
へぇ〜、思春期だぁと思いつつ、どうも心に引っ掛かるから数日考えていたわけですが。

まあ、壁を殴るのは、それはやっぱり本人にしたら『ムカつく』ことがあったからだよね。それを消化するために暴れるんだわ。学校でやらないのは、分別ができてるから。
結構オトナじゃん。

私はこんな親だから、子どもがマジムカついた〜と言ってきたら、え〜?何があったの〜?と聞いちゃう。
中学生や高校生の住んでる世界なんて、小さいよ。もー、クラスの男子がさー、とか、先生がインケンなんだよねー、とか、それくらい。つい私も、あーはいはい、私が子どものときもそういうヤツいたいた〜!と、はしゃいでしまう。
でもそれで笑って、すっきりするみたい。もしも問題があれば、じゃあこうしてみたら、と少しはアドバイスできる。さすがに子どもよりは人生経験多いもの。

中学生なんて、本当に言葉を知らないよ。母親にムカついたと話しかけてその言葉嫌いと言われたら、次の言葉なんて出ないと思う。
どうしても『ムカつく』が嫌なら、せめて代替になる言葉を教えるのが大人の義務じゃないかな。
(ところで『ムカつく』の代替語って何?『嫌な感じがする』?『腹が立つ』?『ムカムカする』じゃ同じだとオモワレ。)

子どもたちが使う新しい言葉や略称を、全否定しないで欲しいと思うよ。
私たちは言葉が全てじゃないのを知っていて、なのにどうしてそれを忘れちゃうんだろう。言葉に惑わされて、その向こうの大事なものを見失わないで・・・。

なんて、偉そうに。
もちろん私も修行の日々なのだけれど。



トラックバック カテゴリー: 2004学校
コメント