日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2005年01月13日

来年も巫女さん。

By marfua 2005年01月13日 23:58

大晦日の夜から1月7日まで、近所の神社で助勤務(じょきんむ;いわゆる巫女さんのバイト)をした娘。
今日は貯金通帳をながめつつ、来年もやろう・・・。(笑)

最初は知らない人の中で慣れないことを必死にがんばっていたみたいで、2日に帰宅したときはもう来年は絶対にやらない!と言ってたの。(ワンポイント: ここで、どうしたの、話してみなさい、なんて問い詰めちゃダメよ。落ち着いたら絶対に自分から話し始めるものだから。)
何かあったのかと思ったら、ただ単に疲れていたそう。3日目からは仕事にも慣れてきて、少し余裕ができたらしい。4日になれば参拝者はずっと減るし。

ところで6日に神社で偽札が出たものだから、会社単位で祈願に来る団体さんのほとんどが、偽札じゃないよ〜とか、同僚同士でお前お札コピーしてたろとか、冗談を言っていったそう。何聞いてもよく笑う女子高生を前に、オジサンたちもさぶいギャグ飛ばしまくりね。
テレビの取材が来るたびに彼女は奥に隠れたそうだけど、テレビのニュースにスリットの開いた箱が映ると、あ!1万円ボックスだ!とか大喜びしていた。さすがお正月というか、800円くらいのお守りでも1万円札を出す人が多いそう。1万円はおつりにならないからボックス行きなんだって。まあ偽札もお守り買って使われたらしいものね。
てか娘は、神社で偽札使うなんて、絶対バチが当たるんだから!と言ってました。
どこで使っても、バチは当ててください。→八百万の神様

ところでこの前おみくじを引きに行ったとき、彼女の薦めで買ったのはカード型お守り。
お財布に入るんだよねー、ということなので、息子のお財布に入れさせました。

カード型御守

まあ7日間も通えば鏑矢やら身代わり守やらの値段も完璧に覚えてるし、いろいろと成長するよね。バイト仲間だった子とは、今でもメール交換してるみたい。
やっぱり社会勉強のためにも、たまにはバイトをするといいなぁと母は思ったことでした。



トラックバック カテゴリー: 2005My Family
コメント