日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2006年01月05日

お姉さんたち幸あれ〜。

By marfua 2006年01月05日 16:47

娘は今年も巫女さんのバイト(ほんとは「助勤務:じょきんむ」)をしてます。
とはいえ1月15日(日)のセンター模試で始まる3学期。2学期末にバイト届けを職員室に出しに行ったら、学級担任、学年主任、進学担当、その他の先生が、「ええっ?!バイトッ?!」と叫んだとか。
まあ場所が近所の神社だとわかると、それなら頑張ってね、と言われたそうだけど。
親もこういうバイトは、理由に「社会勉強のため」と書けばいいから楽よ〜。

それにしても彼女は冬休みに入ってすぐ、天皇誕生日の23日から5日間進学講習があったの。もちろんクリスマスの日も学校に行ってました。そしてお正月気分もなく、激務なバイト。
さすがに来年は、もしもどこかの大学に推薦で決まっていても、助勤務はやめようかなとか言ってます。気持ちはわかるよ・・・。

まあでも、「お札やお守り買うだけなのに、いろんな人がいるよね〜、マジ社会勉強だべさ〜」とも。
毎日いろいろなエピソードを語ってくれるの。
昨日は、若い女性二人がおみくじを引きにきたときの話をしてくれました。

おみくじは自分で箱にお金を入れて、やっぱり自分で、箱にゴッチャリ入ってるくじを選ぶ方式。ばら銭がないみたいで、お守りを買ってお釣りをもらおうということになったそう。
隣の子が対応してるのを横目で見てたら、「幸福の水晶守り」を買ったとか。1000円札出して、「あれ?お釣りは・・・?」「こちらは1000円でございます」「え〜?!幸福守りなのに、さっそく不幸なことあった〜!」(爆笑)
そして1000円札をもう1枚出して、両替してたとか。
娘は「お守り返品してもいいんだけど、あの水晶守りは効くって評判なんだよね。心の中で、お姉さんたち幸あれ、と思ったよ」と言ってました。

彼女は更に、「やっぱりアレ。物を売って思ったのは、感謝の心を忘れちゃいけないってことだわ〜」と。
そりゃいい心掛けだわ。(笑)



トラックバック カテゴリー: 2006MyFamily
コメント