日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2006年02月27日

塾だろ。

By marfua 2006年02月27日 21:59

学力に経済格差反映、5割 小中教員アンケート  2006/02/25 19:09 - 北海道新聞 より引用

 教員の多くは格差拡大の影響として、低所得層では、親が勉強をみる余裕がなくなっていると指摘。勉強の遅れた子への学校の対応も不十分と考えるなど、長期間にわたった不況の中、生活に追われる親の状況が子どもの学習面に影響していることに教員が苦慮している実態が浮かんだ。

共同通信の記事なのだけれど、当該ページは外部からは見られないから、実際に私が読んだ北海道新聞にリンク貼っておきます。
「全国の小中学校教員を対象に実施」とかいっても、記事の最後の方に「三重県で始まった日教組の教育研究全国集会参加者のうち250人に行い、126人が回答」って書いてあるので。(この部分のないニュースサイトがあるのよ。)
訳すと、「全国から集まった日教組会員250人に聞きました。126人回答、回答率50.4%。」
北海道新聞では、昨日の日曜の一面がこの記事だったの。ご丁寧にカラーの円グラフ付き。地方紙のこの感覚って、私にはちょっと理解できない・・・。

まあそれで。
おかげさまで目につくものだから、朝食を食べたあとに私と娘でこの記事について話してたの。「親が勉強みる余裕じゃなくて、塾に通わせる金銭的余裕があるかどうかだよねー」と。
そこへ息子も「何?何?」と割り込んできたから新聞を見せたら、私たちがぺちゃくちゃとしゃべってる隣で真剣に記事を眺めてた。
そして読み終わってひと言、「塾だろ」。

私立高校生の娘は、高校で大学入試のための勉強をガツガツ詰め込まれているから、塾に行く必要がないの。
でも公立中学生の息子は、生活面は楽しく過ごしているけど、学習面ではそりゃいろいろとご不満がおありのご様子。勉強は学校の先生じゃなくて、塾の先生に習ってるようなものなのよ。
ここらへん、先生でもわかってると思うけどなぁ。以前私の友人が担任に「お母さん、成績上げたいなら塾に行かせなくちゃダメですよー」と言われ、激怒したことがあります。アハハ。
まあわかってて知らないふりしてるのかも。自分の指導力のなさとは認めないわな。

てーか息子よ。
チミの成績を見たら、うちも相当貧乏で余裕がないと思われてるぞー。トホホ・・・。



カテゴリー: 2006社会
コメント