日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2006年07月05日

上海紀行 7/7 おみやげ。

By marfua 2006年07月05日 23:37

ふいぃ・・・。無事帰ってこれました。
そして、洗濯物はあるわ、荷物の整理やら、溜まったお仕事やら、子どもたちのイベントやらで、実は未だに目が回りそう。
結局、息子は胃腸科で点滴まで受けたりして。さすがゆとり教育の申し子だす。今はすっかり元気だけど。

以下、お土産やらいろいろ。

ウーロン茶
自分で買ったウーロン茶といただきもの。
1回ずつに固まっているジャスミン茶は、1コずつ分けて友人たちへのお土産にしました。

ビール
いただいたバドワイザーと、青島ビール。
中国からは機内にお酒持ち込み禁止だから、全部スーツケースの底に詰めて。

お菓子
中国のお菓子は添加物が怖くて、私はちょっと買えない・・・。
当て字が楽しいから、伊勢丹の食料品売り場で買ったキットカットとか。(「奇巧;キッコウ」って書いてあって、これの方が日本語の「キットカット」という発音より Kit Kat に近いよね。)
あと「小熊餅」見て、子どもたちは「コアラのモーチだ!」と喜んでました。

アミノサプリ
魔力、アミノサプリ。
それと上海で飲んじゃったけど、生茶には砂糖が入ってた。不味ぅ・・・。

お菓子
スーパーで夫が買った、岩塚製菓と共同開発のお煎餅。「味しらべ」にちょっとカレー風味。
あと、お茶屋さんでタダで15コせしめた小さなマーファール。普通の味。

月餅、マーファール
空港で小銭があるからと夫が買った月餅は、芳香剤の匂いがしてゴミ箱行きになったものがありました。
マーファールはまあまあ。
# このマーファールが、実は私の HN 、「まーふあ」の由来でつ。初めて書いたかも。
CでJでKなメールアドレスの署名に「麻花儿」(マーファル;ルは巻き舌の発音)と書いてあるから、知ってた人もいるか。

ところで新山氏のこの説は、相変わらずスルドイと思う。
2006年 6月 (0.91336)。 (00:40) より、以下長い引用。

中国人の味覚について。なんとなくわかったのだが、中国人の味覚というのは中華料理に対してだけしか信頼できない。つまり、彼らがウマイといった中華料理は実際に新山にとってもウマいが、彼らがマズイといったインド料理がけっこうよかったり、彼らがウマイといった日本料理が食えたもんじゃねーーレベルだったり、する (あくまで個人的な感覚での比較だが)。やはり彼らは中華料理だけを一生食っていくのがいいのだろう。

ハハハ。



トラックバック カテゴリー: 2006イベント2006上海旅行
コメント

まーふぁの由来がそんなところに!
日本にも同じようなお菓子があったわよね…
ねじりんぼうみたいなやつw

投稿者 ふぢこっち : 2006年07月08日 01:02

そうそう!長崎のお土産の「麻花兒(マファール*のばす位置に注意)」と同じものよん。
正確には「麻花(まーほあ)」というんだけど、「ほあ」じゃカワイくないと思って「まーふあ」にしたの。

ちなみに北京訛りの人は、最後に巻き舌の「アル」が入って「まーふぁる」って言うにょ。

投稿者 まーふあ : 2006年07月08日 15:41