日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2007年06月29日

The Show must go on.

By marfua 2007年06月29日 00:49

ミケさんから、Carlos and Geraldine's Photo. で書いた、ジェラルディンのビデオクリップの情報です!
フト気がつけば、たくさんアップされていました。
本当に、最後のタイトルロールに Productor (プロデューサー) Carlos Marin という文字が!
よくあんな過密スケジュールで・・・。これも、奥様を愛するがゆえね?!
それから、バックコーラスにカルロスの声が聞こえるようだということですが、そういう感じもするような・・・。誰か本人に聞いてみて!


Geraldine Larrosa Innocence - The Show must go on

そしてこちらは6月24日放送したばかりのホカホカ、二人のインタビューです。
カルロスの幸せそうな顔を見ていると、私もハッピ〜〜〜!

Innoncence: Entrevista a Geraldine Larrosa y Carlos Marin



カテゴリー: 2007-6Il Divo
コメント

まぁ、早速取り上げてくださってありがとうございました!
インタビューはまだ観ていなかったので、夜にでもゆっくり観賞します
カルファンとしては奥様は敵(笑)なはずなのですが
、彼女といるときのカルロスのあの嬉しそうな幸せそうな蕩けそうな笑顔を見ると、
まっいっか〜、カルロスがベタ惚れしていて幸せなんだし〜
といつまでもラブラブ夫婦なのが嬉しくなるんですよ!
彼らのツア−もいよいよ大詰めです、
その後のオフを首を長〜くして待っているのは、やっぱり今薔薇色の日々を過ごしているセブでしょうか?(爆)

投稿者 ミケ : 2007年06月29日 08:36

Geraldineさん、イケてますねぇ!
あ、昨日帰国いたしました。彼女のおかげで行くことになったパリだけど、客席にはいなかったみたい。Sarahさん来てたそうです。SebはReneeと一緒に自分で車運転してきましたよ。ママもおじさんもいとこも親戚ご一同いらしていました。今まででベストなコンサートでしたよ。

投稿者 Yuko : 2007年06月29日 08:44

Carlosは、ILDIVOの時のインタビューと
ぜんぜん違う、なんか穏やかな感じで、聞き役みたい。


Yukoさん、お疲れさまお帰りなさい。
いきなりで、すみませんがパリのコンサートでの
「フラフープ事件」Davidに、歌ってる時Sebが、フラフープかけられて、怒ってるように見えたけど、本当はどうだったのでしょうか???

投稿者 あさみん : 2007年06月29日 09:53

Interesting!! Could someone interpret the interview?

投稿者 tamaki : 2007年06月29日 10:53

あさみんさん。フラフープ、イタリアの子が渡したの。どちらかというとDavidは遊ぼうよ!って感じ満々だったんだけど、なぜかSebはあの日とってもおりこうさんで、いつものお茶目さがなくてDavidにふってしまったの。で、「えーっ、ボクだけ!?」みたいなDavidでした。親類一同の前で、授業参観に緊張してる悪ガキのようだったわ、Seb。それとも、自分がパリでは主役だからってとっても自覚して振る舞いを正してた印象を受けましたよ。
ちなみにオフィシャルサイトのYukoさんは私ではありませんので。

投稿者 Yuko : 2007年06月29日 16:12

ミケさん>
デイヴィッドファンとしてはライバルはウルスなので(爆)、ぜひサラさんとタッグを組みたいところです!
セブはそりゃもう La vie en Rose ・・・、なんて言うと、女王様がお怒りに!

Yukoさん>
女王様!ご無事でご帰国、なによりです〜!
素敵なコンサートだったのね・・・。ハァ・・・。
授業参観のセブのお話、もう少し私たちに教えてください!ママンとか、セブが紹介したの?

あさみんさん>
本当に、カルロスったら違いますよね!
Il Divo の彼は変なジョークを言ってふざけたりするのに、ジェラルディンと一緒だと、仕事のできる大人という感じ。

Tamaki san>
Yes, we need an interpreter of Spanish-English-Japanese!
どなたか、スペイン語の通訳さんを連れてきて〜!

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年06月29日 16:42

yukoさん、お疲れのところありがとう。
Seb一族?大集合だったんですね。
そうか、ちやんとお仕事したかったんですね。
Sebが、ベンツのスポーツカーで会場から、帰る
ところフォーラムでみました。
ファンに囲まれてました。

投稿者 あさみん : 2007年06月29日 22:03

まーふあさん
Sebがあまりに左のTier席の方を見るので、隣の人に聞いたの。「あの人ママだよ」って。目が悪くて見えなかったけど、私。いずれご挨拶にあがらねば(は?)。うー、お話したいこといっぱいあります。ウズウズ。

あさみんさん
Sebの車、私のとおんなじでした!色違いで真っ赤ですけど。2台ならべたらカワイイかな。

投稿者 Yuko : 2007年06月30日 07:13

Yukoさん、同じ車なんですか?うらやましいー
昨日から、ベンツ頭から離れなかったのか、夜夢の中にUrsが、なぜかプリウスを運転して出てきた。
あーなぜDavidではないのー
いい気になったところで、Davidのお話なにかあったらお願いします。

投稿者 あさみん : 2007年06月30日 08:59

Yukoさん>
聞きたい〜〜!ゴロン、ゴロン!(部屋を転がる音)
同じ車って、その偶然が不思議〜〜〜!

あさみんさん>
ウルスがプリウス?香港かどこかで、レクサスに乗ってた印象が強くて。
でもやっぱりこれからは環境に配慮ね!

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年07月01日 01:03

あはは、あさみんさん!Davidは高貴だから馬車が似合いそう。でもなぜかシルクハットの御者のイメージ。
David、とても声がよかった。全20曲の中にはI believe in you.もありました。DVDのようにがんばりすぎていないキレイな高音に拍手喝采でしたよ。
最後のほうでちっちゃいカワイイ女の子がステージに座ってて(この子のママはカルロス大好き)、目が合ったDavidが女の子の横に座って「チューして」ってホッペを彼女に向けました。まわりからため息がもれましたよ。Davidの笑顔、よかったですよ〜。
中盤で、ちょっとイカれた感じの中年女性が両手をフリフリしながらフラフラとステージに近付きました。たしかに不気味で。Davidひいちゃって肩をすくめて後ずさり。ムッとした彼女、ポスターを破りました。こわっ。
4人ともMCはすべてフランス語で、とくにカルロス、Davidはよくがんばりました。でもHeroeの紹介をカルロスがしたとき「フランス語で言うからね」って念を押したワリにはバンド側に伝わらなくて一瞬シーン。「え、なんだって?」って聞かれて3度も言いなおしたカルロス。もうメンバーも観客も大爆笑で、Davidは涙拭いていました。
Pour que tu m'aimes encoreのときに、3人くらいの女性が「David〜!」ってドスの効いた声援。David噴出しちゃってラリラリでした。
順番が前後しててアレですが、今思いつくDavidのエピソードはこれくらいです。

投稿者 Yuko : 2007年07月01日 17:06

Yukoさん、まさに知りたい事満載ですよ。
こんなにいろいろ覚えているなんて、驚きです。
Davidが、キス?イヤイヤ 女の子がキスしたのねさすがパリ!日本じゃこうはいかないステキ、ここだけ何度も、読んじゃう。
コンサートの数だけ、いろんなエピソードがあるんですね。もっとIL DIVO好きになったかも・・・

投稿者 あさみん : 2007年07月02日 00:06

ステキなエピソードをありがと〜!!!
ああん、デイヴィッドったら〜〜〜。(はあと)

私もあさみんさんと同じく、ますます彼らが好きになっちゃっいました。
Yukoさんはセブばっかり見ていて、デイヴィッドのことなんか覚えてないだろう、なーんて思ってた私を許してっ!

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年07月02日 21:39

そうだ、私はデイヴィッドの車は、シェビーのトレイルブレイザーのイメージが。
北海道ではよく見かけるからかな?
キャンプ道具を積んでロッキーを走るのによさそう。

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年07月02日 22:12

Yukoさん本当にありがとう。

まーふあさん、私もアメリカ車大きなアウトドアが
似合いそうな車がいいなー
でね、カヌーを載せて走るの誰もいない湖で、カヌー
に乗りたい。
誰かが、カヌーを揺らしているー

投稿者 あさみん : 2007年07月02日 23:30

Yukoさん、お帰りなさい!スミマセン、あれっくすと申します。Sebの真面目さぶりが目に浮かんで、ワクワクしながら読ませていただきましたよ。DavidやCarlosのエピソードもちょーウケでした。
あのー、もしかしてスイスご出身の方、何もなければいいんですが・・・何か思い出されたらご披露いただけたら、なーんて思ったりなんかしちゃって。
お疲れのところ、図々しいこと言ってすみませんです。

投稿者 あれっくす : 2007年07月02日 23:37

あれっくすさん、こんにちは!ぜーんぜん疲れてませんからなんなりと。(時差ボケしないの、私。)
ウルスね.....。最後まであのお風呂上りの赤ちゃんみたいな笑顔はみられませんでした。表情も硬く、心ここにあらず、という印象。SebからMCをふられたときもボーッとしてて「bon?」(ね?大丈夫?)とSebに言われてやっとハッとして話し出したこともありました。彼はスロースターターなのかな、中盤になって声がのってきました。Carusoは素晴らしかったですよ、ソロのとこでは大拍手だったし、Marthaの番組で歌ったように、カルロスのバックできれいな副旋律入れて私もウットリでした。仕事はキッチリ。ファンからバラをもらうとき片膝つくとこなんか中世の王子様のよう。私がSebの目を盗んで(!)、ウルスへのメッセージボードを向けたら、ニンマリしてくれましたけど。あのクマのような大きな手でガッシリ握手しました。ウルス、私がセブファンだと知っているので、アジアの別のとこで「ここに座りたいでしょ、セブの隣だよ」とお茶目なことも言ってくれましたよ。だから今回(娘から預かった)プレゼントを渡したときにも「僕に?」と聞かれちゃった。不機嫌だろうが、ういていようがあの目でみつめられると凍りつくくらいイイ男!日本に来た頃よりも顔つきが精悍でしたよ。

投稿者 Yuko : 2007年07月03日 08:40

Yukoさん、ありがとうございます!これを書きたくてお昼休みが待ちきれませんでした。会社に来てすぐに読ませていただいて、愛のあるレポートに癒されました。私は普段、冷静なファンを自認しておりますが、読ませていただいた後かなりの胸の高まりに、冷静さを失っちゃったみたいで、marfuaさんじゃないけど乙女な私にびっくり。Yukoさん今度オフ会のとき、握手させてくださいね。あ、hugもね!xxxooo

投稿者 あれっくす : 2007年07月03日 12:43

あれっくすさん、私のことを思って半日過ごしてくださったのね、ありがとう。って違うか。
ハグ、喜んで。チューもいかが?婚約前のSebに触れたくちびるですが(笑)。

まーふあさん、みなさん。
ダイアナ妃の追悼コンサート、彼女が生きていたらきっとDIVOのファンになってたと思いませんか?
お誕生日の1週間前でしたが、彼女のお住まいだったケンジントン宮殿にお花を供えてきました。

投稿者 Yuko : 2007年07月03日 14:36

私にもチューして〜!
「中世の王子様」なんて聞いたら、あれっくすさんは今日一日、床から30センチは浮いた状態だったのでは。私がぶら下がって、重りになってさしあげるわ〜!

テロ騒ぎの前にロンドンに行けてよかったと思ったら、まさにテロの原因のご用事があったのね。
それはもう絶対に、ダイアナ妃は Il Divo ファンになっていたことでしょう・・・。

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年07月03日 17:58

Yukoさん はじめまして。
パリコンサートのお話、とても楽しく♪目に浮かぶようでした、ありがとうございました。
DIVO達とは親しい関係なんですね〜〜向こう(イギリス?)に住んでいて帰国されたんですか?
またお暇な時にでも、彼らの素顔などを教えてくださいね。
ダイアナ妃とDIVOのツーショットが見れたらどんなに素敵だったことでしょう、本当に残念ですね・・・

投稿者 マシュマロウ : 2007年07月03日 18:03

まあYukoさん、そうでしたか!私も人知れずずうっと同じことを思ってました。実は当時半年ほどLondonの知人宅に滞在していて、たまたまひとりでいた日の真夜中に実家の母にTel.しましたら、日本は朝8時過ぎだったと思いますけど、母が私のことなどそっちのけで「ダイアナ妃がたいへんよ!パリで事故にあって危ないって!すぐTV見て!」と言われたんです。で、びっくりしてBBCをつけて朝までまんじりともしませんでした。そして、亡くなられたあとひとり白バラを手向けにKensington Gardensへ行って(すごい花束の海ができてました)、また後日知人の車で夜中にPalaceへ記帳に行きました。24時間受付けていて、人の足が途切れることはありませんでした。Harrodsでも多くの人たちが花を手向けたりしてて、London中の人々が泣いてましたね。この4月に映画「THE QUEEN」を観に行ってきましたが、当時のことを思い出して胸がいっぱいでした。そして、Princessはきっと大のIL DIVOファンになられてきっと彼らを宮殿に招いてたに違いないなどと、Princessが自分と同じ趣味を持つ友だちだったかのように、思っていた私です(苦笑)。
marfuaさん、突然本流から逸れて長々とすみません!
Yukoさん、メインのUrs情報だけじゃなく追悼コンサートのお話もありがとうございました!私自身もこんな展開以外でしたが、話せてちょっとスッキリ・・・なんて、みなさま失礼いたしました。

投稿者 あれっくす : 2007年07月03日 20:23

オフ会は、まずYukoさんの 「Il Divo 裏話」基調講演から始めましょう!

ダイアナ妃の素敵な思い出は、みなさんの心の中に残っているわ!
私のあの日は・・・、
「ダイアナ妃が亡くなったんだって」と話していたら、当時幼稚園生だった息子が、「え?ダイナカさん(ちょうど出入りしていた工務店の名前)、死んじゃったの?!」とすごく驚いて。大工さんにすごくなついていたの。
彼はときどき「ダイナカさん」を間違えて、「ダイカナさん!」と呼んでました。可愛かったあのころ・・・。

投稿者 まーふあ; marfua : 2007年07月04日 11:41