日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2008年09月29日

RSSリーダーのススメ。

By marfua 2008年09月29日 16:26

もう数年前に書いたきりで、また紹介しなくちゃなーと思いつつ放置していましたが、マーシャさんからご質問のメールが来たのでいいチャンス!
RSSリーダーについて書きます〜。

多くのニュースサイトやブログは、記事が更新されるたびに、RSSフィードという文字を生成しています。
Il Divo のサイトに行ってアメリカかUKの国旗をクリックすると、左カラムにニュースが出ていますが、 Continue Reading (続きを読む)をクリックして行ったページに RSS と書いてあるのがそれです。
私のブログもメインページ右カラム、下の方に RSS 1.0、 RSS 2.0、 ATOM 0.3と、3種類のフィードを用意しています。

で、これをRSSリーダーというものに登録しておくと、一つ一つのサイトに見に行かなくても、更新のあったものだけを一括して読むことができるんです。しかも見逃しなし。
私が毎日見ている情報量、RSSリーダーがなかったら実現不可能ですもの。とっても便利なのです。

RSSリーダーは、ウェブ上の無料サービスを使うのが簡単です。
"RSSリーダー" で検索するとYahoo! やFC2、その他たくさんの無料サービスがあります。
私は5年近く Bloglines というアメリカの無料サービスを使っていますが、わりとおススメです。
トップページは英語ですが、サインアップ(会員登録)すれば、下の「日本語」という文字をクリックすると日本語ページになります。
# 私は最初に日本語対応になったときに、機械翻訳みたいな日本語だったのがあまりに使いにくくてそのまま英語で使っています。今はまあまあ使えるようになったんじゃ?(あやふや)

ブログのメインページ右カラムの、Bloglines というのが私が読んでいるサイトの一覧です。更新のあったものが上の方に表示されています。
どういう風に見えるかというと、こんな感じ。→ My Feeds (ブラウザの「戻る」で戻ってきてください)
これは外に見せるページです。実際のユーザーには、更新された記事数とか、他にも様々な情報が表示されます。

私は FireFox というブラウザを使っているので、RSSフィードのあるものはアドレスバーにこのようなマークが表示されます。
RSS Feed icon
これをクリックすると、Bloglines に簡単に登録できるようになっています。
# InternetExplorer は自分のパソコンでは10年以上使ってないので、どういう風になっているかわかりません。表示されるのかな?

ところでマーシャさんからのご質問の、サイトによって、RSSリーダーで全文読めるものと一部しか読めないものがあるけれど、なぜ?というのはですね〜。
そのサイトがRSSフィードを全文作っているか、一部だけを作っているかによります。
ニュースサイトだと、ヘッドラインか、または最初の一部だけ、というものが多いです。見出しを見て、興味あるものだけを選んで読むことができるので効率がいいです。
ブログの場合は、ブログサービスサイトによって違います。

私はブログは自分で運営しているので、フィードもカスタマイズしてあります。
メインページに書いてある通り、RSS 1.0にも画像と改行のコードを入れて読みやすくしてあります。でも画像が必要ないという方もいるかもしれないので、RSS 2.0には画像と改行は入れていません。



カテゴリー: 2008電脳
コメント