日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2008年11月27日

レッドクリフ Part 1。

By marfua 2008年11月27日 17:34

レッドクリフ
今日は木曜レディースデーなので、レッドクリフを見てきました〜。
いや〜、面白かったわ〜〜〜。
CGは迫力あったし、とにかく配役がどれもピッタリだった!!!
パンフレットは買うつもりなかったのに、映画が始まってみたら孫権役の張震(チャン・チェン)が思ってた数倍もよくて。
彼、ちょーやばい。(訳:彼はとても素敵です。)

あとね、周瑜役の梁朝偉(リャン・チャオウェイ/トニー・レオン)も、孔明役の金城武(ジンチェン・ウー/かねしろたけし)ももちろんカッコよかった〜。
女優陣は、私、尚香役の趙薇(チャオ・ウェイ/ヴィッキー・チャオ)の大ファンなんだけど、小喬役の林志玲(リン・チーリン)もモデル出身なのに演技がすごく上手かったわ〜。
# 中国映画の俳優は、漢字と中国語読みと日本語読みと英名があって、どれで書いたらいいのか迷いますぅ。金城武は私の中では完璧ジンチェンウーだし。

それに関羽役の巴森扎布(バーサンジャブ/とパンフには書いてあるけど、この人、巴森:バー・センよね?)がとにかくよかった!
三国志ファンは関羽が出てくると、いよ!待ってました!となるから、もっと出番があったらよかったな〜〜〜。

とはいえファンじゃなかったら、ストーリーが全然わからないまま3時間(長!)が過ぎるかも。物語中盤の最大の見せ場、レッドクリフ/「赤壁の戦い」の場面だけなんですもの。
中国式の戦い方を知らないと理解できないような場面もあったし。捕虜になったら敵方の兵士として戦うとか(将棋の駒の使い方と同じ)、兵士の家族も連れて移動するとか。
それに戦闘シーンは基本的に弓、槍、刀の、とっても野蛮な時代。苦手な人は無理かなぁ。
登場人物も多くて、せめて中国映画ファンでなかったら、誰が誰役かも覚えられないかも。

今日は朝一番の回にもかかわらず、シネマフロンティアの一番大きなシアターにはかなり人が入っていて、もちろんほとんど女性。
その中の半分くらいの方は、イマイチと思ったかもね。
男性で三国志ファンは多いと思うけど。
ちなみにうちの息子は2年前の中体連の試合待ち時間に、三国志を熟読してたヤツです。→中体連。参照
# てか指定席を取ってもらってたら、本当に座席の真ん中。私、コマーシャルが始まってから入ったので、たどり着くまでに大迷惑を・・・。端っこにしてもらえばよかった。反省。

はぁ〜、来春のパート2が楽しみ〜。
それまでに三国志演義を読み返しておこ〜。



カテゴリー: 2008イベント
コメント

三国志全く知らないうちの娘、とても感動してました。もっとお勉強しとけばよかったと反省しきり。あたしも観に行こうっと。おっと、あたしもお勉強しなくっちゃ。間にあうかしら?まーふあさんのコメントを頭に入れて、ゴー!

投稿者 minami : 2008年11月28日 21:21

お嬢様が感動したというのには、ホッとしました!
台本とか演技とかCGとかは、本当によかったですよ。

私は吉川英治の「三国志」全八巻を持ってます。
読破するにはかなりの時間がかかるので、ここはまっさらな状態でいざ映画館へGO! GO!

投稿者 まーふあ; marfua : 2008年11月29日 00:41