日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2008年12月05日

成田空港 お見送り報告 by YUIさん。

By marfua 2008年12月05日 15:49

そして、成田空港 お見送り報告 by Machikoさん。のコメント欄に、YUIさんからも報告をいただいています。
本文に転記して記事にする許可をいただきました。

昨日の12:00頃、成田で、「4人そろって、もうすぐ来るのかな〜」とわくわくドキドキ!
そして彼らが本当に登場するのだろうか、この場所で間違いはないのだろうかと期待と不安・・複雑な気持ちでいました。

お見送りのほうが、お迎えより空港にいらしていた方も少なくて。Michikoさんのコメントのとおり、少人数で数箇所で静かに待っているという状況でした。
途中、警備関係の方が、1日のお迎えの際の一部のファンの態度に問題があって、彼らに会わせないと言っているという情報を人づてに聞きました。
ファン側に何か落度があったのでしょうか。
ですが、あのようにブログで公式に発表したのですから、それを反故することないだろうと、待っていました。
待てど暮らせど彼らは現れませんでした。

確実かどうか保証がないことを承知のうえで、行きたくて行って会えないかったのですからそれは仕方ないことなのかもしれません。
さまざまな事情があったのでしょうけど、企業として、仮にもお客様に対して公表した事なのですから、それによってどんなことが起こりえるかは、リスク等を想定しての事のはずです。
何が起きてもきちんと対応できる体制を整えるのが当然のことだと思います。
成田で不特定多数に事実を告げるのは無理でしょう。であれば、そういった状況に至ることをも考えておくべきだと思うのです。
思わぬアクシデントたったのかもしれませんが、そのようなリスクも配慮して、場合によっては、公表するべきではなったのではないでしょうか。
ブログの「また会う日まで〜」が、BMGの対応だというのなら、あまりにもお粗末です。

彼らが搭乗する便の”搭乗手続き完了”と掲示されるまで待って、2Fのデッキに向かいました。
飛立つ飛行機もどれがどれだかわからず、わたしは、飛行機も見送ってません。
ものすごい脱力感を味わいながら、オフ会仲間の方々と食事をしたのがせめてもの救いでした。

ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました。
みなさんといるときは楽しくて、平気だったんですけど、ひとりになったら、急に悲しいやら悔しいやらで後から怒りがこみ上げてきました。
わたしの期待が大きす過ぎたのかもしれませね。まだ、気持ちの整理がついていません。

うう、考えれば考えるほど納得できなくて、あとで怒りが膨らんでくることってありますよね・・・。
ブログ形式は更新しやすいので、オフィシャルな発表でも軽い気持ちで書けるのかもしれません。
コメントを振り分けていなかったら、今ごろ「炎上」していたかも。



カテゴリー: 2008-12-1Il Divo
コメント

皆さんのご報告を聞き、次第に怒りを募らせている私です。たまたま用事があってお見送りには行けなかったのですが、行っていたら私もフライデー状態になっていたかも?
オフィシャルブログで告知した以上、何らかの突発的なことがあったとしても、担当者がその場に来て説明すべきです。
まして、入国時のファンの態度が悪かったから・・・云々はありえません。もしそうなら、帰国便の告知などせず、さっさと帰国させればいいことです。
これがIL DIVOでなければ、ファンをやめるところです。
アーティストあってのBMGであり、ファンあってのアーティストです。
彼らがこれほどまでにファンを大切に思ってくれるのは、アーティストとしての厳しさを知っていて、支えてくれるファン、CDを買って、コンサートに来てくれるファンがいなければ今の自分たちは無いから・・・。

いくら短期滞在のプロモといえ、もう少し露出のチャンスを作れなかったのか・・・とか、CDショップでの「PROMISE]の扱いも何とかならないか・・・とか、不満がたくさんあります。長くなってしまいましたが、まーふぁさんが突撃するときには、私も後ろから押しますね〜。

投稿者 Y子 : 2008年12月06日 08:16

こんにちは。
皆さんのご感想拝見しました。
韓国にくるとしても、そんなものはありえるじゃないかと思いました。いろいろ事情があるでしょうが、ある日本のファンがイギリス到着の彼らに聞いたら、ファンを避けるのが彼らの意図ではなかったみたいです。
さて、今日読んだものをご紹介します。

こんにちは(David)

Hi there,

The last week has been kind of nuts as we've been travelling between Switzerland, Toronto, Japan, the UK...we have a perpetual sense of being three seconds behind reality at the moment!

It was great to be back in Japan as I've always had a fascination with Japanese culture, and the fans who turned up to greet us at the airport gave us a really good reception, they certainly haven't forgotten us over there! As many of you know, I have been learning Japanese for a while, but it's one of those things where we go there so infrequently that by the time I get back around to studying again I forget everything I've learned before. I've been going through three or four chapters from a study book, and every time I have to go back and re-learn them, so I've getting really good at those particular chapters! I know a handful of phrases now, enough to make anyone I attempt them on raise their eyebrows and say, oh you're learning Japanese, why's that?! I will definitely have to push on through before we go back for the tour in the fall so I can get good.

I would love to be able to report more about the trip but we didn't have any time to experience the local culture while we were there. We were doing one morning TV show and we had to go in at 4am to have a soundcheck and get everything ready. After 45 minutes we had everything exactly where we wanted it and all the levels right, but nobody pushed the button on the sound desk to set it all, so when we came back to perform they had all been reset, which meant that the music came in halfway through a verse, we couldn't hear ourselves properly, and this was all on live TV! We were thinking, what the heck do we do now? and that's when you hope all the professionalism kicks in. We ended up having to say, sorry, there have been some technical difficulties, we're going to have to start over, and we did it again and it went really well. That's what I call one of the joys of live performances! There's nothing you can do to help the guy behind the desk, the TV monitor guy, all you can do is sing!

We're performing on X Factor this weekend, which is always very exciting for us. Unfortunately we've never had the opportunity to meet the contestants before - although we performed on the series that Leona won, we didn't get to meet her until the recording of This Is Your Life for Simon. If I was to give them some advice, it would be practice, practice, practice, practice, practice, and then you get to the point where you can really begin to practice, practice, practice, practice, practice! It's just one of those things, the more ingrained something is in your body and voice the more comfortable you become with it and then you don't have to think about it. That's when you can really start to express. You can get caught in trying to make something functional, but then it's difficult to be expressive. The advice I'd always give, whether to a seasoned professional or a beginner, is if they still get nervous then run it through a hundred or so more times! The only time I get a tingle of nerves now is if I haven't been given the time to prepare as much as I'd like.

All the best,
David

投稿者 : 2008年12月06日 11:41

お名前ないのですが、この前書き込んだ方かな?
どうもありがとう!DAVIDらしいコメントですね。
後半はちょっとわかりにくいですが、前半はよぉ〜く理解できましたよ^^V

誤解して欲しくないのですが、我々が怒っているのは
IL DIVOに対してではないのです。100%BMGの対応に対してです。こういうこと(待つこと)に関してのリスクは十分覚悟しています(全く出来ていない人もいますが)←こういう人は発表されていなければ、来ていません。

また、公式発表を、いつの間にかこっそり削除して、夜になって「メンバーの一人が具合が良くなく」とか「セキュリティーの関係で」とか、空港で待っている時に言えた一言二言をやれない稚拙な態度を責めてるんです。

あっという間にウソがばれましたね。最低です。発表してやったんだ。という殿様商売丸出しでいやらしいです

あ〜!のらってこんなに怒ってたんだぁ。知らなかった

また懲りずにのぞいてくださいね〜(まーふあさんの代わりに)

投稿者 のら : 2008年12月06日 20:02

皆さんの心中 お察ししまーすぅ。
何か問題があるのなら、お口で仰って下さればあたし達も子どもじゃないんだから、対応できるのに。小さな子どもが何も言わずにすねてるだけのような、BGM
のやり方。ディーボたちにも何か失礼があったのではと心配になってしまいますよねえ。まーふあさんの突撃に あたしも続きますよー!ちなみに、近くの漁師町ではこういう時 こう言います。なめんなよ ばっかんろー!

投稿者 minami : 2008年12月06日 20:52

元気になりすぎて、眠れなくなってしまいました〜。

投稿者 のら : 2008年12月07日 02:34

すみません。昨日どうしても入力ができなくて、名前がないままポストされました。今もアルファベットの入力が難しいです。ディビッドの言葉の後半部は、tv プロ参加者をを激励する内容です。では。。。

投稿者 sunny : 2008年12月07日 08:45

Y子さん>
そうですよね!入国のときの態度が悪いなら、帰国の告知なんかしませんよねー。
BMGと空港セキュリティとで、連携が上手くいっていないんでしょうね。でもあんな人たちじゃ、意思の疎通がうまくできるわけないか。
私は正面きっての突撃よりも、闇に乗じて不意打ちの方がとく・・・、いえ、ゲフゲフ・・・。

sunnyさん>
コメントを書き込むとき、「名前、メールアドレス、URLをCookieに登録しますか? 」というラジオボタンのYesをクリックしておくと、次から自動的に記入されています〜。
Il Divoは、できるだけファンと触れ合いたいはずです。そして日本のCD会社は、できるだけファンを遠ざけたいと思っているんです。これは昔から変わらない・・・。
デイヴィッドのコメントは、DIVO Diaryに書いたものですね?日本のテレビ番組のトラブルを楽しんだようで、よかったです。

のらさん>
怒るところは怒って、ちゃんと処理していかないと、次に進めませんからね〜。
私は人より1分切れるのが早いと言われる女。そのかわり立ち直りも早いです!
あ、私はBMGと一部ファンに怒っていますよ。「同じファン」なんてこれっぽっちも思ってないわ〜ん。

minamiさん>
なめんなよ、ですよ、ホントに。
ケンカは先手必勝なので、相手が言う前に言えるように、日頃からの訓練が大事ですよ!
「うっせえ、てめぇふざけんな!」はい、リピート・アフター・ミ〜。

投稿者 まーふあ;marfua : 2008年12月07日 17:35

最後に爆笑ですね!リピート・アフター・ミーはみんな体験してるんでしょうね!?一生懸命リピートしてればいつか話せると信じていたあの頃が眩しい!!

投稿者 のら : 2008年12月09日 21:41

回数こなせばとっさに出ますよ〜。
1回じゃダメ!100回リピート!

投稿者 まーふあ;marfua : 2008年12月11日 08:12

は〜い、がんばりまーす!50回じゃだめ?この根性のなさが、結果に現れる・・・。

投稿者 のら : 2008年12月12日 21:54

語学は「教本を最初から最後まで丸暗記」が基本です〜。
50回でも、暗記できたらOKよ〜。レッツ・チャレンジ!

投稿者 まーふあ;marfua : 2008年12月13日 15:14