日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年02月25日

ツアーのスレッド。

By marfua 2009年02月25日 00:12

Il Divo のワールドツアーが始まって、フォーラムのスレッドに画像やビデオがアップされています。
でも日付順に並んでいないので、探すのに手間取っちゃって。
例によってコレクションのページから、日付順でリンクしてあります。上からずーっと見ていけばOK!

こちら
Tour Dates 2009 / 2009年ツアー

今回のセットリストに、サイモン&ガーファンクル "Bridge Over Troubled Water" (「明日に架ける橋」)、エルビス・プレスリー "The Impossible Dream" (「ラ・マンチャの男」 "Dream Impassible Dreams")があります。
フォーラムにビデオがアップされているので、ダウンロードして聞いてみてください。
私、どちらも大好きな曲!サビの盛り上がりがすごくいいの。
これがCDプロミスに収録されていればな〜。

ところで今発表されている日程は、2月21日から7月24日まで、75公演。
私、Amazon Chat で秋には南米と言ってたから、アジアはそのあと?もしかして、さ来年???なんて思い始めています。
来てくれるなら贅沢は言わないけれど、また受験の時期だったら困る・・・。



カテゴリー: 2009-02Il Divo
コメント

いよいよ始まりましたね。追いかけるのが大変です。The Impossible Dream 私も大好き。静かに聴きたいものですね、CDで。始め、カルロスが一人で歌うのかと思いました。(皆が得意な曲を歌うのもいいかも)ところで La Promessa のビデオがどこの何ページ目で見られるのかわかりますか。もしわかったら、おしえて下さい。図々しくてごめんなさい。

投稿者 Tombow : 2009年02月26日 08:36

そうだ!前に、一人で歌う曲があるといいのに、なんて言ってたんですよね。
私はThe Impossible Dreamは、プレスリーみたいに盛り上げて歌ってもらって、車でガチャガチャいわせながら聴くのもいいな〜、と思います。

二日目のビデオがここにまとまっています。
La Promessaもあります〜。ウルス、サイコー!
http://forums.ildivo.com/index.php?showtopic=31134&st=120&p=4708364&#entry4708364

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年02月26日 10:58

まーふあさんに尋ねて良かった!やっと見れました。有難うございます。 ウルス 素敵です。ずっと見ていたいくらい。ビデオを公開してくれたファンに感謝ですね。

投稿者 tombow : 2009年02月26日 21:34

お安いご用でさ!
探し物は、ブラウザの「検索」を使ってバンバン見つけてくださいね〜。

ウルスは、リピート、リピートで、パソコンのHDがすり切れるまで見てください。キャ!
公開してくださって、ありがたいですよね〜。家にいながらにして、世界中に追っかけができます。

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年02月27日 16:26

まーふあさん、こんにちは。
ロンドンのコンサート無事行ってきました。
頑張って奮発してhot ticket(A3というブロックでした)を取ったのですが、すごい間近で彼らが見れて、しかもウルス、セブ、カルロスと握手できました!!!キャー(その後、なるべく右手を使わないようにしていました。)
あれは夢の中のことだったのでは?と思ってしまうような信じられないくらいのコンサートでした。
洋楽にうとい私はサイモン&ガーファンクルの歌とプレスリーの歌は知らなかったのですが、とてもすばらしかったです!今日まーふあさんのサイトで初めて知りました(恥)アンコールの2曲目がそのどちらかだったのですが、歌詞のメモ?みたいのをちらっと見ているデイヴィッドをウルスが見ていて、笑いながら軽くデイヴィッドの背中をたたいていたのが、すごくおもしろかったです。全部で22曲だったと思います。私は特にウルスが好きなので、La PromessaとIsabelが聞けて感動しました。
4人がそれぞれ目前で止まって歌ってくれたり、信じられないことの連続過ぎて頭がパンク状態です。写真も取り放題だし、あんなに近くで見れて、握手もできてほんとうに行って良かったです!奮発してhot tichetを購入しましたが、自分にはその価値は十分ありました。イギリスのファンの人たちは盛り上げどころをわかっている感じでああいう雰囲気もすごい楽しかったです。長文乱筆ですみません。

投稿者 tomo : 2009年03月01日 15:21

わあ!お帰り早々にコメントありがとうございます!
楽しまれたんですね、よかった〜!!!
La Promessaは、ウルスの声の美しさが本当に際立ちますよね。
思い出がいっぱいで、しばらくは眠れない日が続きますよ〜。うひひ。

日本と韓国以外は、写真撮り放題なのがいいですよね。
それにUK国内とアメリカは、席種が細かく別れているのもいいし、ステージセットも格段にいい。
前回の日本では観客もお粗末だったので、それやこれや思い出すと、私、だんだん気が重くなってきました。あ〜あ=3

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年03月02日 12:24

まーふあさん、レスありがとうございます。
席が段階別に分かれていて、リーズナブルにも楽しめるところがすごくいいと思いました。
今回残念だったのはHOT CHICKETだとコンサート全体のセットが見れないことでした。あ、あとDavidと握手できなかったことかな〜
4人の声が重なると表現できないほど、すばらしく、写真とるのも忘れて、ぼーっと聞きほれて見ていた時間が長かったと思います。
それでも撮れた写真は宝物です。日本でももっと自由に楽しめたらいいのに・・・禁止事項が多いと余計に必死になっちゃうのかもしれないです。

そうそうプログラムの最後のページにTania Rodney:Groomerという文字がありました。
これって例の方ですよね。。。

投稿者 tomo : 2009年03月03日 22:57

tomoさんには、せっかく書いてくださったので、ブログの本文に転載してアップしてもいいですか?とメールを送ってあったんですが。コメントに書けばよかったですね。(汗)
どうしましょう?この2回分をtomoさんのリポートとして転載してもいいですか?

ステージに近いとセットや端の方は見渡せないし、遠ければスクリーンじゃないと見れないし。それは仕方ないですよね。
とにかく、席の種類が細かく分かれているのが嬉しいです。どんな席でも納得できるし。
日本のプロモーターは、ビートルズのころから全然変わらないです。ファンとの触れ合いは極端に制限されちゃう。
新しい考えの会社もありますが、それでも写真は絶対禁止。ホント、不思議です。

Tania Rodneyさんは、ウルスの奥様ですね!
国外のツアーにもスタッフとして付いて行くのでしょうか。お元気そうで、嬉しいです〜。

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年03月04日 00:52

まーふあさん、すみません。
こちらにコメントを投稿した後に、メールに気づきました。
それで、長ーいメールを送ってしまいました。。
転載はOKです。編集してくださってもOKです。
写真は、一応イギリスでも表向きはチケットに
no camera no videoと書いてあり、
入り口でチェックはしますが、そのまま素通りでした。

投稿者 tomo : 2009年03月05日 00:40

ありがとうございます!
今日の夜には、アップできると思います〜!
海外では、撮影できるかどうかはチケットに書いてありますよね。
でも書いてあってもOKなのかー。アバウトだー。(笑)
日本のライブだと、フラッシュが光った時点で公演中止というキツ〜いアナウンスが入ることもあるから、すごい違いです。

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年03月05日 08:15