日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年03月07日

ロンドン公演リポート by tomoさん。

By marfua 2009年03月07日 16:39

tomoさんがロンドン公演の報告を ツアーのスレッド。 のコメント欄に書いてくださったのと、メールくださったものを、本文に転載する許可をいただきました!
ありがとうございます!!!(潤んだ瞳で)

帰国して早々の、まだ湯気が出ているような感じがすごく伝わってきます〜。
しばらくはボーッと、いえ、多分今年いっぱいは、床から10センチ位浮かんだ状態で過ごすことになるのでは。(笑)

ロンドンのコンサート無事行ってきました。
頑張って奮発してHot Ticket(A3というブロックでした)を取ったのですが、すごい間近で彼らが見れて、しかもウルス、セブ、カルロスと握手できました!!!キャー(その後、なるべく右手を使わないようにしていました。)
あれは夢の中のことだったのでは?と思ってしまうような、信じられないくらいのコンサートでした。

洋楽にうとい私はサイモン&ガーファンクルの歌とプレスリーの歌は知らなかったのですが、とてもすばらしかったです!今日まーふあさんのサイトで初めて知りました(恥)
アンコールの2曲目がそのどちらかだったのですが、歌詞のメモ?みたいのをちらっと見ているデイヴィッドをウルスが見ていて、笑いながら軽くデイヴィッドの背中をたたいていたのが、すごくおもしろかったです。
全部で22曲だったと思います。私は特にウルスが好きなので、La PromessaとIsabelが聞けて感動しました。

4人がそれぞれ目前で止まって歌ってくれたり、信じられないことの連続過ぎて頭がパンク状態です。写真も取り放題だし、あんなに近くで見れて、握手もできて、ほんとうに行って良かったです!奮発してHot Tichetを購入しましたが、自分にはその価値は十分ありました。
イギリスのファンの人たちは盛り上げどころをわかっている感じで、ああいう雰囲気もすごく楽しかったです。


 

席は段階別に分かれていて、リーズナブルにも楽しめるところがすごくいいと思いました。
今回残念だったのはHOT CHICKETだとコンサート全体のセットが見れないことでした。あ、あとDavidと握手できなかったことかな〜。

4人の声が重なると、表現できないほど、すばらしく、写真とるのも忘れて、ぼーっと聞きほれて見ていた時間が長かったと思います。
それでも撮れた写真は宝物です。日本でももっと自由に楽しめたらいいのに・・・禁止事項が多いと余計に必死になっちゃうのかもしれないです。

そうそうプログラムの最後のページに、Tania Rodney:Groomerという文字がありました。

写真は、一応イギリスでも表向きはチケットにno camera no videoと書いてあり、入り口でチェックはしますが、そのまま素通りでした。


 

IL DIVO本人たちもとても楽しんでいるのが伝わってきて、お客さんも自由に、でも節度を持って楽しんでいて、とても雰囲気が良かったです!
しかも会場(野球場みたいな感じ)ではビールとカクテル?のようなのを出すパブみたいなお店があって、みんな飲んでから、臨んでいました。Premium ticketの人はシャンペンつきですよね。

La vida sin amorではCarlosの誘い言葉?で踊りたい人はのりのりで踊っていて、あんなのも日本ではありえないかも!
握手もできるだけしようとIL DIVOは思っているようで、手を伸ばしている人にはだいたい握手してくれていました。
Ursの手は少し冷たくて、でも柔らかい、Sebの手は暖かくてやわらかく、Carlosの手は男っぽくわりとがっしりしてた感じがします。

ほんの一瞬ですが、Carlosと目が完全にあった瞬間があって、ぼーっと見つめてしまいました!ほんとうに感じよくて、very handsomeです。
Carlosは歌いながらも一番余裕があるように見えました。あのdeepな声は迫力です!

私は個人的に横顔がきれいな男の人が好きなのですが、Ursは私にとって完璧な横顔でその横顔をうっとり見てしまい、歌を全く聞いていない瞬間が何度もありました。はあ〜。美しい。。。
もちろん、la promessaやhallelujahのときのあのキレイな声にもノックアウトでした。

Davidはあの美しい高音でほんとうに癒してくれるきれいな声で、かっこいいしで、目の前で歌われると意識が遠のくというか、、、失神しているのかも。

Sebは甘いけど甘すぎない伸びのあるきれいな声で、いつもちょっとおちゃめな感じですよね。
歌の最後をしめたりするのに、ふさわしい存在感のある声だと思いました。

難しいとは思いますが、できるなら皆さんにイギリスとかアメリカとかもう少し自由さのある国でコンサートを見ることをお勧めしたいです。楽しみ方が違う気がします。
もちろん日本であんなふうになったらいいです。

写真もお見せしたいですが、やり方がよくわからず。。。
forumのレポートを見ると私と同じような感想を持つ人たちがたくさんいて、あの人たちと同じ時間を共有したんだなと思うと、嬉しくなりました。

ツアーのスレッド一覧はこちらです→ Tour Dates 2009 / 2009年ツアー

Il Divo のパフォーマンスはもちろん最高だし、観客の雰囲気もいいですね!!!
私は今年は、高齢の義父を置いて海外には行けそうにありません。ダブリンに行っておいてよかったです。
皆様も、行けるときに行っちゃって!行けないときは、次のチャンスを虎視眈々と狙ってー!
なので、日本でもこんな素晴らしいステージが見れるといいなぁ・・・。せめてスクリーンくらいは用意して欲しいゾヨ!



カテゴリー: 2009-03-1Il Divo
コメント

tomoさん、まーふあさん、ありがとうございます。tomoさんのどきどきが伝わってきて、あたしの小さな胸もどきどきしています。彼らと握手をなさったと!Ursの手は少し冷たくて柔らかかったと!そう、そうなんです、うちのUrs(猫ですが)のお手手もそうなんですぅー!ああーっ
あたしの妄想は限りなく拡がるのでした。コンサートに行った気分にさせてくださって感謝でーす!

投稿者 minami : 2009年03月07日 22:03

のらも疑似体験させてもらったような〜!
素晴らしいレポをありがとうございます!
やはり誰かのスーツケースに忍び込み・・・
行きたいなぁ〜。
何人かの方がすでに行かれる決定されてるようですが
ぜひぜひレポをお願いしますね!!
千切れる(寸前)まで首をなが〜くしてお待ちしてますヨ!

投稿者 のら : 2009年03月08日 01:13

tomoさん、ありがとうございます!
手を伸ばす人にできるだけ握手してくれようとするんですね。ああ〜何て優しいDIVOたちなんでしょう!
ジャスト視線が合ったところは、私も想像してドキドキしました。魂持っていかれましたね。
美しい4人がお出まし、しかも歌をうたう(当たり前だけど)、それが目の前に…@@、ゴージャスだわ〜〜。
私も妄想に入りそうです。


投稿者 odier : 2009年03月08日 16:52

こんばんは!
大興奮でお恥ずかしいレポート(とも言えないような文章)を読んでくださってありがとうございます。
ぜひぜひ、皆様の想像力、妄想(?)をかきたてて、擬似体験のお手伝いができれば、幸いです。
まーふあさん、ダブリンレポがロンドン行きのきっかけになったといっても過言ではありません。一生の思い出になります。ありがとうございます。

投稿者 tomo : 2009年03月09日 21:56

ツアーレポート有難うございました。
私も新ツアーが始まってから、あちこちの会場をさまよい(もちろんネット上で…)ようやくほとんどの曲を視聴しましたっ!

新しい舞台装置と客席、面白いハプニング。一曲ごとの感想などは書ききれませんので省略しますが…。
立ち位置、フォーメーションがコロコロかわるのが斬新。(この席はウルス側!とかないのね。サークル内の方は首を360度回さなきゃ!)
DIVOの四人もANGERINAでは先端の小円ステージをグルグル回って目が回らないかと心配…。

一つお聞きしたいのは、バグパイプのおじさんが本当にいたか?ということです。(小さな疑問。)
映像ではステージ後方のベールごしに見えて、音も電子楽器音に聞こえて、おじさん…CG?なんて。
本物なら一曲のために世界中大変ですよね。要員は何人くらいかしら。

投稿者 ブレネリ : 2009年03月10日 23:49

連投すみません。
今、まーふあさんの最新エントリーの中の、ライブレビューの記事を読んでたら、Nottinghamのコンサートのことだったんですが、コメント欄に読者が“本物のバグパイプ奏者がいなかったことだけは…”と書いてます!
やっぱり・・・。

投稿者 ブレネリ : 2009年03月11日 01:10

私もいただいたメールを読みながら、ぎゃー!とか、ひょえ〜!とか、(心の中で)叫んでしまいました。
こうして皆さんと同じ気持ちを共有できて、嬉しいー!

tomoさんは、私のダブリン行きがきっかけになったんですか?それも嬉しいです。
私もmoshanさんからお誘いいただいて、決心したんです。やっぱりお友達って、大事です〜。
ネットでこうしてたくさんの方と知り合うことができて、幸せ〜。

ライブの模様はYouTubeにもかなりアップされているので、そのうちピックアップしようと思いつつ、日が過ぎていますぅぅ。

バグパイプのおじさんは、イギリス国内だけでも回れれば素敵なのに。
日本のコンサートで、三味線の吉田兄弟が映像だったりしたらガッカリするような、そんな感じ?

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年03月11日 17:15