日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年03月09日

札幌パークホテル なだ万雅殿。

By marfua 2009年03月09日 21:56

先週の金曜日は、札幌パークホテルのなだ万雅殿でランチ会でした。
パークホテルは1月に娘の成人式の会場だったホテル。
札幌グランドホテルの系列で、数年前に天皇陛下がお泊まりになるときに改築したばかりだから、今はとてもきれいよ。

カメラを忘れていっちゃったので、ケータイで撮りました。
今はブロードバンド環境の方が多いと思うので、全お料理を載せてみます〜。
重いかな?

先付
先付はうぐいす豆腐。ねっちりとしたコクのあるお豆腐でした。
とても濃い緑色で、そのときは枝豆かと思ったんだけれど、今思い返してみたら春のお献立。グリンピースだったんじゃ・・・?
聞けばよかった。

吸物
お吸物は若筍真丈。
わかめと筍が入った真丈に、人参は桜の花びらに見立ててあります。
ハフハフといただいたら体が暖かくなりました。外は冷たい霙が降っていたんですもの。

造り
お造りは鯛。春ね!
ここで鯛を出してくるのがなだ万だわとか、心の中で頷きつつ。

八寸
八寸は、少しずついろいろといただけて楽しい!
ニシン(「春告魚」とメニューには書いてありました)と大根の炊き合わせ。すごくお出汁が沁みていて、幸せな気分に〜。息子が大根の煮物が好きなんだけど、これを食べさせたら私の大根は食べなくなるかも・・・。
山菜と青菜のお浸しは、普通のほうれん草なのに家で作るのとやっぱり違うぅぅ。
海老の玄米揚げはカリカリ〜。
蓬カステラは信じられないくらいしっとり、フワフワ。私、ヨモギアレルギーがあるから恐る恐る食べたんだけど、全然平気でした。
白魚と青沙海苔玉子焼きも、春ね〜、とか言いながら。
馬鈴薯チーズ焼は、春の山を模してあるそう。うふふ。
独活と牛蒡のきんぴらは、ウドが出回るようになったら私も作ってみよv。

蒸し物
蒸し物は、菜の花と鶏肉のスープ蒸しに、細いおうどんが少し入っていました。
鶏肉はもも肉をあぶってから入れてるみたいで、ずごく香ばしかった。
スープのお味も濃過ぎず、薄過ぎず。これ、もう一度食べたい・・・。

御飯
桜海老と赤米のご飯。
フタを開けたら、桜海老の香がフワッと。もう、フワッと!!!
私はそろそろお腹いっぱいで、コッソリと少しだけ残しちゃった。
誰か、ラップちょうだい!(スミマセン・・・。)

デザート
デザートは苺クレープ。
苺のアイスをクレープ生地で巻いてありました。
フルーツはお隣の人のお皿に乗せて、でもかかっているチョコは1本たりともあげないわよ!(必死)
苺のアイスも蓬カステラ同様、喉がエゴエゴしないで食べれたし、なだ万、いったいどんな魔法を・・・?

はぁ〜、美味しかった〜。
夫がたまに、「なだ万の麦とろ(ホテルの朝食メニュー)が食べたい」と言い出すことがあるけれど、気持ちはわかるわ〜。
私もいきなり、「鶏肉のスープ蒸しが食べたい!」とか叫びそう。



カテゴリー: 2009外ご飯
コメント