日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年06月11日

ケロウナ、バンクーバー、シアトル by motosayaさん。

By marfua 2009年06月11日 10:28

ブログにコメントをくださったmotosayaさんが、コメントからご自分のブログにリンクを張ってくださいました。(コメント欄のお名前から飛べます)
本文からも容赦なく(笑)張っちゃいますよ〜。れっつごー!

motosayaさんのリポートはこちら!
憧れのIL DIVOと、夢のひととき♪ - モトサヤのおいしい生活

す、素敵〜!
飛行機で Il Divo と一緒になったなんて!素晴らしい対応をなさったのね〜。
そ・し・て!お召し物がお似合いになってー!!!やっぱり民族衣装はいいわ〜。
motosayaさんが日本代表でよかった〜。おろろ〜ん。(感涙)

コンサートの内容も画像もたっぷりで、じっくり読んじゃいました。
はぁ〜〜〜。

そうそう、Il Divo の専用ジェット機は、ヨーロッパ内だけで使っていると思います。フェアチャイルドのドルニエ328JET (Fairchild Dornier 328JET-300) を、リース契約しているはず。(←鬼詳しい)
イギリス国内も交通事情が悪いから、移動はほとんどヘリコプター。
でもそれ以外の国の近距離なら、こういうチャンスがあるかも!
札幌ー帯広間とか!(Il DIvo が北海道に何をしに?って?もちろんコンサートですよ!!!)



カテゴリー: 2009-06-3Il Divo
コメント

motosayaさんのリポート、会社で読んじゃいました。
写真を見るとお着物姿が良くお似合いでしっとりとした大和なでしこなのに、文章はおもしろくて、おもしろくて!
吹き出してしまうところがあって困りました。

ウルスもmotosayaさんと面と向わなくて良かったかも。
目の前で鼻血だされてもねぇ。

私、ウルス3秒見つめたら、気を失う、と思ってましたが、私も鼻血かも。。。 その後貧血で倒れる。
そしてウルスは助けるどころか鼻血で汚れないように逃げる!と。。。 
チャンチャン。

投稿者 土瓶 : 2009年06月11日 13:20

> marfuaさん
本文でもご紹介いただき、ありがとうございます(^^)

> 土瓶さん
はじめまして!
Urs、目の前で女子が鼻血を出しても助けるどころか、普通にどん引きしそうですよね(^^;
でも、Back Stageで会った時のUrsはちょっと優しそうな感じで、いい意味で意外でした☆
(そして、この世の人とは思えないくらい美しかったです!)

投稿者 motosaya : 2009年06月12日 00:39

motosayaさんのところ、読ませていただきました〜。Davidを愛するのらとしては、疑似体験したような楽しい内容でした。
う〜ん、後ろの座席から蹴られてみたい(そこ?)
一生忘れられない素敵な体験でしたネ!

運の強さにすがって、次回は荷物持ちでお供しちゃおっかな〜

投稿者 のら : 2009年06月13日 13:23

motosayaさんのなさった体験は砂浜でダイヤを見つけるような得難い体験ですよね、きっと前世で良い行いをなさったのね〜〜(ため息)土瓶さんは鼻血?私は高熱による痙攣!!ひきつけとも申しますわね^^;スタッフがウルスを守ってシューーッ!!とかされたり・・;;
昨夜オペラに行きました、四人を置き換えて観たら楽しいだろうな〜〜と不真面目な想像をしていました。
新国立劇場規模でやってくれればいいなー(夢想)

投稿者 miyako : 2009年06月13日 15:14

> marfuaさん:
前回のコメントで書き忘れたのですが・・・
欧州内での専用ジェットのお話、詳しすぎデス♪♪♪
機体名までご存知なんて、すごいですね〜。

> のらさん:
幸いにも私は本当に運がよく、海外旅行に行くと
(格安航空券のくせに) なぜか往復ビジネスクラスに
アップグレードされたりetc.色々な逸話があります☆
その代わりに、空港でバイオテロの列に並ばされたことも
ありますが・・・(^^;
今回の体験は、今までにもないラッキーな体験でした!

> miyakoさん:
まさに自分でも最近、前世に何かとても良いことをしたのか、
はたまた来世にとんでもなくヒドイことが起きるのかと
思っています。
鼻血、痙攣と各々症状は違っても、美しすぎるUrsを直視
したら、誰でもただならぬ症状が出ちゃいますよね(^^;

投稿者 motosaya : 2009年06月14日 13:32

motosayaさんのリポート、会社の昼休み中、お弁当を食べながら読ませていただきました。なんと素晴らしい神様からの贈り物なのでしょうか ひとりでこられたmotosayaさんへ飛行機での出会い運だけではないような気がします。
 ところで、飛行機には3人が乗ってURSが乗っていなかったとのことですがURSはどこに行ってしまったのでしょうか
どうしてURSだけ乗らなかったのか気になってしまって...
でも生のカルロス、デビット、セバスチャンって素敵でしょうね できることなら私も「偶然」で会ってみたいです。石のように固まったままのような気がするけど

投稿者 アオモモ : 2009年06月14日 15:29

ウルスはバイクでしょう!
今の時期のカナダのツーリングなんて最高でしょうね?
ケロウナはロッキー山脈はずれてたかな?中だったら
少しヒンヤリしてるでしょうね〜。

のらは、格安チケットで、必ずエコノミーです!(笑)
ダブルブッキングや、悪天候、機体トラブルは今の所
無縁ですが^^V

投稿者 のら : 2009年06月15日 21:34

ブレネリさん情報によると、
ウルスは妻子(?)連れなので、車で移動しているとか。
ウルスが運転して、タニアさんが助手席、バックシートにはベビーが。。。
情景目に浮かびますね。

まさか、バイクにサイドカー付けて、そこに妻子が?
これはナイ、ナイ。

投稿者 土瓶 : 2009年06月16日 18:20

土瓶さん、私のは“情報”ではなくて“想像”ですよ〜。
・・・かなあ?と思ったもので。そういえば、セブはツアー中に妻子と住むお家を北米で探していたようでしたが。どうなったのかしら。

これから暑くなって、乳幼児とそのmamaは大変です。汗かくし水分補給とか。とくに遠距離移動は体調に気を使います。どうぞご家族皆様、ご自愛くださいませ。(…って、誰に言ってるのか?笑)

遅くなりましたがmotosayaさんのリポート、すごく興味深く、熟読させて頂きました。素敵かつunbelievable!
オフレコで、載せるわけにいかないでしょうが、デイヴィッドの話したこと、音楽感など聞いてみたいです。

投稿者 ブレネリ : 2009年06月16日 21:37

motosayaさんの体験、いいですよね〜。
私もぜひ荷物持ちに!

ふっふっふっ。私も去年のアイルランドは、往復ブジネスクラスにランクアップでした〜。(そういえば、まだ旅行記後半を書いていません。)
でも行きのヴァージンアトランティックは、食事が口に全く合いませんでした・・・。庶民だからっ?!(涙目で)

セブはNYCに家を探していたので、きっと無事に手に入れたのでは。
ああ〜!摩天楼を見おろす部屋で、セブに子守唄を歌って欲しい・・・。

投稿者 まーふあ;marfua : 2009年06月23日 00:18