日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年07月21日

S&G 札幌公演。中学生だった私に。

By marfua 2009年07月21日 15:43

18日(土)のサイモン&ガーファンクル札幌公演、すごくよかったです!
ちょうど私が中学生のとき、S&G が再結成して "My Little Town" をリリースした時期だったから、当時一番聴いたアーティストだったの。
なので歌詞を完璧に覚えているのは当たり前だと思ってたけど、ソロで出した曲を3曲ずつ歌ったとき、ガーファンクルの "Bright Eyes" の歌詞さえ覚えていたことにも驚愕・・・。今の今まで、曲の存在すら忘れていたのに・・・。
(これって、出身校の校歌を思い出すようなものかも。(笑))

実は先に東京公演に行った土瓶さんから、ガーファンクルの声が往年の感じではないと聞いていたので、心して行きました。
うん、まだ活動を続けているポールはさすがだったけど、確かにアーティはあの透き通った声ではなくなったし、お腹に力が入ってない感じ・・・。
アーティが長く歌うパートでは、ポールが斜め後ろから見守っていたりして。もう本当に今回のツアーが S&G としては最後なのかなぁ、と、まあ仕方ないけれど、やっぱり残念・・・。
でもだんだんにノってきたのか声が出始めて、アンコール前のラストナンバー「明日に架ける橋」では最高潮に。もちろん、スタンディング・オベーションでした!感動!!!

ステージ構成もすごく楽しかったよ。ミュージシャンが10人もいて、それぞれの演奏が素晴らしかった。
あと、MC (曲の合間のおしゃべり)もよかった〜。
主にアーティが話す役だったけど、コンサートができることを本当に感謝しているという感じで。
「北海道も私の故郷です」って言ったとき、お決まりのセリフなのに、本当に嬉しかった。

私の周りの観客の雰囲気も、すごくよかったです。
コンサートって、ジーッとしている必要はなくて、足や体を揺らしてリズムを取ったり必要なところでは手拍子したり、自分なりに楽しむ場所。
むしろ、ノリノリ(死語)だぜ!というのをアーティストに見せることで、アーティストもノってくるでしょ。
ステージと観客が一体となって作り上げていくところが好きで、手間と時間とお金をかけても、私、ライブに行かずにはいかないのですヨ!

そうそう、観客は年齢層が高かったので、いわゆる「横ノリ」だったり、手拍子が盆踊り風だったり、最初はいいのに途中からリズムがヘンテコリンになっちゃったりしている方が多かったです。ふふふ。
あれね、足でリズムとると、体全体で揺れるカッコいい「縦ノリ」になると思います。Il Divo に行かれる方は、今から練習してみてください。

 
あとね、席はS&G のシート位置。で書いた通り、ステージ正面の前から2列目でした。
ステージのあまりの近さに夫はビックリ。
だ〜か〜ら〜、近いって言ったでしょ!(苦笑)

私そんな感じで余裕かましていたのに、照明が落ちて今までの彼らの活動のイメージフィルムが流れ始めたとたん、ものすごい感動が!
BGM「アメリカ」の "All come to look for America" というサビに至っては、涙がポロンと。ええ〜?!もはや?!(動揺)
そしてサイモンとガーファンクルがステージに現れたら、もう、涙がハラハラと。ハラハラとっ!
だって、ホントに目と鼻の先。あまりに近いんですもの!!!
(あ、もちろん彼らがこちらの方を見たときは、私のことを見つめてるわ!と。(笑))

そしてしばらくして興奮が収まってからは、人生って不思議だな〜、と思っていました。
ステージ上の彼らの表情も、マイクを通さない話し声もクッキリハッキリわかる場所に座って、 S&G のコンサートを見るなんて・・・。
35年前には、まさかまさか、こんな日が訪れるとは夢にも思わなかった・・・。
中学生だった私に、「あなた大人になってから、すごく間近で彼らのコンサートを見るんだよ!」と教えてあげたい・・・。
なんて思いながら、大満足で帰ってきました。

AMERICA



カテゴリー: 2009音楽
コメント

まーふあさんが中学生のとき、私は・・・なんて、とっても言えませんが、大阪公演行ってきました!
その日は、とっても暑い日でしたがS&Gの二人の元気な姿を見て、懐かしい曲を聴き、御決りの「おおきに」で会場が沸き、周りのおじちゃん、おばちゃんはノリノリでした〜。(隣の主人は、扇子でリズムをとっていましたが、ヘンテコリンの1人でしたよ)
でも、本当にとてもいい時間を過ごすことができて幸せでした!

ご主人とお二人でいらっしゃれてよかったですね。お大事に!!

投稿者 み〜 : 2009年07月21日 17:40

ついに、のらはここでどちらがサイモンで、どちらが
ガーファンクルか知った次第で・・(冷や汗)
でも、よく現役退いてた方がカムバックされましたね。
何してたのか気になるな〜。
お二人とも、写真でしか見たことなかったですが、
まんま年取ったみたいですね。
DIVOたちはいかに?!

投稿者 のら : 2009年07月21日 21:39

あたしも大きな声では言えませんが、高校入学祝いにLP盤を買ってもらったことを思い出しました。うれしかったなあー。あれから ん十年、あまり変わらない彼らに比べ、恥じらいを忘れ、図々しくおばさんに変身してしまったあたしってー。しくしく。せめてディーボたちの前では乙女でいなくっちゃ!

投稿者 minami : 2009年07月22日 20:25

まーふぁさん こんばんわ〜
ご主人とご一緒にS&Gのコンサにいくことがお出来になって本当によかった!しかも良いお席で。。
S&G、ビートルズ、プレスリー、などことごとくパスしています。でも曲はみなすばらすいですね〜〜

投稿者 あまる : 2009年07月22日 20:30

夫のことではご心配をおかけしました!
S&Gの駐車券をお守りのように手放さなかった彼、ホントに回復してよかったです〜。

み〜さん>
うふふ。ヘンテコリンでもなんでも、ノリノリがいいんですよ〜。
往年のスターは今見ても楽しめるところがすごいですよね!日本語をずいぶん練習してきたんだなと、感激しちゃいました。

のらさん>
ポール・サイモンはまだ現役なんですが、アート・ガーファンクルは退いていましたからね。でも最後のツアーだからと、乗り気になったのかも。
その間何をしていたかはWikiPediaにもあります。一時は不仲だった彼らも、今ではいい関係のようです〜。
あと、マリファナ不法所持、とかね、たまにニュースに、ね、ハハハ・・・。

minamiさん>
LPを貸しレコード屋さんで借りて、カセットテープにダビングしていたあの頃・・・。
もっと前は、FMラジオのスピーカーにカセットデッキを近づけて、ラジオ放送を録音していたな〜。
なんてことが、次々と脳裏に浮かびました。いえ、前世の記憶ですけど!
DIVOの前でもノリノリで〜!

あまるさん>
当時あまるさんは、もっともっと心奪われるものがあったんですよね〜。
みんな輝いていたあの頃!
今もピカピカだー!

投稿者 まーふあ : 2009年07月23日 18:11

S&G本当によかったです!
一緒に行った主人と弟は、中学の頃主人がLPを買い、弟がカセットテープにダビングして何度も巻き戻しギターの練習をしてたらしく
当時の記憶が甦りジ〜ンとしていたようです。
私はバックのミュージシャン達にも心奪われ、特にギターにチェロに縦笛を吹く髪の長いマルチプレーヤーに・・・
ところで、席A6で近かったのですがタイミング悪くお会い出来ず残念です。

投稿者 ゆかりん : 2009年07月24日 00:28

ああ〜。ジ〜ンとしちゃいますよね〜〜〜。
私、今でもLP持っているんです。カビだらけかと思うと、出してくるのが怖い・・・。
私は南アフリカから来たパーカッションに心奪われました。ポール・サイモンのCD買おうかな、と思いはじめています。
席は近かったですよね!
会場には、予定が狂ってかなりギリギリに入ったんです。も〜、残念。

投稿者 まーふあ : 2009年07月27日 16:50