日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2009年10月23日

シドニー by Ayaさん。

By marfua 2009年10月23日 17:46

今週は慌ただしく過ごしていて、アップが遅れました。すみません!
シドニー公演の M&G に行ってきた、Ayaさん、Chikakoさんからリポートが届いています!

まずはAyaさん。

17日 ACER ARENA
18日 ENTER TAINMENT CENTER

の2公演行ってきました。
内容は2公演とも同じなので、より内容の濃い18日(M&G)の方のレポートを送ります。

シドニー公演は思ったほど日本人は多くありませんでした。
より日本をアピールしようと、この日は振袖で挑みました!(独身なので…(^^ゞ)
集合時間は6時45分。入口付近に集合でした。
気合を入れすぎた為に1時間前に着いてしまい、Chikakoさんと二人で会場前のホテルに宿泊していたyoshiさんのお部屋にお邪魔しました。
なんだか緊張しはじめてしまって、そわそわ落ち着かない…
あっという間に集合時間になり、会場前へ向かいました。
日本人が私たちを含め5〜6人いました。
Emilyさんが迎えに来てくれて、ぞろぞろ会場内の小部屋に行きシャンパンとお土産をもらったら、更に緊張が高まってきてしまってシャンパンを一気に飲んでしまいました(*^_^*)
DIVOが来るまで少し時間があり、Emilyさんが注意事項を言っていました。
キスとハグはダメ。サインも時間がないからダメ。
並び順は一応決まっているけれど、言えば変わってくれるかも?!
と言っていたので“よし!”と気合を入れなおし彼らを待っていました。
この時間が更に緊張を高めてくれました。
こんなに緊張したのは何年ぶりでしょう。心臓がドキドキして顔が熱くなってきています。
グレーのつい立てが並んでいて、通路用に少し間が開いています。
“きっとここからDIVOはやってくるんだわ”と思いちらちら見ていたらDavidの顔がちらっと見えた!!背が高いから一番に見えたのか、一番好きだから一番に見えたのかはわかりませんが、来た!来た!!来た!!!来た〜〜!!!!!!
拍手で迎え、彼らは定位置に着きました。
一列に並んで順番に写真を撮ってもらいます。
左端からUrs Seb David Carlosです。
やった〜!!Davidの隣だ〜\(^o^)/
でも恥ずかしくて恥ずかしくて照れてしまいます。(私にもこんな感情が残っていたんだ〜)
いよいよ私の順番です。もう頭は真っ白!心臓バクバク!倒れるんじゃないかと思いました。
Ursから順番にご挨拶をして握手をしてもらいプレゼントを渡しました。
SebがColorful!とかBeautiful!とか言って言ってくれたのですが、あまり記憶が…きっと着物を褒めてくれたのだと思います。
そしていよいよDavidです。あんなに練習したのに何も言えない!!挨拶しかできない!!
なんてこった!!!結局そのままプレゼントを渡して、Calrosの方へ。笑顔がとても印象的でした。
記憶にあるのは、彼らの顔がマットだったこと。ステージ用のメイクをしていたのですね。
夢のような時間はあっという間に終わってしまいました。

そしてそのままコンサート会場へ。
花道の輪の中に入りました〜(^O^)/
日本よりもステージは高く、見上げる感じです。
1列目とステージの間もけっこうありました。
20時スタートの予定ですが遅れてます。
15分を回った頃、会場から手拍子が始まりました。
オーケストラの方が出てきてスタートです。
セットリストとDavidのMCは他の会場と同じでした(あたりまえか(^^ゞ)
“Every time look at you”の前にセブのMCがあり、子供達は“TimTam”のチョコレートが大好き!ということと、奥さんがオーストラリア人で、違う文化を知るのは楽しいと言ってオーストラリアの掛け声をしてくれました。
Seb “Oz! Oz! Oz! ”
会場  “Oi! Oi! Oi!”
Seb “Oz!”
会場  “Oi!”
日本でいう“日本チャチャチャ”のような感じだそうです。
DavidとCalrosの熱唱、UrsとSebの甘い声、手を抜かないパフォーマンス全てが素晴らしかった。
“My way”を歌い終わり、彼らがステージの向こうへ消えた後、会場から地響きのような音が聞こえてきました。足を踏み鳴らす音です。
アンコールが始まる前に花道にピッタリくっつき、ペンとパンフを用意。
さぁ!いつでも来て!と準備万端です。
運よく4人にサインと握手をしてもらえました(^○^)
Davidの手は大きくて汗ばんでました。
Ursの手はとても厚くてがっちりしてました。
Calrosは力強く握ってくれました。
Sebはとてもスマートに握手してくれました。
大好きな“Inpossible dream”の時に、Davidはオーストラリアの旗を首からかけて熱唱です。
感動して涙が出ました。
ステージの向こうに消えていく彼らに“行かないで!”と叫びコンサートは終わりました。

本当に素晴らしいステージをありがとう。と彼らに言いたいです。
そして、また会いたいです。

長くなりましたが、こんな感じでした!

心臓がドキドキして、来た、来た、来た〜!の気持ち、わかりますー!!!(絶叫)

それにしても、お振り袖の帯をご自分で締められるの???すごい!
奇麗だったでしょうね〜。
TimTam のチョコは、日本人が食べ続けたらあっという間に糖尿病になっちゃいそうな甘さよ!

デイヴィッドが肩にオーストラリア国旗を賭けている画像は、Tamakiさんがコメントくださった、シドニーのスレッドにあります。
かわいい!
18th Oct - Sydney, AU - Sydney Entertainment Centre



カテゴリー: 2009-10-3Il Divo
コメント

夏のラスベガス、ロス(間に日本公演)そしてシドニーのニ公演と身軽に行かれるお二人が羨ましいです。
お綺麗なayaさんのあでやかな振袖姿を間近にしたDIVOも美しいと感嘆されたことでしょうね〜。でも折角のデイヴィッドに何も言えなかったのはちょっと勿体無いかな。それにしてもセブの1歳半の双子ちゃんにチョコを上げてるなんて!びっくりしました。
(小学生の孫二人にこっそりチョコをあげて娘に叱られました)

投稿者 み・どりーむ : 2009年10月23日 20:22

Ayasan thanks for your exciting report! I felt I was there with you! Please share your pictures with them!

投稿者 tamaki : 2009年10月24日 07:47

お疲れのところ、ダッシュのレポ、ありがとう!!
なのに、読むのは遅くて申し訳ないm_ _m
DAVIDに何も言えなかったんですね。乙女心がにじんで
いたのと、見つめる視線できっとわかってくれたと
思いますヨ!だってDAVIDだもん!
そうそう、Tamakiさんのおっしゃる通り、ムリに、
とは言いませんが、Ayaさんの振袖姿、アップしてくださる
とうれしいなぁ〜。
読んでてバクバクしてくるレポでした。
自分で会うより緊張するかも?

投稿者 のら : 2009年10月25日 16:52

ayaさんのドキドキが伝わってくるリポートをありがとうございました。
彼らに会えるかと思うと…の緊張感っていったら!!
わたしは、緊張のあまりお腹が空きました。(いつでもどこでも色気より食い気なので(笑))
>SebがColorful!とかBeautiful!とか言って言ってくれたってくれたのですが、あまり記憶が…
いいなあ。セブに褒められたんですね〜♪
ayaさんの大好きなディヴィッドに挨拶しかできなかったのですもん。記憶がないのは当然といえば当然かも。
ディヴィッドのお隣で写真が撮れてよかったですねv

投稿者 YUI : 2009年10月26日 01:52

皆さん 暖かいコメントありがとうございます
次回はDavidとお話ができるよう頑張ります!!

投稿者 aya : 2009年10月26日 20:53

アップするのも遅くて、もー、申し訳ないです!

リポートを読むたび、まるで自分のことのようにドキドキ・ワクワク〜。
幸せです〜!

投稿者 まーふあ : 2009年10月28日 15:58