日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2010年01月22日

前年割れ。

By marfua 2010年01月22日 17:58

音楽業界も尻すぼまり、とずいぶんと心配している私ですが。
日本の音楽業界はもちろん全然売れていないけど、ロイターにも年明け早々こんな記事が出て。

09年の米音楽アルバム販売、マイケル効果も前年割れ - ロイター - 2010年 01月 7日

[ロサンゼルス 6日 ロイター] 米調査会社ニールセン・サウンドスキャンが6日発表した統計によると、2009年の米国の音楽アルバムの売り上げは、過去9年で8回目の前年割れとなった。ここ数年間勢いがあったデジタルダウンロードの成長スピードも鈍っている。

 2010年1月3日までの52週間の米国の音楽アルバム販売総数は、前年比12.7%減の3億7390万点。2008年は同14%減だった。

 2009年の販売総数は、ニールセンが1991年に同統計を開始して以降で最低の水準。7億8510万点を記録し過去最高だった2000年と比較すると、52%の減少となっている。

 また2009年は、6月のマイケル・ジャクソンさんの急死がアルバム販売総数を押し上げた側面がある。同年最も売れたアーティストとなったジャクソンさんのアルバム販売は830万点。テイラー・スウィフトが460万点、ビートルズが330万点でそれに続いたが、3組とも2009年にニューアルバムはリリースしていない。

マイケル・ジャクソンのアルバムがあれだけ売れたのにもかかわらず、前年割れて・・・。
ここ数年、オリコンチャート上位アルバムの推定売り上げ枚数を見るたびに、たったこれだけ?!とビックリしちゃうの。本当にすごい勢いで衰退していくYO!
ちなみにラルク全盛の1998年、『浸食 〜lose control〜』、『HONEY』、『花葬』の3枚同時発売で、初動売り上げ157万枚でした。
今や全盛といえば EXILE 。つい先月、2009年12月発売の「愛すべき未来へ」は、爆発的ヒットで初動73万枚。73万枚・・・?

今はCDにコピーするのが簡単だからといっても、当時だってお小遣いをやりくりしていた子どもたちは、友達からレコードを借りてカセットテープに録音してたよ。
それでも売れていたのは、音楽を聴く若者世代の人数が圧倒的に多かったから?
今や少子化だものねー。子どもの絶対数が少ないもの。
せめて音楽を聴く大人が増えるといいんだけど・・・。



カテゴリー: 2010音楽
コメント