日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2010年06月17日

奉納 雅楽 悠久の舞。

By marfua 2010年06月17日 11:17

14日から16日まで、北海道神宮の例大祭でした。
北海道神宮は大国魂神・大那牟遅神・少彦名神・明治天皇をお祀りしている、北海道で一番大きな神社です。
ホームページ→ 北海道神宮

14、15日は、一日中神前で奉納行事があります。
でも去年は旅行していたり、夫が15日に倒れたり(!)したから、16日の神輿渡御をタクシーから激写しただけ。(北海道神宮例祭 神輿渡御。参照)
そして今年は、14日は私もイマイチ体調が優れないし(たぶん二日酔い(爆))、娘は中島公園のお祭りに行っちゃったし、息子は急にレポートがーっ!とか騒いでいるし。
大人しく家で、たまに北響太鼓の音でかき消されるワールドカップのテレビを見ていました。
やっぱり、誰かお友達を誘えばよかった・・・。

と後悔していたら、15日は息子が雅楽を見たいと。ラッキー!
息子は毎週火曜は留学生との交流会に出ているんだけど、2週続けて用事で休んだの。
神宮に外人客がゾロゾロ歩いているのを見て、「やべぇ!マルクにパペット・バラッド・ドラーマ(人形浄瑠璃のこと)があるって教えてやればよかった!」と言ってました。
来年、教えてあげてネ。


動画はデジカメで撮りました。

題名はアナウンスでさらりと言うだけだったけれど、お祭りで奉納される演目は決まっているので、覚えれば難しくはないです。
これは「悠久の舞」。
私たちが行ったときには、神前舞台の正面席は満杯でした。
息子が横から楽器が見たいと言うので、左側の席から映しています。
でも笙は舞台の右側なので、見えてないわ。龍笛も、野点の看板で隠れています。

画像も。
雅楽



カテゴリー: 2010北海道
コメント