日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2011年03月14日

節電を呼びかけるメールにご注意ください。

By marfua 2011年03月14日 16:07

昨日から、節電を呼びかけるメールが出回っています。
お友達から来たものであっても、それは「チェーンメール」です。
間違った情報が氾濫することで、本当に必要な連絡が埋もれてしまわないように、まずは確認をしてください。
重要な情報は、テレビ・ラジオ・ホームページなどで必ず周知されるはずです。

チェーンメールは、善意につけ込んだ悪質な行為です。
すでに送ってしまった方は、ご自分を責めないで悪を憎んでー!
次からは、確認よろしくお願いします!!!

なお、被災地・首都圏の不自由な生活をされている方々に心苦しいという方は、節電を日々の習慣にするなどの工夫を、それぞれになさってください。

関西電力のトップページ
関西電力
クリックで大きくなります

このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。
当社は11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]
平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。
従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。
この周波数変換施設の容量には上限があります。

北海道電力のトップページ
北海道電力
クリックで大きくなります

【お知らせ】

このたびの東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。
当社では今回の震災復旧に際して、東北電力株式会社ならびに東京電力株式会社へ応援要員の派遣を実施しております。
また、3月13日(日)より被災地での電力不足を支援するため、北海道と本州を結ぶ送電線(北本連系設備、設備容量:60万kW)を通じて電力融通を開始しております。
詳細につきましては、プレスリリースをご覧ください。
なお、北海道内においては電力供給量には十分余裕がございますので、現在のところ、特別な節電をお願いする状況にはございません

1. ※ 今回の震災復旧に際して、当社名にてお客さまへ節電に関するチェーンメール等を送付することはございません。
2. ※ 泊発電所につきましては正常に運転しております。

北陸電力

このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

当社では関内のお客様へ安定して電気をお届けしたうえで、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で東日本地域に電気を融通しております。(*)
日頃から皆様には省エネにご協力いただいておりますが、お客様に節電をお願いすることは考えておりません

なお、今回の震災復旧に関しまして、当社名でお客様に節電に関するチェーンメールを送ることはございませんのでご注意ください。

*東日本と西日本では電気の周波数が異なるため、当社の電気を東日本に送ることは周波数を変換することが必要ですが、この周波数変換施設の容量には限界があります。

中部電力

このたびの地震により被災されたお客さまに、心からお見舞い申し上げます。
震災地域の皆さまにおかれましては、感電事故および漏電火災などの二次災害防止のため、次の点にご注意をお願いいたします。
【お願い】
* 感電事故未然防止のため、切れた電線には、近づいたり、触れたりしないようお願いいたします。
* 水に濡れた屋内配線・電気器具、本体およびコードに損傷のある電気器具は危険なので使用しないでください。
* 外出から戻られた際には、ガスの臭いはしないか、屋内配線・電気器具に異常はないかなど、家屋の状況を確認した上でブレーカーを「入」にしていただき、電気がつかない場合は再度ブレーカーを「切」にした後、中部電力までご連絡をお願いいたします。

なお、今回の東北地方太平洋沖地震の災害復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

中国電力

このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

当社はお客さまへの電気の安定供給を維持した上で,地震が発生した11日夕方から,東日本地域に可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

なお,現時点でお客さまに節電をお願いするような状況にはなく,当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございません。

[注] 東日本と西日本では,電気の周波数が異なることから,当社が東日本地域に送電するには,周波数を変換する必要があります。この周波数変換施設の容量は上限が決まっております。

四国電力

このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回の事態は、当社としても、大変深刻な事態であると認識しております。
一刻も早く事態が収束することを願うとともに、当社としては、東京電力(株) 福島第一・第二原子力発電所が今回の事態に至った原因や経緯についての情報収集に努め、新たな対策が必要であれば、適切に対応し、伊方発電所の安全確保に万全を期して参ります。

また、当社は四国のお客さまへの安定供給を維持した上で、可能な範囲[※]で最大限の電気の融通を行っております。

※西日本と東日本では電気の周波数が異なります。従って、四国電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しなければなりません。
この周波数変換施設の容量には上限がありますことをご理解ください。

資源の少ない日本にとって、こうした事態の有無にかかわらず節電はとても大切なことですが、チェーンメールにて当社がお客さまに節電をお願いすることはございません

九州電力

「東北地方太平洋沖地震」により災害の影響を受けたお客さまには、心よりお見舞い申し上げます。

当社は災害地域に向けた電力応援融通として、最大限可能な電力を融通しております。(注)
なお、今回の電力融通に伴い、九州の皆さまへ特別な節電のお願いはいたしておりませんが、当社は夏季・冬季に省エネルギー月間を設けるなど日頃から省エネの推進に努めており、引き続き省エネにご協力をよろしくお願いいたします。
(当社は震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることは一切ございません)

(注) 東日本と西日本では電気の周波数が違います。従って、当社が東日本地域に送電するには、周波数を変換する必要があります。この周波数変換施設の容量には上限があります。

沖縄電力

<お知らせ>
「東北地方太平洋沖地震」により災害の影響を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
当社は、電力系統が他電力会社と連系していない単独系統であるため、県外への電力融通が行えない状況にありますが、現在、災害復旧のための要員派遣等の応援体制を整えております。
なお、今回の震災に関連して当社名でお客さまにチェーンメールを送ることは一切ございませんので、ご注意ください。



カテゴリー: 2011社会2011電脳
コメント