日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2011年04月15日

私、負けない。

By marfua 2011年04月15日 18:18

フランス
  「日本人はこの状況でも逃げずに仕事をし、TVではお笑い番組を放送している。明らかに異常」

 
209 :名無しさん@涙目です。
 「被曝慣れしてるんで」

- 2chより

そうだ、そうだ!
こんな小さい国に2発も落としやがって!

なんていうか・・・、負けたくない。
見た目と違って負けず嫌いなんですぅぅ。

□■□■

震災の直前、ポートランドにいる息子から、週末はシアトルに遊びに行ってくるというメールが来ました。
3月11日の夜、娘がスタバ1号店のマグカップをお土産に欲しいと返事を書いていたので、こちらはみんな無事だと書き添えてもらいました。
息子は次の日、起きてから彼専用のバスルームでシャワーを浴び(お世話になったお宅はとても大きくて、全部で何部屋あるのか把握できなかったそう)、優雅にメールをチェックし、「地震があったんだなー」と思いながらキッチンに行ったら、ホストマザーが「大変なことになっているわよ!」とテレビを指差したそうです。

私も多分息子が見たのと同じ CNN Breaking News を見て、何のナレーションもないままひたひたと押し寄せて全てを飲み込んでいく津波の画面にゾッとしました。
Breaking News はその後数日で NATO のリビア空爆のニュースばかりになってしまったんですが、福島第一原発の水素爆発で、また日本のニュースに。
ポン!と白い煙を上げた1号機に女性キャスターが言葉を失い、私も軽い目眩がしたものです。
(そしてマミーは、「○○(息子の名前)、あなた日本に帰ったら危険です!」と言ったそうです。)

ネットのことは自分から探さなくても入ってくる状態にしていたのがかえってアダになったというか、1ヶ月間、それはそれは多くの情報が舞い込んできました。
自粛だとか消費だとか、義援金だとか災害派遣だとか、炊き出しだとかボランティアだとか、代替エネルギーだとか日本製品輸入規制だとか、政局だとか・・・。
一番キツかったのは、被災された方々の書く、増田(「はてな匿名ダイアリー」のこと)の長文・・・。
私、ブログでは頑張るとか書きつつ、結構翻弄されてたかも。

でも、うん、いいや。沈んだ気分はもう終わり。
十分いろいろ考えたと思う。
ちょっと元気出して行きますよ!



カテゴリー: 2011社会
コメント