日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2013年11月29日

野村万作・萬斎の世界。

By marfua 2013年11月29日 15:35

kyogen.jpg
まんぞうぐじをごしゃめんなされう〜( ´ ▽ ` )ノ♪
(万雑公事をご赦免なさりょう)

昨夜は『道新ホール50周年記念 特別講演 野村万作・萬斎の世界』を観てきました〜。
席が前から4列目だったので、今朝の道新(北海道新聞)に小さ〜〜〜く後頭部が写ってたよ。c(>ω<)ゞ

道新ホール50周年記念特別公演 野村万作・萬斎の世界

狂言 万作の会
演目
一、舞『三番叟(さんばそう)』 三番叟 - Wikipedia
 三番叟 野村萬斎
 千歳 中村修一

二、狂言『鍋八撥(なべやつばち)』

 鍋売り 野村万作(人間国宝)
 羯鼓(かっこ)売り 月崎晴夫
 目代(もくだい) 深田博治

万作の会

三番叟は記念講演にふさわしい、祝言の舞。
小鼓が三人も並ぶのよ!
北海道神宮例大祭奉納の人形浄瑠璃でも観たことがあるけど、萬斎の舞はさすが!
躍動的で迫力があったわ!
大感動!!!
長い舞なのに、ず〜っと観ていたいと思っちゃう。

こちらの映像は以前もブログに貼ったことのあるダイジェスト版。
8年前かな?萬斎、ちょっと若いね。(≧∇≦)

三番叟

映像では黒式尉(こくしきじょう:黒面の翁)に変わる前の千歳との問答がカットされているけど、ここも見物です。
ぜひ、生で観ていただきたいわ〜。

 
そして、鍋八撥。
万作扮する浅鍋(ほうろく鍋)売りと、羯鼓(雅楽で使われる鼓、八撥)売りの言い争いに、目代が仲裁に入り…。

んもう、めちゃくちゃ面白かった!
息子も今朝「いや〜、面白かったね」と言っていたけれど、私もまだ思い出し笑いがでちゃうほど。
やっぱり人間国宝、すごいわ〜〜〜。
万作は82歳?くらいなので、チャンスがあったらぜひ逃さずご覧になってくださいね!
てか、目代〜。
二人に言いくるめられてないでしっかりして〜!O(≧∇≦)Oキャキャ!

 
それにしても、狂言は道新プレイガイドからアナウンスがあると焦ってチケットを申し込んでしまうから、いつもかなり前目の席(前回の野村万蔵の道新ホール公演では前から3列目でした)なの。
4年前の野村万作の教育文化会館での公演のときは10列目で、舞台が楽に見渡せて良かったのよね。
座席が自分で指定できれば嬉しいのだけど…。
人気公演の宿命ナリね〜。

 



カテゴリー: 2013エンターテインメント
コメント