日付順タイトル一覧 »

このブログの記事を検索

2016年06月16日

大倉山シャンツェ ジャンプスタート地点開放。

By marfua 2016年06月16日 09:26

okura01.jpg
午後は逆光だなぁ…。

GW中、大倉山ジャンプ競技場のスタート地点開放がありました。
 

GW企画!ジャンプスタート地点開放!小人リフト無料!

okura02.jpg
リフト乗り場の大倉男爵の碑のあたりにも、まだ雪がいっぱい。

okura03.jpg
二人乗りリフトで頂上へ。

標高差133m。(さっぽろテレビ塔は147m)
観客席の奥側には木道の階段もあるので、小学生くらいのお子さんはそちらの方が楽しいかも。

okura04.jpg
ランディングバーン(着地斜面)。

画像では緩やかに感じるけれど、実際に見るとすごい斜度よ。
飛ぶのも怖いけれど、こんな絶壁に着地して直滑降するなんて、無理無理…。

okura05.jpg
カンテ(踏切)のところに、五輪エンブレムが。

okura06.jpg
リフトに乗って5分、そろそろ到着します。

上にある建物は展望ラウンジ。
普段はこの建物からジャンプ台を眺めます。

okura07.jpg
んふふふふ…。
逆さに転がり落ちそう…。(涙目)

この日はもちろん厳重な転落防止フェンスができていたけれど、めちゃ怖い!
横に通っている金属バーは、スタートのときに選手が座るところ。
スキーが滑るレーンにある白い半球は、雪が降らない時期(サマージャンプ)にスキーの滑りを良くするためのものだそうです。

山は円山、裾野が円山公園です。
画像では切れているけれど、正面にまっすぐ大通公園が伸びているので、大倉山からのジャンプはは札幌の中心に向かって飛び立つイメージだと言われています。

okura08.jpg
隣の三角山がちょっと下に。

その向こうに琴似のタワーマンション、かすかに石狩湾が見えます。
秋だったらもっと見晴らしが良いよ!

右下に青っぽく見える横棒が、選手の腰掛けるスタート地点。
いやいや、これ、落ちるって…。

okura09.jpg
奥に格納してある機械は、雪のつもったアプローチ(滑走路)にスキー板の通るレーンを作るものだそう。

okura10.jpg
展望ラウンジの屋上に来ました。

高くても落ちる心配ないし、ホッとするわ〜。
屋上からは隣の山の宮の森シャンツェ、札幌ドーム、つどーむ、野幌の百年記念塔も見えるよ。
と言いつつ、画像が多くなるので割愛。

秋の空気が澄んだ日には遠く暑寒別の山々も綺麗に見えるので、ぜひどうぞ。

okura11.jpg
リフトで下ります〜。

okura12.jpg
そうそう、この感じ!
この逆さま感!

okura13.jpg
そしてこの坂。
滑走路じゃないよ、着地斜面。

真冬にはランディングバーンをチューブで滑ったりできるイベントがあるので、時々ホームページをチェックしてみてね。




カテゴリー: 2016北海道
コメント

昇りも怖いけど、下りがもっと怖い!!!

投稿者 kimi : 2016年06月16日 17:08

ひゃあ!なんと私、お返事書いたつもりがそのままに!
寝落ちしてしまった日があるので、そのときかなぁ…。

ということで、遅くなってすみません。
下りは遠くの景色が見渡せるので、捨てたものでもないですよ!
ぜひチャレンジ〜!

投稿者 まーふあ : 2016年07月05日 14:32