2007-10-2Il Divo

日付順タイトル一覧 »
このブログの記事を検索

2007年10月31日

これ以降の Il Divo の記事。

By marfua 2007年10月31日 23:59

これ以降の Il Divo の記事は2007-11-1Il Divoアーカイブをごらんください。
Thank you for reading, thank you for commenting, and thank you for supporting my blog!

» 2007-11-1Il Divoアーカイブ


2007年10月30日

登別温泉 お土産編。

By marfua 2007年10月30日 22:00

わかさいも本舗

3時過ぎには家に着きましたよ。いいドライブコース。
お土産ヨロシクね〜、なんて言われたけど、温泉なんて、温泉まんじゅうくらいしかなわよぅ。
洞爺湖の有珠山が噴火したときに、半分火山灰に埋まったのはわかさいも本舗の工場でした。
上の黒いのは、そのわかさいもの新製品、食用炭を練り込んだおまんじゅう「CLOS」でゴザイマス。
食用炭って・・・?とドキドキしながら食べたけど、まあ普通に美味しかったです。別に口の中も黒くならなかったよ。(笑)
あと同じわかさいもの有珠饅。有珠山行ってないけど。

きのこ王国

こちらは大滝村のきのこ王国で買った、足付きナメタケ。
あと野菜がお安くて〜。(ホクホク)
夫が言うには、大滝村の温室は温泉の熱で温めてるから、その分コストが抑えられるんだって。へぇ〜。

それにしても、たった一泊でも楽しかった。
週末は団体客が何百人も入ると言っていたから、平日で正解ね〜。
夫もまたどこか行こうと言ってたわ!オフ会前で気ぜわしい時期だったけど、頑張って計画した甲斐があったよん♪
下の子も高校生になったから、安心して出かけられました。これから子どもには手が掛からなくなるわ。(でも同居している義父に手が掛かるようになるかも。それが心配〜!!!)

次はお食事のときに、 Il Divo が歌ってくれないかなぁ。フランス料理かなんか食べることにするから。
これは2005年8月に YR (The Young And The Restless) に出たときの。(フランス語吹き替えなのは、ベルギーのファンが録画したからじゃなかったかな?)
去年の12月にも、 YR でクリスマスパーティーに登場して歌うシーンがあるの。家のクリスマスにも来て〜!!!


2005.08.26. The Young and the Restless

12月12日 in ベネズエラ。

By marfua 2007年10月30日 11:21

12月12日(水)ベネズエラの首都カラカスでのコンサートのチケット情報、目を疑っちゃった。
何で先週末からベネズエラ、ベネズエラって騒いでいるのかと思ったわ。
IL DIVO to Venezuela on DEC 12. (Prices Info Page 10) - Il Divo Forum

ロープライス bs 350 MIL 1st stage = 162 US$
ハイエストプライス bs 2 MILL Diamond I = 930 US$
ここのところ為替レートは1ドル114円台だけど、単純に100円としてゼロを二つくっつけて・・・、

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

# こういう絵文字(AA;アスキー・アート)をあまり見たことのない方もいらっしゃると思うので、たまにご紹介するわん。 #

ベネズエラ・ボリバーで直接換算して、約18,600円〜106,500円?(合ってる?)
ベネズエラは石油が出るから、お金持ちの国だとは思っていたけれど・・・。それともまたチャリティ?
庶民の手の届かない所に行ってしまわないで〜!!!(涙)


2007年10月28日

Three Graces - New MySpace Page.

By marfua 2007年10月28日 17:58

Three Graces の新しい MySpace ページができました。
来年発売のアルバムジャケットが見れますよ!
それに、曲も少し長く試聴できます!!!
すごく美しくて、力強い曲・・・。

私のブラウザだと激しくデザインが崩れているけど、いずれ直るでしょう。
これからはこちらがメインになるそうです。
Three Graces


来年6月、パリ郊外のお城にて。

By marfua 2007年10月28日 17:51

週末だというのにニュースが!
Tamakiさん、ありがとうございます!

Olivia names her man - Herald Sun Sunday - October 28, 2007 12:00am

フォーラムはこちら。
Herald Sun wedding article...Seb & Renee 10/28/07 - Il Divo Forum

オーストラリアの新聞なので、前半はオリビア・ニュートン・ジョンの新しい恋人の記事です。
後半 Meanwhile, 以下に、セブと結婚するレネさんのことが書いてあります。

セブは来年6月に、パリ郊外のお城で結婚式を挙げるそう。
オーストラリア人の招待客には Save-the-date notes (招待状と一緒、または招待状より前に送る、結婚式の日取りを書いたカード)が発送されたそうです。
日本にも届いてない?

あと記事には、2005年に二人が知り合ったこと。
今年の6月にベルギー・ブリュッセルのパブの外で、セブがアイルランドのアンティークショップで買ったダイヤの指輪を送ってプロポーズしたこと。
二人はパリとロンドンに家を持っているということが書いてあります。

さあ、お城を急襲するメンバーを募らないと!(嘘よ!)


2007年10月24日

David in NY 続報。

By marfua 2007年10月24日 21:24

デイヴィッドのブロードウェイでのパフォーマンス SJ and David in NY. の続報です。
フォーラムはこちら。
DAVID MILLER in NEW YORK October 21, 2007 - Il Divo Forum

デイヴィッドは第1幕の最後で、ラ・ボエームから "Che gelida manina" 「冷たい手」を歌ったそう。
そうよね、これはデイヴィッドの持ち歌のような曲だもの。
ああ、私の手を取って歌って!!!←冷え性

ところでレポートによると、SJはデイヴィッドのプライベート写真で見たことのある、ライアン(SJの MySpace フレンド)と来ていたのかな?
そして彼女ロングセーターかと思いきや、ミニワンピース!しぇ、しぇくし〜!!!(動転中)

デイヴィッドとSJと一緒に写っている ilovedavidmiller さんは、私の MySpace フレンドのレジーナなの。
彼女はデイヴィッドファンのグループも主催している、熱烈ファン。
だから今回、彼女の夢がかなって嬉しいわ〜。


オフ会@東京 成田編。

By marfua 2007年10月24日 17:51

成田やん!というツッコミは置いといて。

成田エクスプレス

中華街でお腹もいっぱいになったことだし、成田オフ会に向かいま〜す!
JR横浜駅から成田エクスプレスに乗ったら、ね、眠い・・・。1時間半もかかるし、Zzz...

それにしても東京って(横浜は神奈川だけど)、あんなにたくさんホームがあるのに、何で次から次に目の前に電車が到着するの???
それと、特急券には指定席って書いてあるけど、12号車ってどこらへんに着くの???
それにそれに、運賃高過ぎー!!!(絶叫)
いやホント、たまに上京するとびっくりしちゃう。

夕食

成田空港ターミナルから隣のホリディ・イン東武成田へは、ホテルのバスで10分かかりました。
広大な原っぱが延々と続いていて、見えているのに近づかない〜。(笑)

荷物を部屋に置いたら、ちょうどロビーに着いたヒロミさんと、ロビーでパソコンを使っていたTamakiさんと合流。ラッキ〜。
ちょっと早めの夕食です。へへ。
私はクラブハウスサンドイッチ。久しぶりにパンを食べました。でもフレンチフライ、多いよ・・・。

長年ブログを書いていると、ご飯とか、人の後ろ姿ばかり写真に撮るクセがついちゃうの。
このときも3人で写真撮るのを忘れた〜!私を写真係に任命するのは諦めて!

3人でまた長々とおしゃべり。
ヒロミさんがウルスにサインをもらったときのことを、根掘り葉掘り聞いちゃった。
棚からぼたもちのようにサインが降ってくるわけじゃなし、やっぱり努力ね〜。何事も、一歩踏み出す勇気ね〜。

あと、本に書いてあるウルスの今のGFのことは、あれよね〜、とか。(ここには書けない!)
もうホント、ファンじゃない方から見たらくだらない話なんだけど、でもいつまでも話していられるんですよ〜。

そうそう私、大阪で Il Divo が泊まったホテルを初めて知ったわ。娘が数年前に泊まったことのあるホテルでした。
札幌に帰ってきてから彼女に言ったら、「あそこは Il Divo にもおススメするね。朝食ブッフェのパンの種類がハンパなかった。」となぜか誇らし気に。てか、Il Divo はブッフェじゃないだろ!(笑)

ホリディ・イン東武成田

夜も更けて、ヒロミさんとは泣く泣くお別れ。
その後Tamakiさんと私の部屋でおしゃべりの続きを。(まだ話すか!)

ホリディ・インは、 Priority Club 会員だと少し安く泊まれるの。
お部屋も空いていれば、ワンランクアップしてくれるし。でもここ、普通のシングルとどこが違うの?新館だから?
あと、ウェルカムドリンク、ミネラルウォーター1本、レストラン500円引き等々の中から好きなものを選べる会員用チケットを2枚くれました。
チェックアウトもカギを返すだけだから早いのだ。

そしてTamakiさんがお部屋に帰ったあと、さらにあれっくすさんと長電話・・・。(獏・・・)
今まではオフ会の打ち合わせで少し話すだけでもドキドキしていたのに、会ってしまったらすごく安心〜。お会いできてよかった〜。
内容は、やっぱりくだらないことです。ここでもウルスの今カノがどうとか。繰り言のように。(笑)

次の日はTamakiさんとブッフェで朝食をいただきつつ、またペチャクチャとおしゃべり。
そして私の方が見送っていただいて、帰路につきました。あ〜、楽しかった!!!


2007年10月23日

コンサート at クレムリン。

By marfua 2007年10月23日 15:46

デイヴィッドは次はシカゴなんていって、11月29日にモスクワ・クレムリン大会宮殿での Il Divo のコンサートがあるのを忘れていましたよ!
つい最近公式発表があって、書かこうと思っていたのに。ヤレヤレです・・・。

Il Divo at the Kremlin in Moscow - 18 OCT 2007

Il Divo will be performing a one off concert at the State Kremlin Palace Theatre in Moscow, Russia on 29th November.

The concert will be dedicated to the children of Moscow, as 2007 has been declared The Year of the Child by the local government. The group were personally invited by the Cultural Committee of the Government of Moscow to give the performance, which will be watched by children, teachers and carers from around the country, with 30% of the evening's audience receiving tickets as a gift from the Committee. In addition, government officials and the head of government will be in the audience for this unforgettable experience.

For more information on available tickets, please visit www.concert.ru

ずっと、ユニセフの The Year of the Child のチャリティ・コンサートだと思っていたんだけど、ロシア独自の The Year of the Child の行事なのね。
観客の3割は、招待された子どもたち、先生、介護者だそうです。
あと、官僚や政府の長官も来るそう。一番いい席はチケットが30万円くらいするし。
11月下旬のモスクワなんて考えたくないけれど、ナイト・シーンはカルロスとセブには楽しめることでしょう!(笑)

そゆえばずいぶん前にユニバーサルから、9月にエルトン・ジョンが同じ会場でコンサートをするとお知らせが来て、誰が行くんじゃ!と思ったけど、Il Divo も大物の仲間入りで、嬉しいような、寂しいような・・・。
だけど Il Divo だとしても、誰が行くんじゃ!と思うだろうけど、BMGもお知らせ頂戴よ!!!(叫び)

モスクワ・コンサートについての以前のブログ記事はこちら。
Live in Moscow!

フォーラムはこちら。
IL DIVO TO MOSCOW? Confirmed 18th Oct, see page 6 - Il Divo Forum

ロシアのチケットサイトの Il Divo のページはこちら。
まだ席はあります。3階後部は7000円!見えたとしてもマメツブのようだろうけど・・・。
CONCERT.RU - Il Divo


オフ会@東京 2次会編。

By marfua 2007年10月23日 11:05

オフ会リポートの続きです!
2次会は、時差ボケに苦しんでいるTamakiさんと、最初から1次会のみ参加予定のToshimiさんはお帰りになったけれど、あとの25人は自動的になだれ込んでしまいました〜。

2次会

場所はまっきーさんが手配してくださった、ベルジアンビア・カフェ アントーワープ・セントラル
アントワープでプロポーズしたセブをしのぶ!とか、半分こじつけつつ。(笑)
ここは東京国際フォーラムの目の前、TOKIAの地下1階。でも地下といっても吹き抜けの前だから、オープンカフェもあったりして開放的なお店でした。
まっきーさんは、何をお願いしても簡単にこなしているように見える方で、完璧。すごく助かりました〜。
そしてここでもジェシカさんとかほりさんが会計を。役に立たないオバサマ方を許されて〜。

2次会

なわけで、すっかり開放的になった25人の乙女たち。
最初から飛ばしています。お料理、美味しかったです〜。ウマウマ。

2次会

そしてこちらは、ケーキとコーヒーもあるよ〜、という声に素直に従ったマダムたち。
お話が弾んでいます。

2次会

Tamakiさんを東京駅に送ってくださったのらさんのテーブルは、一仕事終えた感でやっぱり飛ばしてます。
グビグビ。

私はあちこちのテーブルに加えていただいて、おしゃべりしまくり。
のらさんがコメントされていたけれど、本当にどなたとでもツーカーな話ができて、夢のようでした〜〜〜。


そして夕方に近づき、一人減り、二人減り・・・。
1次会で帰られたTamakiさんとは2日後に成田でお会いするし〜、Toshimiさんは忙しい方なのは知っているからあとでメールしよ〜、なんてノンキに構えていた私。
でもだんだんに寂しくなっちゃって・・・。

白状すると、あんまり夜遊びはしないということだったのに、長くおしゃべりに付き合ってくださったYukoさんが帰ると言い出したときには、私、本当に倒れるんじゃないかというほど具合が悪く・・・。
だってYukoさんは、毎回ワクワク・ドキドキの活躍に一緒になって喜んでいた、私のヒーロー(女性だからヒロインね)なんですもの。

今まで文字でしか知らなかった、たくさんの方とお会いすることばかりが楽しみで、お別れのときがくることを何も考えていなかった私。
なんてバカなんだろう・・・。シクシクシクシク・・・。
と、帰りのJRの中で落ち込んだりして。

まあそれでもやっぱり、一晩寝ればすっかり元気になっちゃう私でした!
楽しかったな〜。楽しい思い出は年々美しくなるから、きっとみなさま5年もすれば、私の記憶の中では絶世の美女に!!!
いえいえ、現実も美女でした。あの温か〜い雰囲気は、 Il Divo という素敵な4人の男性への愛でつながっているがゆえ?
またいつかオフ会しましょうね〜〜〜。

でもでも、成田オフへと続く!


2007年10月22日

SJ and David in NY.

By marfua 2007年10月22日 15:09

Wow wow!!!
何もかもほっぽって遊んできたあとに(楽しかった〜!)、素晴らしいニュースが!

デイヴィッドのブロードウェーでのライブには、もちろんサラ・ジョイが来ていましたよ。なんて可愛いらしいカップルなのっ!!!(感涙)
そして!12月のシカゴのソロコンサートで、SJも一緒に歌うそうです!キャ〜!!!(歓喜)
行く方が羨ましいわ〜、私の分も叫んできてね〜〜〜!!!

ところで今回デイヴィッドは、マイクなしでラ・ボエームから2曲歌ったのかな?曲名がはっきりしないけれど、明日にはプレス発表があるでしょう。
観客には好評だったそう。嬉しいわ〜。
Il Divo 以前に一生懸命に築いてきたブロードウェイでの名声だから、先のことを考えると、多少スケジュールがキツくてもこなした方がいいよね。
詳しくはこちら
DAVID MILLER in NEW YORK October 21, 2007 - Il Divo Forum

このあとデイヴィッドは一旦ストックホルムに合流するのかしら?それとも年内はなし?それは長すぎる?
シカゴコンサート(12月21日)もサラのデビュー(CD発売は1月22日)も控えているし、ワンちゃんは可愛いしで、私だったら絶対NYCから離れたくないなー。
デイヴィッドはビジネスには頭が回るけれど、恋愛には器用なタイプじゃないもの。いくら誰かさんが可愛い顔で見上げてきても、本物のワンちゃんにはかないませんて。ねえ?


2007年10月19日

The Book Il Divo ウルス。

By marfua 2007年10月19日 00:39

ウルス
〜君を信じて〜

僕には忘れがたい記憶がたくさんある。中でも、このことは凄い思い出だろう。数年前に起きたことだ。オーストリアのザルツブルグにて、「Simone Boccanegra」という公演が跳ねた直後だ。劇場を後にして、僕の古ぼけたHarley Davidson (注:オートバイの車種)に急いで跨った。夜を徹し、1200kmの道のりを11時間かけて走りきった。どうして、こんなことをしたのかって?それは、僕が恋に夢中で、アムステルダムにいた当時の恋人に、一刻も早く逢いたかったから。

中略

152頁
若いやつが、バイクに乗った開放感とワイルド感を味わうということは、自ずと自分の運転テクを限界まで挑戦したくなるものだ。というわけで、僕には非常に危機的な事故の経験が、幾たびかある。こういう事故は、一般的な道路でもよく起こること。でも、スイスの凍結した道路では、ますます危険は高まるというわけだ。

中略

154頁
金銭。自分の生活に必要な基本的なものを賄えるようになってから、僕にとって、大切な案件では全くなくなっている。また、金が自分の重要な刺激や動機になったことは、僕の人生で一度もないと言うことは、確実だろう。自己形成をつかさどる時期に、父親が不在だったとはいえ、僕はいつも生活に保証があると言う風に感じていた。おそらく、僕が大家族に属していたからだろうし、そして、立ち行かなくなったときでさえ、どこかに頼るべき場所があると、感じているからだろう。かつて実現できなかったような成功を勝ち取った、そんな今現在でさえ、逆境がいつか来るかもしれないことを、僕は理解している。でも、そんな厳しい時でさえ、きっと僕を支えてくれる人がいるだろう。そんな風に、今でも感じている。

中略

185頁
日本に到着したのは、殊の外、わくわくしたし、素晴らしい体験だった。空港で、本当に数百人ものファンが僕らの到着を待っていてくれたし、こんなことはかつてなかったことだった。そして、僕はスーパースターになっちゃったと、人生で始めて感じた。日本の警備員が突進してきたものだから、何時でも、何処でも、こんな歓待を受けたビートルズの一員の感覚が、僕には何となくつかめた。安全のため、警備員が歓声を上げる多くの女性たちの間を、急いで通させようとした。でも、それは容易なことではなかった。群集の凄い熱狂のため、僕らの通路が塞がれてしまったことが、何度かあった。僕らはファンが大好きだ。でも、数多のファンが一度に僕らに近づこうとすると、言いたくは無いけれど、ちょっと怖いものを感じてしまう。そういえば、その後の世界ツアーの際、同じような歓迎を南米に僕らが到着したときにも、体験した。


The Book Il Divo セバスチャン。

By marfua 2007年10月19日 00:35

セバスチャン
〜わが人生に、悔い無し〜

幼い頃、私たちの家族は金銭に恵まれていませんでした。一度だけ、食料を盗もうという強い衝動にかられたことさえありました。そんなわけで、最近このことを新聞記者に話したところ、インタビュー記事の見出しはこんな風に飾られていました。「Il Thievo(盗人野朗)」(注:DivoとThiefをひっかけて) 余りに巧妙な語呂合わせなので、全く気になりませんでした。そうはいっても、今の生活、そして将来への展望は、子供と言う立場で体験した辛い日々に、根付いています。そして、幼い頃の記憶は、決して完全に消え去ることは無いと、今は認識しています。過酷な歳月は、傷痕を残しますが、その一方で、人を逞しくします。そして、このような痕を負ったからこそ、今日の自分があるのです。

中略

108頁
母はほんの18歳で私を産み、そして(私が六歳のとき)父は母の下を去ってからと言うもの、彼女には自分のための人生と言うものはありませんでした。母が私のために犠牲にしてきたこと。このことを、私は自分の成長過程で、片時も忘れることはありませんでした。私の手元に多くの現金が入ったとき −それは、IL DIVOに名を連ねたときですが− まず、私の頭に浮かんだことは、母に経済的援助ができると言うこと、そして彼女の借金を完済できるということでした。また、猫好きの彼女に子猫も購ってやりました。こんな親孝行を母に出来たので、私はとても幸福な気分になったものです。  

中略

129頁
IL DIVOの仕事の内定を頂いたとき、私のマネジャーは「セバスチャン、やめておけ。君のセカンドアルバムは、とってもいい出来じゃないか。出世しようという、そんな渦中じゃないか。自分の路線を今、変えるときじゃないし、フランスでのコネを失う場合じゃないよ。」 

内定を受理するのは、清水の舞台から飛び降りるような決心でした。開始早々、家族や友人と分かち合った時間を犠牲にしなくてはならないと言ったような、自分の生活の基盤が、物凄く変化すると言うことに、気がついたからです。しかし、この決断を下したことは −当時の恋人で、僕の人生の中で、重要な位置を占めているキャサリンの支えが、大きかったのですが − 「わが人生に悔い無し」の事例のひとつと言えるでしょう。こんなことを覚えています。ロンドンに滞在した第一週目のこと、私はキャサリンとマネジャーに電話を入れました。最愛の人たちとこんなに離れていられないよ、と。すると、キャサリンは即、ロンドンへやってきました。彼女は、ロンドンに滞在しなさいと、私を励まし、とてもすばらしい援軍となりました。私には、こんな確信があります。私たちの人生において経験したもの全てが、今、ここにある自分を形作っている、と。勿論、かつては、幸せな幼少期をよく夢想したものですが、しかし、そんな幼少期を送っていたら、今の自分はないだろうと言うことも、分っていたのです。だから、私はいつもこの考えにいたるのです。「わが人生に悔い無し」と。


The Book Il Divo デイヴィッド。

By marfua 2007年10月19日 00:33

デイビット
〜どこかにある僕たちの場所〜

僕が8歳のとき、両親は家財道具の全てを引っ越しトラックに詰めこんだ。そして、まるで本当に西部開拓前線=フロンティア*に向かう荷馬車のように、コロラドへ向かった。(*注:アメリカは、かつて西部にむけて開拓をし、インディアンとの境界を開拓前線=フロンティアと呼んだ)最後のトラックが、僕の生まれた街サンディエゴを離れるとき、両親は自分たちの持ち物を再び見ることがあるのかどうか、確信がもてていなかった。うちの家族の全財産といえば、70ドルあまり。でも、幸運の女神が僕の家族にはついていた。道中、ラスベガスに立ち寄って、父さんが25セントをスロットマシーンに入れてみた。すると、なんと50ドルになったのだ。こんな事が起きなければ、僕の家族は、デンバーのコロラドまで辿り着けなかっただろう。そう、ベカスにずっと滞在することになって、そして僕の人生もかなり違ったものになったはずだ。

僕の両親はとても伝統的・保守的だったので、「Leave it to Beaver」*に出てくるような家族だった(*注:1957年から1963年頃までに放送された、コメディ・ドラマ<1970年代の「奥様は魔女」などが、同じジャンルに属する>)。父さんは、Naval Academy を卒業した技術者で、22年も海軍を勤め上げ、海軍少佐に昇進し、母さんは、家庭に入って僕と姉妹を育て上げた。父さんが退官した際、両親は、障害のある子供がお風呂に入りやすくするための椅子の考案に、かなりの財産と時間を費やしていた。数々の不幸が重なって、両親の全財産をこの発明に注ぎこむ羽目になり、家族は深刻な家計・財産の危機に見舞われてしまった。それでも、両親は強さ・気丈さを忘れず、家族に屋根と食べ物を与えるためなら、何でもやると言う気概があった。だから、コロラドについた途端、父さんは仕事にありつこうと、技術系の会社に直行した。

長い面接の後、会社の社長は父にこういった。君の職歴に見合ったような地位をお約束できません。申し訳ないですね。父さんの心は、沈んでしまった。「ところで」と、この社長は、言葉を続けた。机のうしろから現れた社長は、車椅子に乗っていると、父は気がついた。「君は障害者への関心は、相当なものだね。そこで、君のために、新たな役職をここで作ろうかと思う。もし、君がロボット工学を早急にかつ、熱心に学んでくれるというなら、君を雇おうと思う」そして、僕の父はこの話に従った。僕の眼から見たら、父はヒーローだった。自らの手で問題を解決し、かつ、僕たちが屋根の下で再び暮らしていけること、食卓に食事が並んでいること、これをちゃんと保証してくれたから。

おそらく、僕の幼少期はとても衝撃的であったようだ。いかんせん、僕はコロラドに移ったとき、つまり、8歳以前のことを何も憶えていないのだから。記憶の断片だけが、僕の頭にある。父が海軍勤務だったから、2年ごとに移動したことや、父が1980年に軍服を脱いで文民に戻ったとき、状況がとても思わしくない時期で、カルフォルニアで仕事にありつくのが、大変困難を極めたこと等だ。僕の姉は、当時アイス・スケートをやっていて、とても上手かったのでプロになる可能性を秘めていた。つまり、コロラドに移住したと言うのは、それなりに理由があるということだ。僕の両親がコロラドを選択したのは、父の再就職可能性が高いことと、そして、オリンピック・トレーニング・センターが、コロラドスプリング*から、ほんの2時間の距離だったから(注:米空軍の士官学校)。


The Book Il Divo カルロス。

By marfua 2007年10月19日 00:30

カルロス
〜僕は、自分の道をひたすら歩んできた〜

17-19頁

俺の人生と来たら、巡業の旅に費やし、ラテンの色男を演じ、他人の情熱を喚起させるようなロマンチックな唄を歌ってきた。そんな熱血漢な俺にとっては、結婚式の日と言うのは、ジェラルディーンにとっても、そして、俺にとっても、忘れがたい日じゃなくちゃならないっていうのが鉄則だった。そして、嬉しいことに、その夢は叶ってくれた。まあ、困難を極めたのは、俺の計画を婚約者にずっと秘密にしておくってこと、そして、ウエディングドレスをまとった彼女を、ディズニーランド(カルフォルニア)へ連れて行くよ、と彼女に提案することだった。「雑誌『Hello!』の写真撮影のためだよ」と、まず、電話で彼女に伝えた。そして、「僕たちの一番大きな演奏ライブに、Il DIVOの恋人たちを正装させようっていう、雑誌の企画だよ。だから、買い物に出かけて、パーティ用の正装を買ってきてくれないかな。お姫様みたいに、着飾って来てくれるといいんだけど」と。ジェラルディーンは、その頃にはとっくにIL DIVOのヘンテコな世界に慣れてきたものだから、ぜんぜん疑いもしなかった。彼女は、難なく外へ出て、写真撮影用のウエディングドレスを購入してきた。彼女が選んできた真珠と刺繍で飾られた象牙色の繻子織でできたドレスは、まったく素敵で、これ以上のものはないぞってくらいに完璧だった。それを、俺はここで明記しなくちゃいけないだろう。

中略

42頁
どの曲をアルバムに入れるかとなると、チームワークがモノをいう。多くの人は、俺たちに選曲について深刻な意見の相違があるんじゃないかって、きいてくる。でも、俺は熱い議論が好きなんだ。俺たちはそれぞれに確固な意見をもったプロの男たちだ。だから、そんな違いが時折ぶつかってしまうは、当たり前のことだ。そこで、レコード会社が選曲リストをひねり出し、俺たちが、最終決定をするという按配となる。2006年発売の三番目のアルバム、「Siemper」は、そんな感じで、イタリア語とスペイン語で歌うことを決めた。というのも、オペラの音声にはこの二つの言語がしっくりするし、いかんせん、多くの人に愛されている言語だと、俺たちは判断したから。「Siemper」というのは、「いつも」というスペイン語だ。処女作は「IL DIVO」、二番目が「Ancorna」といって、「再び」という作品だったから、IL DIVO 再び、そして、いつも−つまり、『いつまでも』ってわけだ。俺は、このアルバムのタイトルをこんな形でまとめたのが、こんなわけで気に入っている。


The Book Il Divo はしがき。

By marfua 2007年10月19日 00:27

私のために Il Divo から新刊本にサインをもらってくださったKAOさん(何とお呼びしていいのか・・・)から、訳もいただきました。ありがとうございます!!!
抜粋ということですが、すごい量ですよ。それに注釈が付いてとてもわかりやすいので、掲載のお許しを得ました!

はしがき

6頁

Il Divoになってからというもの、ジェットコースターに乗っているようで、驚きと至妙な旅路を歩んできたんだ。このような軌跡の全てがいつ始まって、僕たちが何を成し遂げたのか?なんていうものを振り返ってみるなんて、途方も無いことだ。いつだって、照明の灯りが点き、演奏が始まり、そして、たった一つのことだけを、僕たちは胸にしまってきたのだから。 僕たちのファンに、110%の感動を! ファンが僕たちの音楽を楽しんでくれることほど、僕たちを喜ばせてくれる報償はないし、この本は、そんなファンたちのために書かれたものだ。

僕たち自身の半生、そして、ここに僕たちを導いてきた其々の情熱についての話を分かち合うなんて、滅多に無い機会だろう。だから、僕たちのレンアイ関係や人生におけるさまざまな出来事を、自分たちの言葉で嘘偽り無く綴ろうと、僕たちは決めてみた。其々の人生に山あり谷ありだけれども、そんな僕たちの挫折と歓びについて、描いたつもりだ。また、今までに発表されたことの無い話題や、必要に応じて、誤解を解く方向で、色々語ってみたという按配だ。

この本で、僕たちに向けられた疑問や質問を全てお答えできていればと願っている。また、僕たちのファンが僕たちの人生−今あるような、多くの方からの余りあるご支援を共にしてきた、そんな僕たちの人生の旅路−への真の、そしてまたとないご明察を、この本を読んで得られることを祈念してやまない。


BROADWAY CABARET FESTIVAL.

By marfua 2007年10月19日 00:08

そうなんですよ!とりあえずお風呂に入って、心を落ち着かせてきました。
今はホカホカさ〜。←ムダ情報

Tamakiさんとりーうさんからお知らせいただきました。
デイヴィッドが10月21日に、ブロードウェイ The Town Hall のイベント BROADWAY CABARET FESTIVAL に出演するそうです。

DAVID MILLER in NEW YORK October 21, 2007 - Il Divo Forum

デイヴィッドはまだ、ストックホルムの Il Divo のレコーディングには参加していないんでしょうね。
行ったり来たりはちょっと忙しいし。

ところでコメントのお返事も途中ですが、あといくつかアップしたら、週明けまでネット落ちします。
メールも週明けに!ごめんなさい!


これ以前の Il Divo の記事。

By marfua 2007年10月19日 00:00

これ以前の Il Divo の記事は、2007-10-1Il Divo アーカイブをご覧ください。
Thank you for reading, thank you for commenting, and thank you for supporting my blog!

» 2007-10-1Il Divoアーカイブ