2012エンタテインメント

日付順タイトル一覧 »
このブログの記事を検索

2012年09月13日

プレミアリーガー / LE NOIR。

By marfua 2012年09月13日 19:49

6日UAE戦、11日イラク戦と、サッカー日本代表の試合がありましたね!
楽しかった〜。

11日、麻也のバイシクルシュート(オーバーヘッドキック)は惜しくもゴールポストの上を通過。
決めてたらヒーローだったわw。

IMG_1183.JPG
おやめになって!


IMG_1186.JPG
着地!

イラク戦後は、報道ステーションに生出演しました。
(見られた方もいるのでは?)
いつもながら、しっかりとした受け答えにわかりやすい解説。
先日の密着取材以降、古館さんもすっかり麻也ファンに〜。

ただ古館さんも澤登さんも、このブログで何度も貼っている、例のエールディビジでベストゴールに輝いた去年の麻也のバイシクルシュートを知らないようでした。
あとで知ってビックリしたかもw。

麻也は今日はヒースロー空港に着いて、いよいよプレミアリーガーとして歩んでいきます。
吉田が英国到着、「良いスタートを切りたい」(動画あり)

プレミアのオフィシャルサイトにも、数行ながら麻也のニュースが出たし。
うう〜ん、ワクワクするわ〜。

□■□■

ところで昨日こんな、ニュースを見て一抹の不安が。
サッカー・吉田麻也選手、『ダークシルク』のサポーターに就任
『吉田は追加で召集』とか、何サッカーの記事みたいに…。
冨永愛、ミッツ・マングローブ、吉田麻也と並んだ絵面を想像したら、すごいわ…。

そして数時間後、こんな映像が。

LE NOIR ルノア ダークシルク スペシャルサポーター 吉田麻也コメント

顔の長い大槻ケンヂか!(爆笑)

ダークシルクのオフィシャルサイトはこちらです→http://www.le-noir.net/
麻也は出ませんが、皆様ぜひ!


2012年06月22日

METライブビューイング リング・チクルス / 2006-2012アンコール上映。

By marfua 2012年06月22日 10:43

昨日は EXILE 仲間とお茶しながら、オペラについて熱く語っちゃった。えへ。 
今夏、東劇にてリング・チクルスと2006-2012アンコール上映があります。
いいなぁ、東京の方。

でも『ニーベルングの指環』を2週間で観るなんて、ものすごく疲れそう。心してかからないと。
私は足掛け2年、それでも最後の『神々の黄昏』のあとすぐに Il Divo 大阪公演だったから、ボーっとしていて Il Divo が半分頭に入って来なかった…。(もったいない!)

詳しくはこちら
ワーグナー〈リング・チクルス〉上映決定! - MET ライブビューイング最新情報

ワーグナー〈リング・チクルス〉神々の黄昏 予告編

METライブビューイング
メトロポリタン・オペラ史上最大の挑戦が再びスクリーンに登場。
ワーグナー〈ニーベルングの指環〉4部作を一挙に上演する《リング・チクルス》が映画館で奇跡の実現!
2013年のワーグナー生誕200周年に先立ち、
2012年8月11日(土)〜24日(金)、東銀座・東劇にて公開!!

□■□■

そして、アンコール上映もあります。
自分が観た中では『カルメン』が一番お勧め!
何はなくとも、『カルメン』だけは観てほしい!
その次に『椿姫』かな?

詳しくはこちら
2006-2012アンコール上映!(6/15トークショー追加) - MET ライブビューイング最新情報

METライブビューイング2006-2012アンコール上映

メトロポリタン・オペラ、スクリーンによみがえる23の愛の物語。
8月25日(土)〜9月28日(金)まで、東劇にてアンコール上映を行います。
2006-2012の6シーズンの中から選りすぐりの23演目を一挙に上映します。


2012年05月18日

MET ライブビューイング 2012-13シーズン・ラインナップ。

By marfua 2012年05月18日 18:17

YouTube ではまだですが、劇場では早くも前回から MET ライブビューイング2012-13シーズン予告編が流れています。
来シーズンのラインナップ、すごいですよ!
どれもこれも、観たいーっ!

とりあえず、文字だけでも。

速報!2012-13シーズン・ラインナップ発表! - MET ライブビューイング 最新情報

◆第1作: ドニゼッティ《愛の妙薬》 (新演出)
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー
出演:アンナ・ネトレプコ、マシュー・ポレンザーニ、マリウシュ・クヴィエチェン

◆第2作: ヴェルディ《オテロ》
指揮:セミヨン・ビシュコフ 演出:エライジャ・モシンスキー
出演:ヨハン・ボータ、ルネ・フレミング

◆第3作: トーマス・アデス《テンペスト》 (新演出/MET初演)
指揮:トーマス・アデス 演出:ロベール・ルパージュ
出演:サイモン・キーンリーサイド、オードリー・ルーナ、イザベル・レナード

◆第4作: モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
指揮:ハリー・ビケット 演出:ジャン=ピエール・ポネル
出演:ジュゼッペ・フィリアノーティ、エリーナ・ガランチャ、バルバラ・フリットリ

◆第5作: ヴェルディ《仮面舞踏会》 (新演出)
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:デイヴィッド・アルデン
出演:カリタ・マッティラ、マルセロ・アルヴァレス、ディミトリ・ホヴォロストフスキー

◆第6作: ヴェルディ《アイーダ》
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ソニヤ・フリゼル
出演:リュドミラ・モナスティルスカ、 オルガ・ボロディナ、ロベルト・アラーニャ

◆第7作: ベルリオーズ《トロイ人》
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:フランチェスカ・ザンベッロ
出演:デボラ・ヴォイト、スーザン・グラハム、マルチェッロ・ジョルダーニ

◆第8作: ドニゼッティ《マリア・ストゥアルダ》(新演出/MET初演)
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:ジョイス・ディドナート、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー、フランチェスコ・メーリ

◆第9作: ヴェルディ《リゴレット》 (新演出)
指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:マイケル・メイヤー
出演:ジェリコ・ルチッチ、ディアナ・ダムラウ、ピョートル・ベチャワ

◆第10作: ワーグナー《パルシファル》(新演出)
指揮:ダニエレ・ガッティ 演出:フランソワ・ジラール
出演:ヨナス・カウフマン、カタリーナ・ダライマン、ルネ・パーペ、ペーター・マッテイ

◆第11作: ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》
指揮:マルコ・アルミリアート 演出:ピエロ・ファッジョーニ
出演:エヴァ=マリア・ヴェストブルック、マルチェッロ・ジョルダーニ

◆第12作: ヘンデル《ジュリアス・シーザー》(新演出)
指揮:ハリー・ビケット 演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:デイヴィッド・ダニエルズ、ナタリー・デセイ


カウフマンの《パルシファル》!
そして今回はアラーニャが《アイーダ》に出る!!!!
アラーニャはオジサンぽくなっちゃったなぁとか思ったりするけれど(ファンの方、お許しを!)、あの華のある声が好きなの〜〜。
楽しみ〜〜〜。


MET ライブビューイング《椿姫》.

By marfua 2012年05月18日 17:39

昨日、2011−2012シーズン最後の演目、『椿姫』を観てきました。
前回の『マノン』はGardenさん、Oさん同じ日に観に行っていたことがあとでわかったのだけれど、今回は劇場でばったりkimiさんにお会いしました。
私は一人で行っていたので、幕間に感想などお話しできて楽しかったですv。

□■□■

デッカー演出の舞台セットは、昨シーズンと同じでとてもシンプル。
ヴィオレッタ役ナタリー・デセイ、アルフレード役のマシュー・ポレンザーニの演技がかえって引き立つわ〜。

『乾杯の歌』
とにかく上手い!
華がある!
延々リピートして聴いていたい〜!
METライブビューイング《椿姫》先行映像1- YouTube

『花から花へ』
ブラボー!!!
METライブビューイング《椿姫》先行映像2 - YouTube

いや〜、もう大満足。
シーズン締めくくりにぴったりの演目でした。

□■□■

ところで来年1月、デイヴィッドとサラ・ジョイ主演の『椿姫』があります!
David Miller and Sarah Joy Miller to star in ‘La Traviata’, January 19 2013 - Night Wants To Forget

こちらのページにアップされているのは、前回『マノン』主演のアンナ・ネトレプコ。そしてアルフレード役はローランド・ビリャソンですね。
かなり官能的なヴィオレッタだわ。

デイヴィッドとサラさんは、どんなカップルを演じてくれるでしょうか。
日本からはどなたか行かれるのかな?
感想など読めるといいな〜〜〜。


2012年05月09日

METライブビューイング《マノン》。

By marfua 2012年05月09日 21:53

日々いろいろとありまして、なかなかブログが書けなかったりするのです・・・。

昨日はMETライブビューイング『マノン』を観てきました。
アンナ・ネトレプコ、期待通りだったわ!

METライブビューイング《マノン》 メイキング - YouTube

次は来週、ナタリー・デセイの『椿姫』。
私、『マノン』と『椿姫』のストーリーが混ざってしまっていて、マノン観ながら「えーっと?マノンが手紙を書くんだっけ?あれ?港の場面で終わるのはどっち?」とか、最後まで悩んでしまった。
全体の流れ、似てるよね。(そうでもない?)
何でこの二つを続けて上映するのかしらん。