2015イベント

日付順タイトル一覧 »
このブログの記事を検索

2015年06月10日

オホーツク 流氷観光の旅 / SL冬の湿原号。

By marfua 2015年06月10日 17:46

woodchips.jpg
クリネックスなど作っている、日本製紙釧路工場の木材チップの山です。
雪がかぶっているね。

 
またまたバスはひた走り、1時間ちょっとで釧路に着きました。
北海道の観光旅行はとにかく移動、移動、ア〜ンド移動。
吹雪いたりしたら、何倍も時間がかかることを覚悟しなくちゃいけないし。(´;ω;`)

 
slsitugen01.jpg
釧路駅からSL冬の湿原号に乗ります!

私は年末にも函館でSLに乗ったのだけど…。(函館小旅行 SLはこだてクリスマスファンタジー号。 参照)
今回の旅行は乗り物が盛りだくさんでした。
 
slsitugen02.jpg
SL、かっこいい!!!O(≧∇≦)O

やっぱり釧路駅は、函館駅と違ってホーム数が少ないね。

 
slsitugen03.jpg
C11型、昭和15年製です。
頑張ってるな〜。

 
slsitugen04.jpg
丹頂がステキ…。
 

slsitugen06.jpg
釧路駅を出発すると、あっという間に平原に。

 
slsitugen05.jpg
岩保木(いわぼっき)水門です。

 
slsitugen08.jpg
湿原の中を蛇行する釧路川。
夫が昨年秋にここでカヌー遊びをしてきたのだけど、こんな風に曲がりくねっていると楽しいでしょうね〜。

ところで、札幌の川はまだ完全に凍てついている時期。
何で釧路川は凍ってないのかな…?
 
 
slsitugen07.jpg
中国系のお客さんが、だるまストーブにお魚を乗せてみました。

早くしないとスルメが焦げちゃうよー!
キャッキャ、キャッキャと盛り上がりました!o(≧▽≦)o
 

slsitugen09.jpg
食堂車、混んでる!
 

slsitugen10.jpg
SL冬の湿原号は釧路駅ー標茶(しべちゃ)駅を運行しているのだけど、私たちは途中の塘路(とうろ)駅で下車。
45分の楽しい旅でした。

 
slsitugen11.jpg
線路がカーブして、汽車の煙がずーっと向こうに…。
旅情にひたる一瞬だわ…。

 


2015年06月09日

オホーツク 流氷観光の旅 / 鶴見台 天然記念物タンチョウ観察。

By marfua 2015年06月09日 18:08

turui1.jpg
丹頂鶴、いました!

 
阿寒は湖やボッケ(小さな泥火山)、アイヌ古式舞踏などなど、見どころはたくさんあるのだけど、今回の旅では宿泊のみ…。
また来るねー!

朝8時半にはホテル出発を出発して、1時間ほど山道を走ります。
途中、何もない場所で観光バスが停まっていて、ただの山の景色を撮っている団体さんをいくつも見たよ。
中国ドラマのロケ地だそうです。へぇ〜。
 

turui2.jpg
鶴居村の鶴見台に着きました。
バスを降りたら、目の前に丹頂が!

…んん?グワァグワァ?
白鳥ばっかり…?
数年前に白鳥がこの給餌場に気付いて毎年訪れるようになっていまったと、餌付けを任されているトメおばあちゃんに教えていただきました。
鳥インフルエンザなどの危険があるので、あまりいろいろな鳥が来るのは困るということでしたが…。
 

鶴見台−釧路湿原国立公園連絡協議会
 
turui3.jpg
写真に撮ると、丹頂の黒い羽が目立って白鳥が気にならない!
 

turui4.jpg
パーキングエリアの建物で、お土産を買いました。
 

turui5.jpg
きんつば。

もちろん北海道産の小豆を使っています。
美味しかった!( ´ ▽ ` )ノ

鶴居村はチーズも有名だけど、また今度ー!
 
 


2015年06月03日

オホーツク 流氷観光の旅 / バス埋まる。ニュー阿寒ホテル。

By marfua 2015年06月03日 19:14

busb.jpg
バス、雪に埋まる…。

前の週に添乗員さんの同僚が、道東の爆弾低気圧で車中泊したとか聞いて、え〜、やだ〜、なんて言ったそばからこれだもん…。

 
今回の旅の一番の目的、流氷をしっかり目に焼き付けて、さああとは阿寒湖の温泉にゆっくりつかるぞ〜!
とバスは軽快に走っていたのですが…。
休憩で道の駅の駐車場に入る曲がり角で、お腹を雪に乗り上げました…。ああ〜…。
山道をあと30分程度でホテルに着くのに…。
*街路灯も歩道もない登りの雪道を車で飛ばして30分なので、もちろん徒歩では行けませぬ…。

豪雪地帯の札幌なら路線バスにでもスコップやスノーヘルパー(タイヤと雪の間にかませる板)を積んでいるのに、そこは普段は雪の少ない道東のバス。
ええ?何にもないの?!
息子が手助けをしたり近所の農家に重機を出してもらって牽引したりして小一時間…。

最後には男性全員が降りて、せーの!でバスを押したら、超あっさり雪から脱出できました!
やっぱり慣れてるよねー!最初からこうすればよかったねー!
と大爆笑。O(≧∇≦)O

雪に埋まると時間がかかるということにも慣れているので、誰一人イライラするでもなく。
拍手まで巻き起こって、それはそれで楽しいハプニングになりました。
(旅行会社からはお詫びのお土産をいただきました。)
 

□■□■

宿泊は阿寒湖のニュー阿寒ホテルでした。

【公式】北海道阿寒湖温泉 ニュー阿寒ホテル 公式ホームページ

時間通りに着いたら、夕食を食べてから湖上に上がる花火を見に行けるはずだったのだけど、もう無理!
花火を見に行くとブッフェが終わっちゃう!
ということで、花火の見える席に案内してもらうことができました。

newakan1.jpg
ニュー阿寒ホテルは15年ぶりくらいに泊まったけど、お料理、格段に美味しくなっている!
『北海道産◯◯』というものばかり!

ロビーやレストラン、お風呂のあるシャングリラ館、綺麗にリニューアルされてるし。
道東は中国・台湾の観光客でものすごく潤っているということだけど、こういうところで実感するわ〜。

newakan2.jpg
う〜ん、美味しいゾ…。

この日はちょうど春節中で、台湾からの身なりのいいお客様が多くいらっしゃいました。
身なりとマナーって比例する…よね…?

akanfirework.jpg
花火が始まったので、レストランの電気が消灯しました。

すごい、結構目の前だわ!
阿寒湖の湖面、カチカチに凍っているのよ。
昨年は秋に洞爺湖、冬に函館と花火を見たけど、何度見ても楽しいわ〜。
 
newakan3.jpg
はぁ〜、面白かった!
ということで、デザートです。食べ過ぎ。
 

newakan6.jpg
温泉に浸かったあとは、やっぱりお酒。( ´ ▽ ` )ノ

泊まったクリスタル館の方はリニューアルされてなかったけれど、ノスタルジックな感じを楽しめました。
どう?この冷蔵庫!

トカップワインは道内ならコンビニにも置いてある、一番ポピュラーなワインです。
北海道産の食材に負けないように、味がしっかりしているのよ。


ところで阿寒湖温泉は、朝風呂が超オススメ!
静寂の湖の横にどっしりとそびえる、雄大な雄阿寒岳。
露天風呂から眺めたら、本当に生き返る感じ…。
画像はないのでホテルのホームページからお楽しみください。
 
 
newakan4.jpg
朝風呂のあとは朝食だー。
 

newakan5.jpg
う〜ん、やっぱり食べ過ぎた…。

阿寒といえば、先日の支笏湖で書いた『水の哥』の鶴賀グループ『あかん遊久の里鶴賀』だけど、ニュー阿寒ホテルも捨てたものじゃないわね〜。
 


オホーツク 流氷観光の旅 / 流氷観光砕氷船おーろら。

By marfua 2015年06月03日 17:49

キャーもう6月!

□■□■

aurora.jpg
北浜駅からバスで網走港に戻ってきて、いよいよ流氷観光砕氷船おーろらに乗船します。

 
おーろらは夏には知床を周る、大きな観光船。
流氷に乗り上げて、自重で氷を割っていくそうです。

網走流氷観光砕氷船 おーろら

寒いかな?と心配だったのだけど、乗り場の建物から船までのブリッジは幌が被っているし、船の中は暖房が暑いくらいきいているし。

北海道はバスもホテルもものすごく温めるので、この旅行中、寒い思いは全くしませんでした。

aurora2.jpg
港を出発!

知床連山(直線距離で50キロくらい?)がここでもよく見える!

aurora3.jpg
だんだん氷が多くなってきました。

うまく写らなかったけれど、ジュースに浮かんだ氷みたいに、海面より上に見えるのは全体の体積からするとほんの少し。
タイタニック号とか思い出してドキドキ…。(>人<;)

aurora4.jpg
港の堤防から出ると、流氷で埋め尽くされていました。

1階のデッキからは、すぐ間近に流氷が。
進む方向にピシピシッ!とヒビが入っていきます。

aurora5.jpg
こちらは後ろがわ。
氷を割って進みます〜。

aurora6.jpg
オオワシ!

今年の冬は爆弾低気圧がなんども訪れて、道東はこの前後の週もひどい暴風雪だったの。
だからこんなに晴れるなんて、すごくラッキーだったのよー!
アザラシは見れなかったけれど、んもう、大満足!!!

 
ビデオを撮ってみました。
ちょうど船内アナウンスが入っちゃったけれど、寒さでバッテリーの消耗が早いから撮り直ししませんでした。
最後に知床連山がチラッと入ります。

網走 流氷観光砕氷船おーろら



2015年05月28日

オホーツク 流氷観光の旅 / 流氷ノロッコ号、入丸水産。

By marfua 2015年05月28日 19:29

ゴールデンウィークの旅も溜まっているのに、まだ2月の流氷観光の続きですよ…。
まあ北海道はまだまだ朝晩寒いのであんまり違和感ないけどね。
暑い地方の皆様に、届け!この寒気(かんき)!

□■□■

gyosen.jpg
網走駅に着くとすぐ流氷ノロッコ号に乗り込んで、流氷に埋め尽くされたオホーツク海沿いを走りました。
漁船がたくさん!
海明け(流氷がなくなる日)まで、陸に上げておくそうです。

 
このあと砕氷船に乗るので、ノロッコ号からの景色はあんまり撮りませんでした。
でも流氷は一日で沖に行ってしまったりするということで、ちょっと心配だったの。
だから真っ白な海を見たときは感動したよ!

norocco.jpg
オホーツク海に一番近い駅、北浜駅で下車。
ノロッコ号はこんな感じの可愛い列車です。

 
kitahama.jpg
待っていたバスに乗ってから、駅をパシャリ。
北浜駅はもちろん無人駅。
自由にやぐらに登って海を見ることができます。

 
irimaru4.jpg
砕氷船乗り場のある網走港に戻る途中、タラバガニの試食で入丸水産というお店に停車。
でも私たちのツアーは全員道民。タラバガニには全く興味なし…。c(>ω<)ゞ

だけどいつもはすぐに売り切れになるというこのいか昆布ふりかけ、めっちゃ美味しかった!
furikake.jpg
(6/11追記)これこれ。撮ってありました。

帰宅してから似たものを色々買ってみたんだけど、やっぱりこれが一番美味しい!
この旅行中、ホテルやお土産屋さんで必ず見かけたので人気商品なのね。もっと買っておけばよかったよ。
つぶ燻製も柔らかくて美味しかった!

北の味処入丸

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 鱒浦駅

 
irimaru1.jpg
そして入丸水産の裏は、すぐオホーツク海!
これ、流氷よ!
息子が階段を降りて堤防の向こうへ。
本当にこんな大きな氷が一晩で沖に行っちゃったりするのかなー。不思議ー。

 
irimaru2.jpg
ん?あれは…?
ズームしてみたら、あの山、知床連山?!!!
(このときはまだiPhone5だったのでこれが限界…。)
 

irimaru3.jpg
ということで、遥か知床の山々をバックに息子に撮ってもらいました。
いいお天気で眩しい!
 

Amazonにつぶ燻製がありました!笑


2015年04月27日

オホーツク 流氷観光の旅 / 網走駅到着!

By marfua 2015年04月27日 19:10

taisetusan.jpg
はるか向こう、大雪山系の山並みが!

札幌から旭川までずーっと真っ平らな雪原を走ってきて(画像割愛)飽きたころ。愛別(あいべつ)のあたりかな?
これから山あいを抜けて、オホーツク海まであと…3時間半くらい…?

 
jrsento.jpg
添乗員さんが、先頭車両(自由席)から前が見えると教えてくれたので探検、探検。

鹿とか線路に入ると、脇によけないでひたすら線路の上を逃げていくらしいよ。
んもう、おバカ…。

 
asiato.jpg
この足跡はエゾウサギかな?

 
higumanigiri1.jpg
お昼ご飯。
ひぐまの贅沢にぎり!

網走駅には13時50分過ぎ着だからね。
朝ごはんも出発してすぐにサンドイッチを食べたのヨ…。
 

higumanigiri2.jpg
北海道の食材はやっぱり美味しいね!

 
maruseppu.jpg
北海道は、駅のホームに寒さよけの待合室があります。

マウレ山荘のある丸瀬布(まるせっぷ)だ〜。
駅まではマイクロバスの送迎があるから、新千歳空港から行くこともできるよ!

 
onneyu.jpg
留辺蘂(るべしべ)駅。

ウソ〜ん!ホームどこ?
温根湯(おんねゆ)温泉の看板しか見えない!!
道東は雪が少ないはずなのに、今年は爆弾低気圧でものすごく多かったのよ。

 
abasiriko.jpg
雪原かと思ったら網走湖!

冬祭りなのかな?
木で見えにくいけれど、色のついた布は気球がしぼんでいるところ。
凍結した湖上にイグルーも見えました。
なんだか楽しそう〜。

つづく!
 


オホーツク 流氷観光の旅 / 出発!

By marfua 2015年04月27日 18:36

kanenohiroba.jpg
週末のJR札幌駅、鐘の広場は朝から大混雑!

2月下旬、念願叶ってオホーツク方面に流氷を見に行ってきました。
夫は寒いところが苦手な典型的な札幌民。(>人<;)
両親を連れて行くにしてもどの程度寒いのか、まずは今年、先発隊として物好きな息子との珍道中でした。

鐘の広場は札幌駅発の列車・バスツアーの集合場所です。
皆さんの旅行への期待なのか、熱気ムンムンね。

 
chizu.jpg
さて、ここで地図を見てみましょう!

るるぶ北海道から拝借しちゃった。
*北海道でっかいどう。道民は旭川や富良野にドライブに行くにも、旅行ガイドブックをわざわざ買います…。(´;ω;`)

道内旅行といえば、バスツアーが一般的。
だけどこの図、札幌ー旭川ー網走の所要時間は単純計算で5時間50分。
食事や休憩を入れたらもっとかかるのよ…。

 
jrokhotsk.jpg
なので、JRで移動するツアーにしたよ!

ルートは、
===
一日目
札幌駅ー(JR)ー網走駅ー<流氷ノロッコ号>ー北浜駅ー(バス)ー網走ー<流氷観光砕氷船おーろら>ー(バス)ー阿寒湖(泊)
二日目
阿寒湖ー(バス)ー鶴見台<丹頂観察>ー(バス)ー釧路駅ー<SL冬の湿号>ー塘路駅ー(バス)ー釧路駅ー(JR)ー札幌駅
===

札幌駅から石北本線で網走まで行って、阿寒湖泊。
二日目は南下して、釧路駅から根室本線、石勝線で札幌に帰ってくるという、道東大移動の旅です。

 
jrtokkyu.jpg
往路は<流氷特急オホーツクの風>というステキな展望列車に乗る予定だったんだけど、夜中に不具合が見つかって運休になっちゃったの。

なのでごく普通の特急列車です。
シートもしょぼい…。
まあ厳冬期だから仕方ないよね…。

 
slippers.jpg
百均のスリッパ。この色しか売ってなかったのよー!

JRでも、札幌ー網走は5時間50分かかります。ハハハ!( ´ ▽ ` )ノ
席に座っているときはスリッパが楽ちん。

 
satufactory.jpg
そうこうしているうちに出発!

今は商業施設サッポロファクトリーとなっている、サッポロビール工場跡地の煙突が見えました。
行ってきま〜す!


2015年04月10日

大沼公園 駒ケ岳。カフェ ミーチョ。

By marfua 2015年04月10日 17:33

komagatake.jpg
大沼から望む駒ケ岳です。
雲がかかっていたのに、見る見る晴れてきた!

大沼公園駅からはスーパー北斗で札幌まで帰ります。
時間があくので、駅の隣のとても素敵な建物、大沼観光案内所へ行きいろいろ情報を仕入れました。
実は駒ケ岳も、晴れてきましたよ!ということで沼のほとりまで見に行ったの。

まるごと大沼/大沼国定公園ガイド

1キロ先の、大沼が凍っていない所に白鳥がいるということだったけれど、雪道なのでまた今度。
SL写真展を見たりして、まだまだ時間があるので近所のカフェを教えていただきました。

cafemichio1.jpg
カフェ・ミーチョのケーキセット、美味しい〜。うふふ。
お昼にジュースだけだったので、お腹すいちゃったのよ!

大沼公園は冬季でも営業しているレストランは少ないのね。
観光案内で聞いてよかったよ〜。

cafemichio2.jpg
看板猫のヤギヲちゃんが迎えてくれました。
いい子ね〜。

ミーチョという名前からお察しの通り、お店には猫ちゃん雑貨がたくさん。
2016年からペンションもオープンするそうです。
カフェ・ミーチョ
 


2015年03月16日

道の駅とうや湖。洞爺湖ロングラン花火大会。道の駅あぷた。

By marfua 2015年03月16日 20:42

ブログ更新が遅々として進まない!
いろいろ詰め込んじゃえ〜。

□■□■

rsttoyako.jpg
道の駅とうや湖の裏のハウスで育てていた、水耕栽培のトマト。

この2週前も恵庭(えにわ)のえこりん村でプチトマトの水耕栽培を見たのだけど、1株で1万3千個以上収穫できるそう。
こちらのは大玉のトマト。いくつくらいとれるのかな?

toyako.jpg
物産直売コーナーをひやかしてから高台に登ると、ついに洞爺湖が見えました!

yotei.jpg
横を見ると、羊蹄山には笠雲が。

さあ、あとちょっと!

□■□■

そして洞爺湖についてからは、脇にある昭和新山を見て、有珠山に登りました。
以前書いた 有珠山。 に続きます。
まさか同時刻に御嶽山が噴火しているとは知らず…。

□■□■

kohantei1.jpg
はい!夕食!(ちゃっちゃと書く!)

ブッフェに北海シマエビや自分で作れる海鮮丼があるけれど、道民にはごくごく普通のことで…。

kohantei2.jpg
えび団子だったかな?ホタテ?のお汁。
当然のように、美味しいです。(・∀・)b

お宿は洞爺湖の湖畔にある、その名も『洞爺湖畔亭』。
隣には、同じ野口観光系のラグジャリーホテル『ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート』が建っているの。
でも夏の函館旅行をキャンセルした代わりの思い立っての一泊旅行だったので、お手頃なところにしたのです。

湖畔亭はお部屋食のほうが落ち着くけど、ブッフェもまあまあ楽しかったよ。
お部屋も温泉もお食事も、お値段なりという感じ。

□■□■

toyafirew2.jpg
花火が始まった!

今回の目的は、火山とこの花火大会。
ホテルのロビーから、湖に上がる花火が見えます。
子供が小さかったときは、花火目当てに毎年洞爺湖に来たのにね〜。

toyafirew1.jpg
湖の遊歩道にも人が出ています。

□■□■

toyakosculp.jpg
遊覧船乗り場の彫刻。

洞爺湖の周囲には彫刻が点在しています。

次の日は小雨模様。
この日の火山レポートも、以前のブログ(有珠山。)をご覧ください。

□■□■

rstaputa.jpg
道の駅あぷたの名物、ほたてカレー。
美味しい〜!

洞爺湖の太平洋側、道の駅あぷたでお昼にしてから、苫小牧周りの高速を通って帰ってきました。
お疲れ様〜。


2015年03月13日

洞爺の旅。ふくろうの森。紅おとめ。

By marfua 2015年03月13日 16:18

昨日、書くぞー!と意気込んだところに家族が次々と帰ってきました…。遅くなるって言ってなかった…?
そしてちょっとお付き合いのはずが、深酒を…。c(>ω<)ゞ

□■□■

まずは9月に御嶽山が噴火したその日、有珠山に登っていたと書いたままになっていた、洞爺湖旅行の続きを。
SAPPORO Today: 有珠山。 参照)

洞爺湖といえば、洞爺湖サミットがあったところですよ!
洞爺湖はカルデラ湖で、横に有珠山と昭和新山がくっついています。
札幌から約100キロ・2時間の道中。
チョット遠出にちょうどいい温泉なのよ〜。

 
fukuronomori1.jpg
でもでも、旅の楽しみは美味しい食事!

まずは札幌から中山峠を超えてお隣の町、喜茂別(きもべつ)にある石窯ピザのお店、ふくろうの森でお昼をいただきました。

ホームページはこちら
ふくろうの森へようこそ!!


fukuronomori2.jpg
2013年のチーズコンテストで優勝?
期待〜!

fukuronomori4.jpg
ピザが焼けるまでコーヒーで一息…。
オイルステンのテーブルが素敵です。

fukuronomori3.jpg
ピザきたー!

パリパリ、もちもち、ハフハフ!
チーズ、美味しい〜!

はぁ〜、ごちそうさまでした。
また行きたい〜!

□■□■

喜茂別は最近、農産品などもいろいろと話題なの。

beniotome.jpg
『きもべつブランド』、紅おとめスイカ。

去年の夏に新種の紅おとめというスイカを食べたら、ものすごく甘くてびっくり!
それがシーズン最初だったから、その後のスイカがどれも味気なく感じちゃって…。ああ〜…。
皆さんも今年の夏、機会があったらぜひ食べてみてね!