2004openblog投稿作品

日付順タイトル一覧 »
このブログの記事を検索

2004年11月25日

国境なき医師団ニュースレター、そしてヴィトンクリスマスブローシュア。

By marfua 2004年11月25日 17:04

昨日、国境なき医師団のニュースレター No.76 が届きました。
一面は、ロイターでも緊迫した画像が毎日アップされてる、スーダン・ダルフール緊急事態の活動資金支援の呼びかけ。
ダルフールでは、100万人から150万人が避難民となっているそう。国際的な援助は十分ではなくて、国境なき医師団の活動資金は12億円不足してるとのこと。
栄養失調、感染症の流行、暴力・性的暴力などという記事を見ると、かなり深刻な状況らしい。

ところで昨日一緒に届いた郵便物の中には、ヴィトンのクリスマスブローシュアもありました。
上質な紙でできたカタログのページをめくると、それはそれは素晴らしい、きらめくようなバッグや小物が!

うう〜ん・・・。なんか、フクザツ・・・。
まあ全世界が同じように裕福である必要はないけど、やっぱり著しい偏向というのはね・・・。

そうそう、郵便物にはクレジットカードの請求書とか、息子への学習塾の勧誘とかもあったりして、いっそう複雑な心境に。
トホホ・・・。

# 国境なき医師団は無断リンク禁止。
# ユニセフにしてもそうだけど、いったいどういう人がアドバイスしてるのかしら。


2004年11月09日

規格外ニンジン。

By marfua 2004年11月09日 18:08

スーパーに行ったら、さすがの北海道でも葉もの野菜がすごぉーーーくお高かったです。
レタスの小さいのが1玉298円なのは、お店が原価割れで出してるとかニュースでやってたな。
外国産野菜は安いけど、国産の方がやっぱり美味しいし農薬の心配もないし。それに国内農家の振興のためにも、ちょっと高くても国産野菜を買うようにしているの。母はそのために欲しいもの買わないで我慢してるノダー。(と、誰も気付いてくれないからここで言ってみる。)

そんな中、いつも一袋100円で3本くらい入っているニンジンが、バカみたいに大きかった。普通のニンジンの倍はあるんじゃないかな。それでやっぱり3本で100円。
うーん・・・?
そゆえば先月の中学校のバザーのときも、農家のご好意でハネ品のニンジンとジャガイモを仕入れることができたの。というか、ハネ品に関してはぶっちゃけタダでいただきました。
ニンジンはヒゲ根を取るときに傷がついてしまったもの、ジャガイモは規格外のサイズ、2Lより大きいもの。それがトラック何杯分もあるそう。さすがに売り切る自信のある分だけいただいたのだけれど。
でもニンジンもジャガイモも、食べたらすごく美味しかったよ。それにジャガイモなんて、小さいのをいくつも皮むくより大きいの1個の方が早いでしょ。便利だった。
農家の方は、ハネ品なんて売れないし自分のところで食べるにも限界があるし、残ったら埋めると言ってた。もちろんそれがすぐに畑の肥料になるわけじゃないし、というか、肥料はきちんとしたものを与えるから、埋めるというのは捨てちゃうということ。もったいない・・・。
きっとスーパーのドデカニンジンも、この品薄でやっと日の目を見た、規格外のハネ品だったのね。

コープ札幌の共同購入でも曲がりキュウリとかを買うけど、消費者は今、そんなにきれいな野菜は求めてないと思うけどなぁ。葉ズレのナスでも平気で買うよ。
それとも、やっぱりきれいなのと傷がついてるのが並んでいたら、きれいなのしか売れないのかな。でも捨てちゃうことないよね。
生産者と消費者が協力し合って声を上げていかないと、なかなか解決しない問題なのかもしれないな、なんて考えてる夕食前なのでした。


今さら米大統領選挙。

By marfua 2004年11月09日 15:28

なんか書くタイミングを失ってしまったけど、やっぱり書いておこうかと。

大統領選挙といえば、コロラド州は大統領選挙と同時に選挙人の「勝者総取り」方式の是非を問う住民投票を行ったけど、結局否決された。
米大統領選:勝者総取り方式の是非 コロラド州が住民投票 - MSN-Mainichi INTERACTIVE
コロラドの住民投票否決、選挙人の比例代表制・CNN報道 - NIKKEI NET
アメリカという国は、こういう大きいところは変わりそうでいて変わらない。不思議。

私は環境系の学生だから、4年前に民主党のクリントンから共和党のブッシュに変わったときのエネルギー政策の転換に驚いたものだった。全く180度反対を向いたんだもの。
クリントンのときは、このまま少しずつエネルギー消費を減らしていって京都議定書を批准するんだなと思ってたの。でも、ブッシュに変わったとたん、原子炉停止予定なんてどこかにいってしまった。
9.11のときは、ああ、きっと誰かがブッシュにブチキレたんだなぁと、そんなことをweb日記に書いたりもした。
実はあのとき、ちょうど次の週の9月17日にビル・クリントンの講演会が札幌で予定されていて、私は招待状をもらっていたの。彼は本を出版したばかりだから来るかと思ったけど、やっぱり講演会は中止になった。
(月曜の夕方という主婦には出にくい時間帯だったから、どうでもよかったんだけどね。子どももまだ小さかったし。)

それにしても、また4年間共和党のブッシュなのかぁ・・・。
エコノミストは強かったね。彼らにとっては循環型の省エネルギー社会より、大量生産・大量消費な社会の方がオイシイもの。
あのビリー・グラハム牧師の派手な身振り手振りのテレビ放送を数回見たことがあるけど、ネオコンはああいうところから繋がってるのね。グラハム師の信者、じゃない、キリスト教原理主義者、は、一回キリスト教から離れた人が多いと聞くけど、そういう人が宗教にハマるとなんだかカルトっぽくなる感じがするのは私だけ?

ところで、ロイター今日の写真のファルージャ総攻撃の画像の多さを見ると、さすがの私も欝。
結局彼らは宗教戦争をやってるんだわ。確固たる宗教観を持たない日本人なんて、いい面の皮ざます。
日本も石油のおこぼれが欲しいからなぁ・・・。

と、ヒーターでぬくぬくの部屋で書いてみる。(自嘲)


2004年09月27日

国境なき医師団 難民キャンプ展@札幌。

By marfua 2004年09月27日 01:02

ということで、国境なき医師団の難民キャンプ展@札幌に行ってきました。
国境なき医師団はNPO法人。1999年にノーベル平和賞を受けたことを覚えてる人、多いのでは。
国境をまたぐ難民は国連が保護してくれるんだけど、国内を移動する避難民には国連はほとんどノータッチ。国境なき医師団は、主にそういうところで活動してるの。

今日はすごくいい天気。明日も試験な娘はとても気分じゃないというので、夫と息子と3人で参加しました。
15分おきのツアーの午前10:45の回に20人近くの人がいたから、お昼頃にはもっと盛況だったんじゃないかな。

簡易テント
これは簡易テント。一家7人くらいで使うから、寝るときはギュウギュウづめ。
でもこれは立派な方。木の棒を四隅に立てて、ボロ布を掛けてあるだけというのをテレビでもよく見るよね。

砂漠用テント
こっちのは豪華な砂漠用テント。下までテントの幌があって、砂が入り込みにくいようになってる。
数が少ないから、他の家族と一緒に15人くらいで暮らすそう。
テントの中は通気用の窓があるのに暑かった。砂漠だったら、もっとすごく暑いんだよね。
毛布が掛けてあるのは、昨日の雨で濡れたのを乾かしてるから。

サンダル
手作りサンダル。古タイヤと釘で器用に作ってある。子ども用のすごく小さなものもあった。
重くて履き心地悪い。

ランプ
電球と空き缶をリサイクルしたアルコールランプ。あと、空き缶では自動車のおもちゃとかも作ってあった。
人間って、物のない中でもちゃんと工夫して生きていくんだなぁとすごく感心。

BP-5
着のみ着のままで難民キャンプにたどり着いた人たちには、鍋や燃料が行き渡るまではBP-5という栄養食を配る。1箱1日分。
小麦粉にビタミンが添加されてて、まあ不味くないというか、ほのかに甘い。だから子どもたちはすごく欲しがるそう。
うしろにSUGARという袋があるけど、普段は塩もないことが多い。そしたら味のない煮豆とか食べる。

他にもいろいろ見たよ。
トイレの施設はキャンプでまず最初に作るそう。ハエやねずみが入らないよう、蓋つき。

水道施設は、川や湖、井戸からくみ上げて、ゴミを沈殿させ塩素を加える。ドロ水の塩素入りって、不味そう。
水は1人に1日あたり20リットルを目標にしてるそう。日本だと、水洗トイレ1回で18リットル流れちゃう・・・。

あと、国境なき医師団の真髄、病院とか、栄養失調の子どもの入院施設、コレラ患者用の施設もあった。
はしかの予防接種とかのワクチンは、車の入れない山岳地帯のキャンプには保冷剤と一緒にリュックで背負っていくそう。
栄養失調の子どもの上腕を計るメジャー(命のリング)のレッドゾーンなんて、私の(か細い)親指より細い。信じられない。穴の開いた絵葉書を貰った。

そして地雷の模型もあった。
地雷は制作費500円でできちゃうからね。今のペースで除去していくと、全部取り除くまであと1100年かかる。
ガイドの方の、殺すためではなくて手や足をもぎ取るためのもの、という説明に激しく同意。

ガイド
ガイドをしてくれたSさん。
所要時間40分のはずが、結局1時間以上かかった。それだけ現状を伝えたいという熱意が感じられて、心に残るツアーでした。ありがとうございました。

これからの会期 国境なき医師団 難民キャンプ展

大阪 新梅田シティ 10月1日(金)〜 10月4日(月)
福岡 警固公園 10月7日(木)〜 10月11日(月)
横浜 横浜赤レンガ倉庫 10月16日(土)〜 10月20日(水)

開場時間 (全会場) :10:00〜17:00 (最終日のみ16:00まで)
入場は無料です


日本での難民キャンプ展は今年が初めて。
毎年いろいろな都市で開催してくれるといいなぁ。


2004年09月24日

確率のノロイ。

By marfua 2004年09月24日 00:20

今、高1の娘は前期末試験中。
先週、数学がわかんないんだけどさ〜と聞きにきました。
式があれば計算はできるけど、式作るのができないんだよー、 P とか C とか、あとびっくりマークはどうやって使うのー?と。
ウッ・・・、 P とか C とか ! 。か、確率・・・?
ううう、無理無理無理。確率は聞かないで〜〜〜。(爆涙)
久々に敗北感でした・・・。

私、高2の2学期に確率がほんと、これっぽっっっち!もわからなくて、数学の試験をサボったことがあるの。だって、赤点確実だったもの。
そしたら推定点で60点もらいましたけどね。強烈な思い出。
###これには余談があって、同じときに受けた物理は7点でした。もう、自分的黒歴史。物理の先生が心配して参考書くれた。夏休みによほど遊んだんだなぁ・・・。反省。
そんなこんなで全然助けにならなくて、昔のバカ話をして笑ったとゆー。

あと彼女、このびっくりマークはなんて読むの?先生に質問しに行ったとき、先生もこれがー、とか言っててさー。
というのは、3!とか5!とかいうあれ。
友達がさ、大きな声で読むんじゃないの?って。さんー!ごー!って。
・・・。(爆笑)
ちょうどそこに夫もいて、「階乗」っていうんだよと教えていましたけどね。

にしても、確率って数1Aだっけ?数2は確率分布とか?アー、アタマガイタイ・・・。
だいたい階乗なんて、もう頭じゃ考えないよ。コンピュータにやらせてくだたい。ループさせればいいんだから。
って、だめぽ?

ちなみに私の友人に、今までに読んで一番感動した本は「数2B」というヤカラがいます。(爆)


2004年09月10日

台風18号去る!ニンニン!

By marfua 2004年09月10日 18:10

台風18号は、日が経つにつれて被害状況がわかってきました。
北海道でこんなに風の強い台風は、100年に一度だったそう。ほんと、すごかったもの。
うちは停電も5分くらいだったけど、すぐ近くで昨日の朝まで停電していたところや、電話線が切れちゃったところとかもあった。ケータイの電源がなくなって、不安な一夜を過ごした友人もいました。
でもとりあえずみんな無事で、良かったよ〜。(⊃д`)
リアルな友人とも、web友の皆さんとも、無事を喜びあいました。友人ってありがたいわ。

円山公園
台風の水曜日にキャンセルした予定を、今日済ませてきました。
朝はバスで駅まで行っちゃったんだけど、帰りは徒歩。小雨が降ってた。
円山公園でも木がすごく倒れていて、遊具のあたりは立ち入り禁止。チェーンソーの音が遠くでしていました。

ナナカマド
神宮に入ってびっくりしたのは、あの固〜いナナカマドさえポッキリ折れてたこと。
折れてない木も、みんな同じ方向に斜めに傾いてた。北海道の木は一回傾くと、冬に雪の重さでますます傾くの。数年後には倒れちゃう。

どんぐり
娘がどんぐりが落ちた、どんぐりが落ちたと神宮に生息するリスの餌のことを心配してたけど、ほんとにすごい量のどんぐりが落ちてた。
これはミズナラのどんぐりだけど、カシワのカワイイ帽子のどんぐりも散らばってたな。まだ青くて、リスは食べられないもんね。

それにしても、雨がひどくなくてよかった。洪水だったら、まだ数日間は普通の生活に戻れないもの。
これからは、もうちょっと災害に対して緊張感を持たないといけないなぁなんて、・・・来年も覚えていられるかな?


2004年08月17日

マニ車@小樽交通記念館。

By marfua 2004年08月17日 17:40

写真を撮ろうとすると職質されるとか、運行予定がJR時刻表に乗っていないとか、伝説のベールに包まれていたマニ車。
昨日はそんな鉄っちゃんファン垂涎の、マニ30を見てきました!

マニ車とは。

マ・・・積載量 42.5t以上47.5t未満
ニ・・・荷物車
日本銀行現金輸送用荷物客車

今年から日銀の現金輸送方が変わった(新方法は非公開)ため、小樽交通記念館に寄贈されたの。

マニ30現金輸送箱
1箱に、1万円札の新札なら1億円分(=20Kg)入る。
(箱の数、数えたでしょ?数えたでしょ?)

マニ30監視カメラ
監視カメラは主に、電気機関車とディーゼル機関車の連結切り替え時に荷物が崩れないかチェックするためだそう。

マニ30外観
手前が客車部。窓少なー。

マニ30のぞき窓
のぞき窓から。貨物部には鍵かけちゃうからね。

客車部分と貨車部分に分かれていて、客車は1等寝台の造りだった。上の寝台がアップダウンするのも珍しい。(画像ないけど)
内部公開は8月22まで。まだ見てない方はお早めに。

ところで、やっぱり運行予定は運転士にも前日まで知らされなかったそう。まさに幻だったのねぇ。
などなど、担当の方が詳しく説明してくださいました。本当にありがとうございました。


2004年08月09日

千歳航空祭@晴れ。

By marfua 2004年08月09日 15:50

んちばさんとニアミスだったらしい。
(↑ブルーインパルスの動画あり)

昨日は航空自衛隊千歳基地の航空祭に行ってきました。
というか、夫の仕事がすごいトラブルに見舞われてここ数日早朝5時出勤だったから、週末も休みはないかなーと思ってたの。でも土曜に帰宅した彼、得意そうにカバンから航空祭の駐車券を取り出しました。(笑)
いや、駐車券があるとないでは大違いなのよ。券のない人用の一般駐車場は、会場からすご〜〜〜く遠いんだもの。

風が強いとブルーインパルスは飛ばないし、車はメチャ混むしで、航空祭は数年ぶり。
プログラムを見たら、今年は航空自衛隊創立50周年記念ということで、なんかすごく豪華な感じでした。オープニングセレモニーだけで、13機も飛ぶし。
天気予報は晴れて暑くなるということだったので、午後のブルーインパルスは捨てて午前の部だけ見ることに。
午前7時半に出発、高速使ったら8時半には現地着の予定が、高速上がった時点で・・・混んでる?千歳IC8時20分、大渋滞・・・。
夫は、「あーしまった〜、恵庭で降りればよかった〜〜〜!」とか言って、苫小牧東まで行くことに。(いや、あんまり変わんないんじゃ・・・。と言いたかったけど、通り過ぎてた。)
千歳過ぎたら前2〜3台、後ろ2〜3台という閑散さで、夫は「これが本来の(北海道の高速道路の)姿だよなぁ」とか言ってました。(笑)
ま、そんな努力もむなしく合流地点の自衛隊前はやっぱり大渋滞。結局8時55分のオープニングセレモニーには間に合わなかったけど、車の上をF-2が通過飛行したからいいか〜と。

やっと会場に着いたら、ヘリコプター(UH-60J)が避難訓練をやってました。ホバーリングが上手だったわ。
チビッコたちがブルーインパルスのパイロットにサインしてもらってたり、『大きいお友達』がズラーっと並んでカメラ構えてたり。ハハハ・・・。

そしてF-15の機動飛行では、離陸時の体に響く爆音に、息子はちょっとビビってた。2機が交差すると、交差した場所でいつまでも雷みたいに音が轟いているの。
それに機動性がいいよね。えらい小回りがきくんだもん。すぐに後ろに回りこまれちゃうだろうな。

F-16もすごかったよ。マジで瞬きしてる間に上昇して雲の中に入っちゃう。そして急降下、急旋回、360度ロール。とんでもない速さ。
当然なんだけど、向かってくるときはすごく静か。スーっというかすかな音がする。そして通り過ぎて一拍置くと、地を揺する轟音。F-15の廉価版で、国産エンジン(三菱重工製)積んでるくせに。
三沢基地所属ということで、あー、パイロットは米軍の人かー、と・・・。

次々と飛行が見れて楽しかったけど、日焼け止めクリーム塗ったはずの腕がヒリヒリしてきたので、展示機と歩哨犬の訓練を見て帰路に着きました。出店ではビールがバンバン売れてたな。(笑)
外では、まだ入れない車が何キロも渋滞してた。ブルーインパルスまでに間に合ったかなぁ。

画像はハレーション起こしててダメダメだった。あんまり天気が良いのも難しいね。
とりあえず、息子が戦車乗ってるとこ。中学の制服着てないと、チビッコに埋没しちゃう。
戦車

そういえば、行く前に子どもたちが「飛行機落ちてきたら逃げなくちゃねー」とか言ってた。だから、「バカねぇ、すごく速いのよ、逃げたってまにあわないわよ」と笑ったの。
機動飛行見てたとき、「どう?逃げられそう?」と聞いたら、「いや、絶対無理!無理!」と言ってた。
ほんと、あの速さで突っ込まれたら、そばにいただけで風圧で吹っ飛ばされちゃうよ。コワ。

あと、「イラクにはこんなのが飛んできて爆弾落としていったのね」と言うと、「許せないねー!」と言っていた。
F-16の切れの良いフライトを見たら、ほんとにアメリカってやつは、金に飽かして良い道具揃えやがって・・・、って感じ。
戦争にフェアもアンフェアもないけど、暑い中、地上にへばりついて空見上げてる人間と、マッハ2(!)で自在に飛び回るF-16とは、あまりに違いすぎる・・・。

戦争反対の立場で、航空祭などの催しを良く思わない方もいると思う。
でも航空ショーなんていうのは平和だからこそ見れるのだと、心を新たにした1日でした。


2004年08月05日

REUTERS 今日の写真。

By marfua 2004年08月05日 15:30

毎朝の巡回に入れているロイターフォトギャラリー(日本版)が、今日はNot Foundでした。
もうご存知の方もいると思うけど、ロイターはサイトリニューアルしてて、『フォトギャラリー』は『今日の写真』というコーナーになったのね。
以前はサムネイルを1枚1枚クリックして別ウィンドウを表示していたんだけど、今度は次へ次へと表示できて、見やすくなったw。

REUTERSといえば、私にとっては報道写真。各国のフォトギャラリー(といっても、フォトギャラリーがあるのはアメリカとイギリスと日本だけ)は有名。
私はその中でも日本版が一番広範囲にニュースを取り上げているような気がして、毎日チェック対象にしていたの。

日本のメディアは、こぞって同じニュースを取り上げるでしょ。例えば例のイラク人質事件とか。毎日毎日。そんなの見てたら、世界のニュースは人質事件一つのような気がしちゃいそう。
でもフォトギャラリーには、人質事件に混じって、エチオピア難民の痩せ細った姿とか、F-1ドライバーの誇らしげな笑顔とか。
ああ、世界には様々な事件があリ、様々な人がいるのだなぁ・・・。と、毎朝。

そんな俯瞰する目を朝の一瞬でも持つことは、つい小さなことに目が行ってしまいがちな日々の中で大切な時間だわーと思いつつ、また今日もチェックするのでした。


2004年07月07日

His name is Joy. ジェンダーの話を少し。

By marfua 2004年07月07日 16:43

私がOLをしていた頃は、ちょうどバブル全盛期でした。
ある仕事場に行っていたとき、そこの社員で六本木を遊び場にしている人がいたの。今考えると、いくら名の知れた会社とはいえ、一介のサラリーマンがよく毎晩のようにあんなところに通えたものだなと。そんな時代もあったのね。
私も何度か誘われて、フィリピン女性のいるお店に行きました。
(ジツハワタクシ、フィリピーナハ大好キデス。北海道ノ色町ニハ大柄ナロシア女性ガ多クテ、辟易シチャウワ。)

そこは芸能人も来る有名なお店で、可憐な感じのフィリピン女性がたくさんいたわ。
彼女たちはショータイムには小さなタンガをつけて、網のトップスで踊るの。トップスっていっても本当にただの網だから、私の手でも隠れちゃいそうなお椀型の胸は、もちろん丸見え。そこにお客さんがチップを挟むという。まあありがちな。

その店にはそういう一晩で何万も稼ぐ女性に混じって、女装のフィリピン男性がいた。彼は日本人男性よりずっと大きくて化粧もすごく濃くて、いわゆるピエロ的な存在だったの。
そんなゴツイ兄ちゃんは、もちろんショーのときは手持ち無沙汰。よく私の横に座っては、見てこのハイヒール、日本じゃこんな大きいの売ってないからアメリカから取り寄せるのよと、やっぱりショータイムには暇な私相手に、ずいぶんおしゃべりをした。そして酔ってくると、聞き取りにくいフィリピン訛りの英語からぶつぶつと呟くフィリピン語になって、店員に蹴りを喰らわされたりしてた。

ふん!何よ、女なんて!とよく言ってたな。
きっと彼は簡単に稼げる同僚の女性や、客として来てちやほやされてる私が憎かっただろうなぁ。
おまけに早めに帰る私の理由が、「ごめんなさい、読みたい本があるの」(しかも「応用物理」とか)。(激爆)
彼の源氏名はジョイ。今でもjoyという単語を見ると、歓喜という名の彼を思い出す・・・。

年がバレるけど、ちょうど男女雇用機会均等法が施行された頃よ。なのにうちの職場では、女性は全員自宅通勤だった。一人暮らしの女性は産業スパイの男に引っ掛かっるかもしれないでしょ。女性はそういう考えで見られてたのね。
男性が圧倒的に多い専門職だし、私より年上の女性は男になんて負けないわっていう感じ、年下の人は女性であることを強調して、荷物とかを男性に持たせちゃうみたいな。
私はそういう中で、性差による不利益を被ることなく今の今までのらりくらりと泳いできたと思う。でもきっと多くの人が、男性であるからとか女性であるからという理由で、いやな目にあってるんだろうなぁ。

私、夫のことを主人でも旦那でもなく夫と書くでしょ。リアルでも公的な場では夫と言ってる。夫婦は主従の関係じゃないもの。
特にジェンダーへの意識のない人が普通に「旦那」という言葉を使うのには何も感じないけど、web日記とかで「会社で女だからってバカにさて、家に帰ったら旦那が・・・」なんていうのを読むと、少し残念よ。

性差から完全に自由な社会というのは、きっと精神的にも自由であるのだろうね。


結婚とか、出産とか、単品で。

By marfua 2004年07月07日 12:23

数ヶ月前に入籍だけ済ませていた従弟が、今週末にごく近い親戚だけを招いて食事会をするそう。
形だけでも披露宴というか。
というのを別件で電話してきた実家の母から聞いて、それならお祝いを贈らないと、春に帰郷してたときにはもう入籍してたの?知らなかったわ、そのときに置いてくれば手間が省けた(←失礼)のに、などと。
まあ女性の繰り言は長いのよ。

相手の方は持病の薬を飲んでるから、子どもは望めないそう。
でも本人同士がそれで良いなら、いまどきそんなことで反対する親もいないし。
とにかく幸せに過ごしてもらいたいわ。

そういえば先日新婚さんなweb友とオフったときも子どもの話になって、彼女、仕事が忙しくて子どもは当分無理かなぁと言っていた。もうチームに育児休暇をとってる人がいて、これ以上育児にかかわる人間が増えたらチームが破綻するらしい。
あー、わかるわかる、育児休暇は早い者勝ちだもんね、私なんて勝ち抜いてきたクチだからね、とか笑ったり。
でも義姉からは時々言われるらしい。まあそれも仕方ないよ、聞き流したら〜などとひどいアドバイスを。

まあそんな風に、子どもができなかったり今は望んでないかったり、子どものいない夫婦の内情は様々。ものすごくデリケートな話だったりするから、相手が切り出すまでは話題にできないでしょ。
結婚したら出産はセットでくっついてきちゃうのが日本の社会だけど、結婚しなくても子どもは欲しいの〜とか言ってる人がいたり、実際シングルで子育てしてる人もいるんだし。
もうそろそろ、結婚は結婚、、出産は出産って単品で考えても良いんじゃない。
そして仕事と育児の両立ができるような社会にならないと、少子化はますます進むよ。

私自身はどうかというと、もう結構なオバサンだから、子どもは社会の宝だと思ってたり。
社会を担うのは私より若い世代だもの。だから自分の子じゃなくても、たくさんの可能性を秘めた小さい子を見るとかわいくて仕方ない。
「自分の子ども」っていうのにこだわらなくても良いわ。そのうち育児ボランティアでもしようかなー。
とか、まあなんだかんだいっても私もババアになってきたのね。
ハハハ・・・。(哀)


2004年06月21日

ウトウウォッチン〜。

By marfua 2004年06月21日 17:54

6月12日の土曜日に、沿岸バス主催の善知鳥(ウトウ)ウォッチングツアーに参加しました。
羽幌町沖の天売島が、ウトウの世界最大のコロニーなの。
頼まれてた真面目な方のリポートを書き終えたので、やっと自分のblogにも書けるYOー!

札幌から観光バスが出て天売島に1泊するコースもあるんだけど、私たちは車で行く用事があったり宿泊は温泉のあるサンセットプラザ羽幌に泊まりたかったりで、日帰りツアーを申し込みました。
夕方4時半にフェリーターミナルに集合。「おろろん2(489t)」に乗って、一路天売島まで。
朝札幌を出発するときに、波が2.5mだと連絡をもらったのでドキドキ。でも私横浜生まれ。あの倍揺れても多分大丈夫・・・。
1時間の乗船中、ずうっとカモメが追ってきていた。
カモメ

島ではさっそく海鮮丼で夕食♪甲板でずっとカモメを見ていて冷えた体にふのりの味噌汁が嬉しかった。ハフ・・・。
羽幌の漁協では6月20日がウニの解禁で、残念ながらウニはなし。でも美味しかったのら〜。パクパク。
海鮮丼

そのあとウトウの繁殖地までバスで。バスの中でスタッフの解説を聞く。
ウトウの繁殖期は3月から8月。その間30万羽のウトウが天売島にいるそう。
地面に長さ1~2m位の巣穴があって、日没後にイカナゴやカタクチイワシをくわえたウトウがいっせいに戻ってくるの。
それを大きな体のウミネコがえさを横取りしようと待ち構えていて、暗くなる前に戻ってきてしまったウトウが集中的に狙われてたりしました。でもエサを横取りされてもひとつがいで1羽の雛を育てるから、飢えることはないそう。

100円ショップのレインコートを着てるのは、例の危険落下物対策。主催者から事前にいろいろ連絡を貰って助かりました。
これは夫と子どもたち。出発前に小雨が降ったから、娘は持参した傘までさしてます。でもやられました〜。(笑)
レインコート

モグラの穴みたいなウトウの巣。大きなウミネコは入れない。
ウトウ巣

先に戻ってきたウトウが、つがいを待つのか巣から出てきてウロウロ。
ウトウ

いよいよ暗くなってきました。ウミネコの乱舞。
ウミネコ

日没から1時間。空が黒くなるかと思うほどのウトウの帰巣。世界最大のコロニーを実感した瞬間。
ウトウ

はぁ〜、とにかく数に圧倒されました。
あと、夜なのでかなり冷えた。厚着していってよかった・・・。

ところでこういう繁殖地に大勢で押しかけるツアーには、いろいろな意見があるんじゃないかなぁ。
でも次の日には北海道海鳥センターに寄ったりして、シロウトサンには水鳥の生態について学ぶ良い機会になりました。


あと余談だけど、ツアー前日の飲み会(ヲイ)で野鳥の会系の団体に入ってる方がいて、鳥がお好きなんですか?と聞かれました。
うう〜ん・・・。いや、カラス見るのは飽きなくて好きだし、機会があればバードウォッチングに参加したりするけど、ずば抜けて興味があるとまでは・・・。
どっちかというと、剥き出しになった山肌を感慨深く眺めてる方で・・・。
理系ヲタっていうのはヲタクなだけに、ジャンルが細分化されてるのかもしれないなぁ。ハハハ・・・。


2004年02月20日

容疑者タイホ。

By marfua 2004年02月20日 18:06

数日前道警から夫に電話がかかってきました。
取り次いだ私はすぐに、はは〜ん、去年の11月に出張先で車上あらしにあったときの容疑者が逮捕されたとかいう話だから、そのことねと気が付いたわ。
日中だったので会社に行ってる夫に折り返し電話をするように伝えたんだけど、夫は、やったぁ!もしかしたら盗まれた1万2千円とドラ焼き1個が戻ってくるのかも〜!とか喜んでました。んなわけねーだろ!(笑)
(つか2万くらい盗まれたとか言って、お金ないことを強調してたじゃない!)

もちろんそんなわけなくって、昨日の午後会社まで来た刑事さんは、2時間調書とって何も置かずに帰っていったそう。
夫もよせばいいのに、容疑者のことを質問したりしたもんだから長引いたのね。調書っていまどき手書きだし。アナログ。

でもって容疑者は、16才と17才の少年だそう。高校行かずにプラプラしてる、イナカ町によくいるいわゆる不良。傷害で補導されたこともあるらしい。
車上あらしを繰り返して手に入った50万弱は、コンビニでお菓子やゲームを買うのに使ったとか。
左官工の子と生活保護受けてる家庭の子。どんな感じかは想像に安いというか、目に見えるようだよね。

どうなんだろう。ガッコは嫌い、じゃあ働くかといってもこの不況で、北海道の田舎町にあるのは山奥のトンネル堀りくらい。そんなところじゃ、仕事が終わったらぁ〜、ナンパしてぇ〜、カラオケ行ってぇ〜、なんてできないもんね。
物の溢れたこの日本で日々過ごしていて、仕事もなくお金もなく、さらには将来の夢もなく。そういう風に育っていく若者が最近増えたような気がするよ。

自分にも子どもがいて、安易に犯罪に走らない、加害者にならない育て方をすることは本当に大事だけど、すごく難しいなぁとも思ったり。